FC2ブログ

恩田陸【MAZE】

結末は賛否両論
20160123110631ed8.jpg
・読みやすさ
★★★★☆
・恐怖度
★★☆☆☆
・大どんでん返し度
★★★☆☆
・感動度
★☆☆☆☆
・総合評価
★★★☆☆

<あらすじ>
アジアの西の果て、荒野に立つ直方体の白い建物。
一度中に入ると、戻れない人間が数多くいるらしい。
その「人間消失のルール」を解明すべくやってきた男たちは、何を知り得たのか?
人間離れした記憶力を持ち、精悍な面差しながら女言葉を繰り出す
魅惑の凄腕ウイルスハンター・神原恵弥を生み出したシリーズ第一弾!



初の恩田作品です。
読破した後に思ったのは、250ページという少ないページ数で、よく着地できたなというところです。

内容はSFミステリーなんでしょうが、そこにはオカルト要素もあり、回収すべき謎はたくさんあったのにもかかわらず、ストンッと落ちるべき所に落ちた手腕は見事というしかありません。


謎の遺跡で、大人数の人間が行方不明になる。
その謎を解くために、4人の人間が派遣されるのです。その中の一人は、全く情報がありません。読者と同じ立場といわけです。その一人と同じ目線で、限られた期間の中、遺跡調査を行うスリルと恐怖といったら・・・!

じょじょに神経が蝕まれていく状況。
逃げたくても逃げられない。

しかし、謎が掴めそうな予感はする。
あなたなら、この場所に留まりますか?



私は無理~!!


いったい、結末はどうなるのかというハラハラで、すっかり物語の中に入り込んでしまった私は、読者さんが全員経験したであろう、あの「一文」に、チビりそうになりました!


あれは卑怯だ~!


叫んでばかりでしたが、とにかく結末は自分が思っていたのとは随分と違いました。


賛否両論、しかし冒頭でも言ったように着地はしっかりとしたのです。


謎は謎のままでいいじゃないかという、ポワンとしたのは残しつつ、「へー」っと唸らせるオチもある。無理やりな所もある。


けど、面白かったらいいですね。

スポンサーサイト



テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ホラー映画『ピラニア』

川口浩探検隊を思い出しました
51KKXD3217L.jpg
2016年もホラー映画観賞続行です。
と、言っても録りだめしてた映画を片っ端から観ているという「作業」に近くて、観たい映画は後回しになっている気が・・・。
毎日更新されているブロガーさんを尊敬しちゃいますね。
さて、本作は「ジョーズ」に続けと言わんばかりのパニックホラーです。2010年にはリメイク版も発表され、人気の高さがうかがえます。ピラニアって幼少期の頃は「川口浩探検隊」でトラウマ。あの受口っぽい顎にビッシリと生えた鋭い歯に泣かされたモンです。
だから私の中で川口浩は神なんです(笑)




ある夜。
キャンプ途中のカップルが怪しい施設を発見します。
20160112210748edb.jpg
「マズイんじゃない?」
「バレないって!」

そんな「死亡フラッグ」満点な会話を繰り広げた2人は施設内に侵入。


施設には巨大なプールがありました。
プールがあれば泳がずにはいられない。それが若者の生きる道!


とにかく素っ裸でプールに飛び込む2人です。最初はキャッキャッと戯れていたのですが、彼氏が顔をしかめます。
201601122107480af.jpg
「おい、何で足を噛むんだよ」
「私、噛んでなんかいないわよ?」
「え?」


そんなコントのような会話の後、2人は何かによって水中に引きずり込まれてしまうのです!
静かになった湖面を見つめる怪しい影。




冒頭のカップルは行方不明扱いとなり、調査員のマギーが登場します。
カップルが行方不明になった山奥まで、ジープで突き進みますがジープが故障してしまいます。
20160112210748993.jpg
そこに山小屋を発見し、住人の酔っ払いポールと出会います。

浮世人と化したポールは、マギーが調査しているカップルなど知らんと一蹴してしまいますが、マギーはへこたれません。



何だかんだポールを丸め込んで、足代わり&道案内人を依頼します。
2016011221074855c.jpg
山奥には、川水を調整する巨大なダムと、これまた巨大な施設があると説明します。





カップルが行方不明になった施設に到着です。
20160112211014620.jpg
想像以上に巨大な施設は、軍が管理していたとの事。




例のプールを見つけたマギーは、カップルの遺留品を発見。
「ここに来たのは間違いないわ」

しかし、プールに張られる濁った水のせいで水底が見えません。
施設の管理室に忍び込むと、人影はいません。
20160115121815b98.jpg
誰かいないか捜すものの、見当たりません。明らかに誰かがここで実験しているのは確かです。胎児や未生物のホルマリン漬けが大量にあり、2人して散策します。



???
201601151218150ca.jpg
2人の後ろに変なのが歩いてます!!

気が付かない2人!

とにかくプールの水を排水しましょうと、バルブを触ったマギーに白髪の老人が襲いかかります!


「水を排水するんじゃない!!」
20160112211014093.jpg
血相を変えて襲い来る老人を何とか気絶させた2人は、無事に水を放水してしまいます。




プールの底にあったのは白骨。
20160112211014b29.jpg
「犬かしら?」

いやいや、デカすぎるだろ。
とりあえず気絶老人をポールの自宅にと思った矢先に、老人はポールの車を盗み出していました。
ところが運転を誤り、また老人は気絶。


ポール宅で介抱していると「殺される」と呻く老人です。


老人によりポールの車も破壊されましたので、手作り筏で町まで下ることにした一行。
20160112211014df0.jpg
そんな悠長なと思いますが、山深いここでは隣の家まで相当あるので、逆に川でくだった方が早そうです。




離婚歴のあるポールですが、一人娘も実は川下でキャンプ合宿をしていたのです。
20160112211014216.jpg


子供たちは川でワイワイと大騒ぎ。

これで舞台は整いました。




一方、マギーたちは老人からとんでもない事を聞かされます。
20160112211014db9.jpg
「あのプールで飼育していたのは、ピラニアなのだ」
「ピラニア?何で?」
「兵器として改良したのだ」
「軍が?あそこはもう軍が撤退したはずだ」
「いや、私は続けていた」


おーい、老人よ、そんな資金はどこから出るのだ?
とにかく、マギーがプールの水を放水した事により、ダムでせき止められた川に流れ込んでしまったのです。

反省しろ!マギー!

そしてピラニアはゆっくりと獲物に近づきます。ポールの唯一の親友の爺さん&ワンコ。
20160112211214178.jpg
ワンコがえらく吠えるモンだから、どーしたのよ?って爺さんが困っていると、足をガブガブガブッ!!





ワンコの悲痛な声を聞きつけ、ポールが駆けつけると無残な死体が。
201601122112145c7.jpg
陸地まで上がってきたものの、失血死のようです。

これでピラニアの恐ろしさがわかりました。


そんな事は知らず、父子が川で釣りをしております。
2016011221121476f.jpg
網が引っ掛かって手を川に突っ込んでいる父親は・・・




「あれー!!」
2016011221121480c.jpg
父親はピラニアによって川へ引きずり込まれ、息子は泣きながら「おとーさーん!」と叫びます。




こんなピラニアを作ってしまった老人(正しくは博士)は、ちょっとぱかり反省。
20160112211214506.jpg
自分(軍)たちだけの秘密にしておきたかったんだが、とんでもないモノを作り上げてしまった。


「おとーさーん!!!」

少年の声が、3人に届きます。
少年がしがみついたボートは今にも転覆しそう!


何を思ったか、老人は川へダイブです!!
20160112211214ea2.jpg


必死でボートまで泳ぐと、自分の体がピラニアに食い千切られるのを必死で我慢し救助するのです。


筏まで引き上げた老人の体は内臓が見えていました・・・。
2016011221142918e.jpg
老人、死亡・・・。

絶句するポールたちですが、そのポールたちの筏もピラニアに襲われます。
老人の血が筏の隙間から川に広がり、ピラニアの格好の餌食になっていました。あわわと必死で漕ぐポールたち。

何とか解体寸前で陸に上がる事が出来ましたが、ポールは気が付くのです。


「ダムって、昼の2時に水量調整で放水されるんだった!」
20160112211429e03.jpg
ダム下には愛する娘がキャンプ中!
必死で走ったポールは何とかダム解放を阻止するのです!



さすがのポールたちも黙ってはいられないので軍に連絡しました。(どうやって連絡したんだ!?)
2016011221142925a.jpg
仰々しい数の軍隊と、場違いの女性が現れます。




「ピラニア退治の毒を川に撒きますので、安心です」
20160112211429cd6.jpg
とんでもないことを口走る女性は、死んだ老人と仕事を共にした博士でした。
責任者の将軍も「他言は無用ですぞ」と2人に念を押します。


死者が出ているのにも関わらず、秘密にしろとは納得いかないポールたち。
気が付けば軍に拘束されてしまいます。


軍用車で逃走を図るものの、今度はアッサリ警察に御用。
20160112211429d01.jpg
軍用車で規制速度オーバーは目立ちすぎだろ、ポール!




実はその頃、川では一大リゾートとしてセレモニーが行われていました。
20160112211429adb.jpg
歓喜に沸く客人たち。

ああ、ピラニアの犠牲者たちですね。
・・・食われろ!!




ポールの娘たちは、ピラニアの存在など知る由もなく水泳大会まっただ中。
20160112211631edc.jpg
泳げない娘は陸地のボートに隠れているのですが、結果的にこれが命を救う事になるのです。





ピラニアって飛ぶんスか?
20160112211631669.jpg





あっという間に子供たちの周りにはピラニアが集まって来ました。
20160112211631fdb.jpg
悲鳴に混じり、川面は血で染まります。




さすがに子供を血だらけにすることは出来ないので、大人が代用で血だらけ。
20160112211631ba0.jpg
↑この人、監視員ですが、ポールの忠告電話を無視した最低野郎なんです!

娘の命を預けているのに、聞く耳を持たなかった無責任なハゲです!←ハゲは余計




さあ、地獄の始まりです!


食って食ってくいまくれ!
201601122116318cf.jpg




そう、客を食ってます。
20160112211631473.jpg




う~ん、これはヒドイ(笑)
20160112211836573.jpg





一部カルト化?乳首千切り!
20160112211836eb4.jpg





だんだんグロ度が増してきました。
20160112211836dae.jpg




軍の将軍も餌食に。この人、いったい何がしたかったのか。
20160112211836d45.jpg



やっとピラニアの全貌が見えました。
2016011221183602e.jpg
作り物丸出し!





忘れていたわけではないけれど、ここまでが異様に長いのでポール達の存在を忘れてました。
2016011221200645c.jpg
軍が殺しきれなかった、残りのピラニアを強力な排水(劇毒)で一網打尽にするというのです。




ところがダムの排水を止めてるもんだから、建物内にあるバルブは川底なのです。
2016011221200657d.jpg
潜って息止めてバルブを回すポールの姿に涙します。ただの酔いどれ親父ではなかった!



案の定、ピラニア軍団はポールを襲います。
201601122120064cf.jpg
背中や顔、バルブを回す手まで食いちぎられるポール…。




骨と皮になる寸前で助けられ、無事に毒を川に流したのです。
20160112212006a98.jpg




「ピラニアは絶滅しました。もう安心です。海にピラニアが流れ着く事はありません」と、女博士はメディアに伝えます。
2016011221200657c.jpg
じゃあ何で海のシーンが映るんだい!?

★★★★★★★
2016年、最初のホラー映画がこちら。
リメイク版はかなりのグロ度をほこってるみたいなので、実はそちらが本命でしたが、まずはオリジナルに敬意を込めて観賞です。
しかし、軍の施設にいた怪しい生き物の説明は一切回収されてないですね。この放ったらかし感、たまりません!



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR