FC2ブログ

『The Cabin in the Woods』

風変わりなホラー。
9e90be3c.png
初めてこの映画を観た時、軽いショックを受けました。ホラーという目線で観れば中途半端なんですが、こういう撮り方もあるのねって。一般の人よりはホラー映画を観てきたつもりだけど、新風は吹くもので視聴者がアッと驚くストーリーをどんどんと出してくるんですな。浅はかなジャンルと言われていますが、まだまだ奥が深いなって感じました。


注意:大いにネタバレします↓


ストーリーは簡潔。若い男女5人が山奥の小屋で怖い目に遭う話です。
20140113223734eb3.jpg
↑この絵柄、まるっきり「死霊のはらわた」そっくり。

↓参考に死霊のはらわた
死霊のはらわた



実はこの若者たちを監視している機関があります。
201401132237347fa.jpg
たくさんの人間が5人をデータ分析し、この小屋に誘導したのです。ごく自然に。



そんなこととは知らず、若者たちは湖で遊びます。
20140113223734d04.jpg
「13日の金曜日」とまったく同じシーンです。オマージュしまくりです。



一方、監視機関は「賭け」を開始します。
2014011322373433f.jpg
この賭けは機関で働く社員だけのお遊びでして、各部署ごとに参加できます。


何だかお遊びにしては嫌な雰囲気です。
20140113223734c0d.jpg
5人の若者が殺される賭けなのでしょうか・・。後ろの男は「半魚人」に賭けていました。どうやら毎回半魚人のようです・・。




その頃、若者たちはホラー映画の定番のように小屋に地下室を見つけます。

それぞれ地下室を物色していたのですが、古文書を見つけた一人が書かれた文書を読み上げてしまいます。


すると・・。
20140113223734648.jpg
「バックナー一家」に決定!!!


どうやら「賭け」は、出てくるモンスターだったようです。
この怪しい機関は、モンスターを使って若者を殺そうとしているのです!!!どういうこっちゃ。
ちなみにバックナー一家は、ゾンビ家族です。人を切り刻む事に快感を覚える、絶対に出会いたくないモンスターでございます。



この機関、実は各国に支部が存在しています。今のところ、日本が成功率100%とのこと。
20140113223952790.jpg
今年、アメリカと日本以外は失敗に終わっており、アメリカは負けるわけにはいきません。ちなみに日本は京都に支部があるようです。そして選ばれたのは「貞子」みたいなゴーストです。小学生を襲っているようです。



アメリカ支局では、バックナー一家の雄姿を見ようと、社員がモニターに釘付け。
20140113223952388.jpg
しかし本音は、ホラー映画に付き物のお色気シーンを待っているだけ・・。



色っぽいシーンの後は必ず殺される。定番でございます。
20140113223952f13.jpg
一家で力を合わせて、八つ裂きだ!!



一家は几帳面なので、首チョンパした仲間の首を届けるサービス実施中。
201401132239528cd.jpg
仰天する若者たち。そりゃそうだ。



しかし、若者だって負けてはいません。
20140113223952c24.jpg
「おりゃー!」と反撃に出ます。


機関関係者:「最近の女は粘り強いなぁ、昔とは違う」
機関関係者:「そりゃ大昔の話だろ」


モニター越しで、酷い話をしています。


ところが状況が変わり、日本支局がミッション失敗してしまいます。
201401132239521d5.jpg
なんと小学生がゴーストを除霊しちゃった!



「FU○K YOU!!」
20140113224141fec.jpg
日本の小学生になんて言葉を吐くんでしょうか。

これでアメリカ支局は焦りだします。
このミッションが失敗すれば、自分たちは・・

「死ぬ」


残るは自分たちだけだ。必ずミッションを成功させなければ!
どうやらこの機関の人間たちは、若者を殺す正当な理由があるようです・・。



ですので、小屋から逃げ出そうものなら、電気ネットで若者を退治したりとやることがメチャクチャ!
20140113224141470.jpg
こんな凄い設備を作るほど成功させたいミッションとは何でしょうか。



とうとう生き残ったのは1人。しかも処女。データ分析済みですので、処女は殺しても殺さなくてもミッション成功らしいです。みんなでお祝いパーティだ!
20140113224141012.jpg
後ろのモニターで殺されかけてる女が映ってるんですケド・・。



これで話が終わるとは思いません。
やはりというか、生存者がもう1人いました。女を助け、都合よく機関の地下設備に潜り込む込みます。
201401132241411a8.jpg



彼らが乗ったエレベーターには、無数のモンスターがいます・・。
20140113224141a6e.jpg
↑映画「CUBE」と同じですね。



若者たちの復讐が始まります。機関内にモンスターたちを解き放ったのです。
20140113224141b12.jpg
大殺戮の始まりです♪



↓気がつけば死体の山だらけ。その死体を食っているのはゾンビですね。
2014011322430034f.jpg




機関のボスはシガニー・ウィーバーでした(汗)。
20140113224300ec6.jpg
この様子だと、後ろのゾンビ少女にヤラれちゃうような気が・・。



はたして若者は助かったのでしょうか・・。
そして、この機関の本当の狙いは何だったのでしょうか・・。

★★★★★★★★
あえてエンディングと、機関の詳細は伏せました。
ここまでレビューを読んでも、やっぱり観たいという方もいらっしゃるかと思いまして
やはり見所は、若者をモンスターに殺させるのが某機関の仕業だったというビックリな内容でしょうか。この機関のメンバーはとにかく陽気で、ジョークや下ネタは当たり前。けど仕事となるとどんな苦境にも負けない強い意志があるんです。はっきり言って、私は若者よりもこの機関の連中どもを応援したくなりました(異常か?)
主役?であるモンスターのメインが、バックナー一家しか頑張っていないのが惜しい。ものすごい数の殺人鬼やゴースト、モンスターが出てくるのは最後の最後だけなんですよ。すべては無理としても、数種類のモンスターの活躍が観たかったですね。
よく映っていたのがピエロと・・。
20140113224300ee2.jpg


印象的だったユニコーン。ユニコーンは自慢の角で、グサグサ内臓を突きまくってました♪
20140113224300d6a.jpg
海外サイトでは、すべてのモンスターの解説があるとかないとか。閲覧する元気はないケド。
ホラー映画大好き監督が作った、風変わりな映画でした。冒頭にショックを受けたと言いましたが、正直複雑な心境ですね。面白いかと聞かれると・・どうだろ
そうそう、モンスターの中にエイリアンがあるんですが、シガニーとの対決があれば面白かったのにな。



スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

『The Ward』

このオチはどっかで観た・・
surpriseweb_bibf-8118-p12.jpg
ジョン・カーペンター監督作品ですね。しばらく振りに撮った作品ということです。こういう手堅い作りは、私は大好物です。さすが巨匠といったところでしょうか。しかし、冒頭にも書きましたがオチが「そっち」系だったんですね。すっかり心霊系と信じて疑わなかったのでヤラれた感はありました。けど、もう一度言いますが、このオチは「アイデンティティー」で鑑賞済みです(大いにネタ明かしでごめんなさい)。



ある農家に放火した少女クリスティン。
20140102130650b5c.jpg
警察に連行され、連れられた場所は精神病院でした。



精神病院の中の特別病棟「ウォード」にクリスティンはお世話になることに。
201401021306500d0.jpg



ウォードにはクリスティンと同世代の少女が4人います。
2014010213065024b.jpg
興味津々な彼女たち。新しい仲間が増えたと冷ややかな目でクリスティンを見つめています。



さっそく、医者の問診を受けるクリスティンですが、何故農家を放火したのか記憶がありません。
2014010213065053d.jpg
医者は「他の子には会ったかい?」と問いますが、クリスティンは無視です。とにかくこの病院から抜け出すことばかり考えていました。



そんなある日、クリスティンは恐ろしい顔の女に襲われます。
20140102130816d99.jpg
この病院に入院してから、クリスティンは誰かに監視されているようでなりません。最初は看護士たちかと思いましたが、どうやら自分と同世代の少女のようです。もしかするとこの恐ろしい顔の女性でしょうか。



脱走癖があるクリスティンは何回も病院を抜け出そうとし、その都度連れ戻されます。
20140102130816a0a.jpg
おしおきではないですが、治療という名目の電気ショックを浴びるクリスティン。



ウォードで治療している少女の一人、アイリスが退院だと皆に報告します。
20140102130816b7a.jpg
クリスティンは「どうやって演技をすれば退院できるの?」と詰め寄りますが、アイリスは「私は完治したのよ」と微笑みます。



ところが問診に行く途中、アイリスは例の少女に殺されてしまいます。
20140102130816662.jpg
医療器具を目から貫通!!脳まで達してしまいました。



突然アイリスがいなくなり、クリスティンはいぶかしみます。しかし他のメンバーは口を閉ざしたまま。
201401021309519bf.jpg
何か隠しているのでは?クリスティンは謎を解こうと必死です。もちろん、うまくいけば病院を脱走できるはずです。



アイリスの部屋で見つけたスケッチブック。謎の少女が描かれていました。その少女は「アリス・ハドソン」という名でした。
20140102130951c6f.jpg
アリスって誰?クリスティンが尋ね回っている頃・・。



どんどんと少女たちが殺されていきます。
20140102130951aa2.jpg
どうやらアリスが凶行に走っている模様。



このままでは殺される!クリスティンは残りのメンバーに問いただします。
201401021309511a2.jpg
渋々話し始める彼女たち・・。


アリスは、院内では暴力を振るう凶暴な性格の少女でした。いつもその暴力に怯えていた少女たちは結託し、アリスを殺すことに決めたのです。
2014010213095169c.jpg
最初は殺すつもりはなくても、気が付けば皆が興奮し、後戻りできない状況でした・・。



それでも正当化しようとする生き残った少女たち。クリスティンは「どうして私が狙われなきゃいけないの?」と疑問視します。確かにクリスティンが入院する前にアリスは死亡しているはず。
201401021309515a6.jpg
彼女の怨念が、クリスティンまでをも狙っているのでしょうか。



アリスの行動が止まりません。殺されていく少女たち。
201401021311529b6.jpg



しかしクリスティンは負けません!
20140102131152850.jpg
えいや!と斧でアリスをぶった切る豪快さで見事、アリスを倒すのです。




無事に終わった・・。クリスティンが院長室で見た物はアリスのカルテでした。
201401021311529d1.jpg
「ああ、こんな顔だったのねぇ」とクリスティンはペラペラとカルテをめくっていくと・・。




「人格6 クリスティン」
20140102131152727.jpg



なんだ?なんで私の名前があるの?


さらにめくっていくと・・。
20140102131152072.jpg



唖然とするクリスティンのうしろに院長が立っていました。
20140102131152c47.jpg
君の名前は「アリス・ハドソン」だよ。



アリスは幼い頃、ある農夫に誘拐され2ヶ月もの間、監禁されていました。
20140102131350341.jpg



その忌々しい過去がアリスの人格を崩壊させ、苦痛を和らげるために新しい人格を形成していったのです。
2014010213135089f.jpg
そう、アリスは多重人格者でした。



何とか治療によって、アリスの中にいる大勢の人格を分離することに成功した院長ですが、分離した人格の個体が強さを増してしまい、とうとう本当の人格であるアリスを乗っ取ってしまいました。
201401021313502fb.jpg



そして最後に発生した人格が「クリスティン」だったのです。
201401021313501ef.jpg

それを聞いたクリスティン(アリス)は、病院の窓から転落。


晴れて、アリスは人格を取り戻したのでした・・。
201401021313503f1.jpg



映画「アイデンティティー」とよく似た内容でしたね。
あちらはもっと人格が多く、性別や年齢も多種多様でしたが、こちらはすべて同世代の少女たちばかりなんです。だからアリスという少女が悪者という意識付けがされてしまったんですね。
ちょくちょく映画に挿入される幼い少女が監禁されている映像が出てくるのですが、これが伏線だったようです。後になって「トラウマ」だったのねぇと。放火したクリスティン(アリス)ですが、監禁場所の農家だったという説明も出てきます。なーるほど。
ブログの為に再見したところ、台詞のひとつひとつがとても良くできていて、クリスティンが初めてウォードに連れて来られた時(実際は脱走して連れ戻されてたアリス)、看護士が「今度はクリスティンね」と言うシーンがあります。最初に観た時はカルテに目を通しただけの台詞だと思っていましたが、新しい人格「クリスティン」が出てきたという意味合いだったようで・・。そういうのがチラホラと出てきて、うまいなぁなんて思いました。こういう所が大御所の手腕なんでしょうかねぇ。あ、それとラストのシーンですが、あれって・・バッドエンドなんでしょうか?気になるところではあります。



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR