FC2ブログ

『The Devil's Own』

エレベーター。

あのなんとも言えない閉鎖感。たまらないですよね。私は利用するといつも息を止めてしまうんです。
変ですか?けれど息が詰まりそうなんですヨ



デビル
デビル
「シックス・センス」を劇場で観た時、衝撃のあまり劇場でポカーンッとなったのを覚えています。
一緒に観に行った友人と、マックのポテトを食べながらダラダラと観てたつもりが、一気に引き込まれ、恐怖でビビリながら、最後はグッタリ。その後、友達とカフェしながら談義したものです。
そう、今回紹介する映画はシックス・センスでセンセーショナルを巻き起こした監督、M・ナイト・シャマランが監修した作品でございます。
監督と監修では、どれくらい違うのか・・お手並み拝見といきます。
ちなみに私、シャマラン作品は結構・・観てます




完全ネタバレです。結末を知りたくない方はご注意!




飛び降り自殺が発生したとの一報を受け、刑事が現場に向かいます。
この刑事が主人公です。なんだか冴えません。冴えない理由は、数年前に妻子を交通事故で亡くしており、酒浸りの日々を過ごしていたからです。
デビル:序章




被害者はどうやら高層ビルから転落した模様。
刑事は捜査を始めます。

一方、その高層ビルのエレベーターを利用する人たち。
彼らを待ち受けているのは想像絶する恐怖です。
デビル:エレベーター




このエレベーターはもちろん監視カメラが付いています。
しばらくして急にエレベーターが止まってしまいます。内部の人間に緊張が走ります。
デビル:監視カメラ
サラリーマン、老婆、警備員、金持ち風の女、作業服の男の5人。
「フルハウスか」などと、ほざいているのは監視カメラを見ている監視員たち。




さっそく技師にエレベーターの症状確認に向かわせます。
デビル:監視員2名

止まっている間、エレベーター内の5人は不安を隠せません。
お互いに微妙な距離を保ちつつ、直るのを待っています。監視員はマイクで「今、修理をしているところだ」と伝えますが、どういうわけか、エレベーター内の彼らに伝わりません。そして携帯の電波も繋がらない。
故障なのだろうかと監視員は首をかしげます。



するとエレベーターが大きく揺れ、電気が消えてしまいました。
恐怖で絶叫がこだまします。

すると電気が付き、倒れている女性がいます。背中を噛まれたというのです。
皆が恐る恐る見てみると、背中に歯型らしきものが!一体だれがエレベーター内で彼女を傷つけたのでしょう。
デビル:謎の攻撃




エレベーター内は疑心暗鬼の空気が流れます。
誰かが女性を傷つけたのに、誰も自分ではないと言う。もちろん女性の自作自演かもしません。
そうこうしているうちに、エレベーターは更に揺れまたもや停電してしまいます。



そして再び電気が付くと、そこには首にガラスが刺さった男の死体が!
デビル:最初の犠牲者
エレベーターの中にある鏡が割れ、それが刺さったようです。即死でした。皆は恐怖で早く助けてくれとカメラに向かって叫びます。監視員は死者が出た事で警察に連絡します。
すると、先ほど自殺で捜査していた刑事が呼ばれます。この高層ビルは事件が多すぎますね。





その間、エレベーターを点検していた技師は、屋上からエレベーターに向かってワイヤーを使い降下中でした。しかし、嫌な予感は的中。ワイヤーが外れ、問題のエレベーターの上にドカンッと墜落してしまいます。
エレベーターの天井は大きくへこみ、血が滲んできました。

人々は「救助に来た奴も死んでしまった」と嘆きます。しかし、死んだ技師が持っていた無線機を隙間から拾いあげることに成功します。これで外部と連絡が取れるようになりました。



するとまた停電。
驚くほど停電が多発します。
そして電気が付くとまた・・・。
デビル:第二の犠牲者
犠牲者が出ました。老婆です。今度は死に方がおかしいです。一瞬の停電の間に、被害者を持ち上げ首にワイヤーを巻く事ができるという荒技は、男にしか無理と判断。
残った2人の男を刑事たちは調べます。


その刑事に、監視員の一人が重い口を開きます。

観て欲しい画像があると言うのです。


デビル:悪魔の顔
まだ生存者がいた時に、監視カメラに一瞬映った、悪魔の顔です。

見様によっては悪魔のようですが、これが悪魔とは限らないと刑事は一蹴します。しかし監視員は悪魔の存在を信じており、このエレベーターに乗っている者は全員死ぬと言うのです。とんでもない事を言うな、おい。
彼らは悪行を重ねているため、ジワジワと恐怖を与えられ、必ず魂を取り上げられると。


警察が調査すると、エレベーター内の者たちはそれぞれ黒い過去があることが判明しました。
詐欺師や暴行罪で服役した者、横柄な態度で金にしか興味がない女・・等です。
もちろん全員の素性までは未だわかりませんが、必然的に彼らがこのエレベーター内に閉じ込められた理由があるのか?



何とかして彼らを助けるため、消防員たちも駆けつけます。
デビル:消防員たち
力づくでエレベーターの入り口を開ける作戦です。
時間はかかりますが、それしか方法がないみたいです。




するとまたもや停電です。刑事はマイクで「ライターや携帯で灯を!」と助言します。
皆はそれを実行に移すと・・。



デビル:悪魔
「志村、うしろうしろ!」
・・というのは冗談ですが、得体の知れないモノがいます。そして灯は消され暗闇が広がります。



再び電気が付くと・・
デビル:第三の犠牲者
首が捻れた男の死体。とうとう残るは2人となってしまいました。




作業服の男と金持ち風の女が残ってしまいました。
デビル:争い
デビル:争い2




お互い、足元に転がっていたガラス片を手に取り、いつでも相手に攻撃できる態勢です。
もう誰も信用できません!再び電気が消えれば、どちらかが死ぬと確信しているからです。カメラでその状況を見ていた刑事は「バカなまねはよすんだ!」と言いますが、一向に聞く耳を持ちません。

しばらくして刑事は自分の身の上を話し出します。
「自分は数年前に妻子を事故で亡くし、自暴自棄となって酒におぼれた。けれど、君たちはこんな風に争ってどうするんだ。生きなくてはならない、何があっても」と説得。



短いですが熱い説得で、2人は渋々ながらガラス片を捨てます。
すると、またもや停電!もういい加減してくれ!



そして点灯。そこには・・


デビル:第四の犠牲者
首を切られた女がいました。
男は絶句。自分は何もしていないからです。カメラで見ていた刑事たちは「犯人はあの男か」と思います。そりゃそうだ。




吹き出る血を止血しようとする男。


すると背後に・・
デビル:悪魔の正体
首を吊られて死んだ老婆が起き上がったではないですか!!




刑事と監視員は唖然。監視員は「彼女が悪魔だったのか」と呟きます。
デビル:驚く面々




死んだはずの女が立ち上がったので、男は驚きますが何かを悟ったように言います。
「自分の命と引き換えに彼女を助けてやって欲しい」と。
虫の息ですが、首を切られた女はかろうじて息をしています。女(悪魔)は怒鳴り、エレベーターが大きく揺れます。


「お前がしたことをそれで償えると思ってるのか?」

「そうではない・・。ずっと・・苦しんできた。だから自分は魂を渡すと言っている」


悪魔は承知しません。虫の息だった女の瞳孔が完全に開き、死んでしまいます。


男は涙ながらに言います。
自分が昔、飲酒運転で女性と子供が乗った車に追突したことを。
デビル:告白
助かるかもしれない命だったのに、自分は怖くなってそのまま現場から逃げてしまったこと。それを心の底から後悔していると悪魔に話します。
その声はカメラを見つめていた刑事にも届いていました。


そう・・彼の妻子を奪った犯人は、エレベーター内にいるこの男だったのです。





悪魔はその話にじっと耳を傾けていました。そしてゆっくりと顔を近づけると
デビル:悪魔の決断
「残念だ。お前の魂を奪いたかったのに」と告げ、エレベーターは物凄い揺れに襲われます。



そして最後の停電。同時に消防員が頑張っていたドアが開き、男は無事救出されました。




救出された男は、刑事によって警察署へと連行されます。
車内で刑事はポツリと言います。
デビル:対面
「俺は・・・お前を許すよ」




★★★★★★★
うーん。
どうしたシャマラン!と言いたい作品でした。
エレベーターという狭い空間を使った、スリリングで魅力ある展開だったのですが、シックス・センスのような心を揺さぶられる話とはなりませんでしたね。怖さの中に深い悲しみを含ませるも、後一歩といった感じです。
停電、停電、また停電というのが、ドリフコントを思い出させて、ちょっと悲しくなっちゃいました。

スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

『THE SLAUGHTER』

ゾンビ映画って巷にはゴロゴロと転がっているのですが、名作どころか珍作ばかりで敬遠していた時期があったんですよね。役者の顔を汚くすればそれだけでゾンビの出来上がりですから、制作費は子供の小遣い程度で済みます。
ゾンビの大群に襲われ、食われていく恐怖っていう原点に誰か返ってくれませんかね。




スローター 死霊の生贄
516hp6AxXgL__SL500_AA300_.jpg
このパッケージに惚れて借りてみました。
ホラー映画ファンだったらわかってくれますよね。
「うわっ、怖そう!」っていうインスピレーションを大事にしているのです。そして失敗するのね。
パッケージだけ見ると、怪物系かと思いましたがゾンビ映画でした。でたらめやん。






40年前、一家が不慮の事故で死んだ屋敷。
スローター:屋敷




このいわくつきの屋敷の清掃を依頼された6人に若者たち。
それぞれ親友だったり兄弟だったり、赤の他人同士ではないのですが、バカばかりです。
スローター:バイトメンバー
バカップル(セックスの事ばかり考えてる)や、麻薬中毒者、精神不安定者・・まともなのはティナと恋人のブランドンの2人のみ。





彼らを雇った不動産社長も、彼らの仕事ぶりに不安があるのか女秘書(肉体関係あり)を引き連れて、彼らを見張ります。暇なのでしょう。
スローター:雇い主

若者たちはそれぞれの掃除場所に散らばりますが、やはりいわくつきの屋敷です。



地下で怪しい古文書を2冊も発見します。この時点で「死霊のはらわた」とそっくりで、ストーリーが読めてしまう。

その古文書に興味を示したブランドンの弟、イギーがネットを使って調べます。あのー、バイトの掃除はどうなったんでしょうか?




まじめな主人公、ティナは皆に呆れながらも仕事をこなします。
すると、見たこともない血だらけの女性を見つけます。
スローター:怪しい女
慌てて駆け寄るも仲間を呼んだほうがいいと判断、しかし目を離した隙に女性は消えていました。女性がいたことを恋人のブランドンに伝えるも、「こんな大きな屋敷だ、浮浪者だっているさ」というビックリ発言で片付けられてしまいます。





古文書解読にのめり込むイギー。ついには解読に成功します。というのも、発見した一冊は解説書だったようです。ネットで調べてたけど何でも載ってるんやね。


この屋敷は古い墓地の上に建てられたものであり、墓地では怪しい儀式がおこなわれていた模様。そしてその呪いのせいで、40年前の住人は犠牲になったようです。
最強の魔女を復活させるための生贄と儀式が必要だと書かれていました。
スローター:解読したぞ

儀式って?という質問に、セックスと答えるイギー。




どうやら既にその行為を済ませてしまったバカップルがいたようです・・。
スローター:バカップル



普通、そんなこと信じないでしょうが、真面目なブランドンは「今すぐ屋敷を出よう」と皆に伝えます。しかし案の定、扉は開かず屋敷が大きく揺らぐのです。




その頃、皆に忘れられていたヤク中の男。
地下で相変わらず葉っぱを吸っていい気分。すると目の前に素っ裸の怪物が!
スローター:ゾンビ女登場




ラリッてる彼は、目の前の怪物を前にしても平気
逆に怪物に呆れ返られ、古文書があった箱に無理やり引きずれ込まれるの刑に処せられます。
スローター:ヤク中、死亡
足がクルクルとねじれ、骨が剥き出すシーンは素敵です。そして体は小さい箱に吸い込まれ、内臓を吐きながらジ・エンド。カクカクと動く不思議な撮影方法(死霊のはらわたのようだ)ですので、怖さは半減。
もったいない!




女は一人ずつ、若者たちを殺していきます。
スローター:顔を削られる刑
この下半身が見えそうで見えないアングルが、男子視聴者の興味を繋ぎ止めているのでしょう。でなけりゃストーリーはバカバカしくて観てられません。




暖炉に逃げ込んだ若者が、風で顔を削られていく刑。
スローター:顔、削られた
この後、デカイ石が顔面を直撃し、皮がベロンっと剥がれちゃいます。





あれよあれよと、人が死んでいき(省略し過ぎか?)、気が付けば部屋に血で書かれた呪文が現れます。
スローター:血の呪文



とうとうゾンビ軍団の登場です。
ムチャクチャ待ったんですけど。
スローター:ゾンビ軍団





ゾンビは今流行のダッシュゾンビではなく、ゆらりゆらりと歩く旧型タイプです。
だから簡単にこのように首チョンパ可能。
スローター:首チョンパ





やはりゾンビの食事シーンは素敵だなぁ。
スローター:ゾンビ食事中






この悲劇の根源である女が登場。
正直、このあたりからストーリーがサッパリついていけてません。ごめんなさい
スローター:諸悪の根源





ティナは、この女を屋敷ごとフッ飛ばし見事解決です。
しぶとく生き残ったイギーは、ティナに「これで呪いは終わりだ」と告げるのですが・・。
スローター:生存者





ティナの目が変わり、いきなりイギーの首根っこを掴むと、そのままむしり取ってしまいます。
スローター:最後は・・
どうやら、儀式は完成したようです・・。


★★★★★★★
悪くはないんですが、どうもテンポが悪すぎる・・。
前半の馬鹿メンバーのやり取りを短く、魔女のくだりをきちんと描けば(私自身、意味がわからなかった)、眠たくなるようなことはなかったはず←寝ていたのか!?

私はシリアスな内容の方が好みですので、今回のようにゾンビが目の前にいながらもギャグを応戦するシーンとかはいらないんですよね。グロシーンが良かっただけにとても歯がゆい感じです。

そしていつまでも変わらない「死霊のはらわた」の影響。偉大だ。

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

『Haute Tension』

ベリーショートが素敵な女性奮闘記。
51JWm+KwCSL__SL500_AA300_.jpg
ヨーロッパは残酷度数が高いので有名です。
イタリアに始まりドイツ、本作のフランスも相当強烈です。グロだけでなく不快指数も高いんですから、お国によって感性が違うのね。
血糊・内臓は大歓迎なのに何故か「そういう」のは苦手。ヘタレ。





女子大生のマリーとアレックス。
とっても仲良しの二人は試験勉強のため、アレックスの実家に車を走らせます。
ハイテンション:マリーとアレックス





アレックスの実家はかなりの田舎で、誘惑が少ない環境に身を置くことで試験に望もうというのです。
アレックスの自宅には両親と幼い弟がおり、マリーは歓迎されます。男よりマシだわな。
ハイテンション:アレックス宅





一方、アレックス宅近くで、ポンコツトラックが停まっています。
運転席に座っていた男はおもむろに車外に何かを捨てます。
ハイテンション:首
女の首です!!首で疑似○○○しよったで、このオッサン!!

が、凄い作り物っぽいので安心
トラックはそのまま走り去っていきます。





その夜、マリーは家の外に出てタバコを吸っています。
二階のシャワー室が見え、そこにはアレックスのシャワー姿が見えます。
ハイテンション:アレックスのヌード





何を思ったのか、マリーは部屋に戻ると自慰を始めてしまいます・・。
マリーは同性愛者なのかもしれませんね。
ハイテンション:マリーの自慰行為

家族が寝静まった頃、例のトラックが家にやって来ます。

運転手がドアを叩きます。

「こんな夜中に誰だろう」


アレックスの父親は階下におりて、ドアを開けると・・・。
カミソリを手にした男が立っています。そして父親に切りつける!


脳天から血を流しながら逃げるアレックスの父ですが、追い詰められ階段の柵に頭をねじ込まれます。
そのまま男は近くにある棚を父親の頭にめがけて・・・。
ハイテンション:父親の末路

ハイテンション:父親の末路2
首チョンパ!
血が景気よく噴き出します。





父親を始末した男は、ゆっくりと家族がいる二階へと上っていきます。
ハイテンション:殺人鬼




階下の物音に気が付いたマリー。
それと同時にアレックスの母親も物音に気が付き、階下に下りようとしました。

足元には無残に首を飛ばされた夫の死体が転がっています。
母親の絶叫が家に響き渡り、マリーはここで身の危険を感じます。

部屋を出ようにも、今出れば襲われるに違いありません。部屋の痕跡を消し、息を潜めてベッドの下に隠れるマリー。
ハイテンション:ベッド下
部屋に入って来た殺人鬼。隙間から足が見えます。
ガタガタと震える体を必死に押さえ、殺人鬼が部屋から出るのを待ちます。
殺人鬼はベッドのマットをまくしあげますが、何もありません。

・・・・何もない?マリーはそこに隠れているのに・・。
という不思議なシーンが終わり、マリーは急いで電話を探します。
そこでアレックスの母親の殺害現場をバッチリ目撃してしまいます。
ハイテンション:母親の末路
このシーンはとても素晴らしいですね。
カミソリで喉を掻き切られるのですが、かなりリアル!!
肉がパッカァーと開き血が吹き出る。特殊効果を担当したジャネッド・デ・ロッシの手腕が十二分に発揮されていますね。




アレックスの部屋に向かうと、鎖で縛られ、さるぐつわをされたアレックスの姿が。
マリーは必死で鎖を解こうとします。家の外では、アレックスの幼い弟が銃殺される音を聞きます。
マズイ、非常にマズイことになっています。マリーは仕方なく電話を探しに階下に下りますが、入れ違いで殺人鬼がアレックスを抱え、トラックの荷台に押し込んでしまいます。
マリーは隠れて一緒に荷台に乗り込みます。
ハイテンション:アレックス拉致





何も知らない殺人鬼はトラックを走らせ、給油のためガソリンスタンドに寄ります。
マリーは小窓から店員の姿を見つけると、今しかチャンスはないとトラックを降ります。
ハイテンション:マリー、トラックから出る
・・・・どうやって降りたんだろう、殺人鬼にバレずに。




店に入ると店員に助けを求めようとしますが、運悪く殺人鬼も店にやって来ます。
隠れるマリー。そして店員は殺人鬼の餌食になってしまいます。
ハイテンション:店員の末路
もはや店員の助けも得られず、スタンドの個室トイレに逃げ込むマリー。




恐怖で涙がとまりません・・・。
ハイテンション:トイレ




殺人鬼はゆっくりと個室トイレのドアを開けていきます。
一番奥に逃げ込んだマリーの個室まで殺人鬼は来ましたが、何故か開けません
間一髪、難を逃れたマリーですが、かくれんぼをしている間にトラックが出発しちゃいました。
マリーは店内の電話で助けを求めます。
しかし警察は「トラックって言ってもいっぱいあるしね」だとか「どこにいるかわからんし」と、焦るマリーとは対称的な態度。ブチ切れたマリーは店に火をつけてここだという印を残すと言い、車を盗むとトラックを追いかけます。ここまで来るとマリーが女ではなく男にしか見えません。格好いいです。
ハイテンション:911





そして、トラックに追いつくと、マリーと殺人鬼の直接対決が始まります。
息もつかせぬドキドキ感がたまりません。
死に物狂いでマリーは殺人鬼を殴り、殺してしまいます。
ハイテンション:対決





やっとの思いでアレックスを救出できたマリー。
傷だらけになりながらも、アレックスのさるぐつわを外すと、意外な言葉が発せられます。
以下、ネタばれになります。嫌な人はスクロール厳禁








ハイテンション:犯人は
「この人殺し!あんたが私の家族を殺したのよ!」




マリーは耳を疑います。
必死で助け出したアレックスは恐怖でおかしくなってしまったのでしょうか?

マリーの困惑をよそに、アレックスは手にした包丁でマリーのわき腹を刺します。


その時、マリーの中にあった「なにか」が支配していきます。
刺さったナイフを抜き取ったマリーの顔は・・殺人鬼だったのです。
ハイテンション:マリーのもうひとつの顔





一方・・ガソリンスタンドからの電話を受けて、警察がやって来ます。
店員の死体を見つけ、防犯カメラを巻き戻してみると・・・。ハイテンション:マリーの行為
店員を殺害した犯人がマリーとして映っています。






必死で逃げるアレックス。
それを追いかけるマリー(姿はマリーですが、心は殺人鬼)。
森の中を抜け、道路に飛び出すとそこに一台の車が走ってきます。
それを止めてアレックスは後部座席に乗り込むと、早く発進しろと運転手に怒鳴ります。
逃げているとは言え、暴言極まりありません・・。

マリーの手には唸るチェーンソー。ああ、きっとこの運転手は殺されるんだろうなぁと思っていたら、本当に窓ガラスごとチェーンソーで八つ裂きにされてしまった!
ハイテンション:運転手の末路
映画のラストを飾るくらいの血糊の量!


溢れる血・血・血・血・・。




ズタズタになるまで切り刻むシーンは、もうスプラッターの境地でございますね。
運転手の返り血を浴びまくったアレックスはボロボロ状態で車外に脱出。




しかし、足には大きなガラス片が刺さっており、走ることが出来ません。
ハイテンション:ガラス片
私はこのガラス片を抜くシーンが一番好き。
本当にリアルなんですよね。痛さと抜くネッチョリ感がたまらん(変態じゃないよ)
ロッシの素晴らしい技術ですよね。さすがロッシ!





追い詰められたアレックス。
マリーは優しくアレックスに口づけし、「もう誰にも渡さない」と呟きます。
マリーはやはりアレックスを愛していたのですね・・。アレックスは泣きながらその愛を受け止めることを承知します。が、その手にあった鉄棒でマリーを突き刺していたのでした。
ハイテンション:マリーの最期







病院の一室。
アレックスは震える声で言います。
「本当に・・私が見えていないんですね?」





マジックミラーの向こうには白衣を着たマリーの姿があります。


しかしその顔はゆっくりとアレックスに向き・・
ハイテンション:病院にて






マリーは二重人格者だったという設定のホラー映画です。
大きく評価が分かれたようですが、私は二度目の鑑賞ということもあって正直とても楽しめました。結論を知っているからこそ、あのシーンが変だとか、あのシーンのからくりはそうだったのかと納得したりできましたモンね


だから、勘のいい人は、マリーがベッドの下に隠れていたのに見つからなかったシーンでピンッと来たのではないでしょうか。私は初見ではわからなかったけど
そんな私もガソリンスタンドのシーンでわかりましたよ。物音を立てずに、鉄扉の荷台から降りれるマリーが不自然で「これってもしかして」とカラクリがようやくわかるという。


純粋に騙されて観るのがホラー映画を楽しむ「鉄板」でしょうね。


テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR