FC2ブログ

ホラー映画『悪魔の棲む家 2005』

人気があるのはわかるけど・・・
51nBxelaeJL.jpg
オリジナルが発表されたのは1979年。
2005年にリメイクされるまで6作もシリーズ化されています。私はオリジナル以外は観ていませんが人気があるんですね。やはり実話だから?そして今でも買い手を待っている「家」が現存しているから?
日本の呪怨と二分する「住んではいけない家」の決定版でしょう。




まずは「デフェオ一家殺害事件」をおさらいしてみましょう。


1974年、オーシャン・アベニュー112番地で起きた長男の犯行による一家殺害事件。

ライフルで両親、弟妹の計6人を殺害したのです。
20170720233356ff8.jpg
長男は当初、犯行を否定していましたが、後に「頭の中にいる何者かの声に『殺せ』と命令された」と自供しています。


これだけ聞くと恐ろしいですね。


幸せと思えた一家ですが内情は違うようで、長男は麻薬中毒者でした。

少なからず精神疾患はあったようですので、事件を起こした時も興奮状態だったのかもしれません。
201707202333568c3.jpg
この独特な「顔」のような家。事件を象徴しています。




長男が書き残した謎の言葉。これはフィクションでしょうかね。
2017072023335651a.jpg
結局のところ、長男が殺害した事は事実ですし、原因は麻薬によるものなのか、彼の言うように「誰かの命令」によってなのか闇の中です。





殺された家族、特に幼い妹や弟たちは気の毒です。
20170720233356925.jpg
愛する兄に殺されるなんて誰が想像したでしょうか。



当時、メディアは大々的にこの事件を取り上げました。本当に恐ろしい事件です。
201707202333567be.jpg
長男は無期懲役の判決を受け、現在も服役中とのことです。



作家のジェイ・アンソンは、この事件をベースにthe amityville horrorという小説を書き上げました。本作「悪魔の棲む家」もデフェオ一家殺害事件を元にして制作されました。


そんな殺人事件があった現場の「家」に、格安で飛びついた夫婦。
20170720233356201.jpg
ラッツ夫妻です。

「事件」があった事も承知の上での購入。

豪邸ですから、家族5人で住むには十分過ぎるほど。一生懸命に働いて得たお金をつぎ込む価値はあると踏んだのです。
20170720233455499.jpg
3:15は事件が起きた時間。
前住人の所有物がそのままだなんて、気持ち悪いですね。


引っ越してからすぐに心霊現象が始まります。


まあ、普通に霊がコンニチワですよ。
201707202334552b6.jpg




まずは幼い娘が霊と会話し始めます。信じない母親。大人になると心がピュアじゃなくなるから?
20170720233455c95.jpg


少しずつ、子供たちは恐怖体験をしていくのですが、そんなにビックリする事はないです。少女の霊が出てくるだけ。これは長男に殺された末っ子だそうです。




本作はケッチャムという名前がキーワードになってきます。
20170720233455a0f.jpg


「家」は家主であるジョージをターゲットにします。


「家」自らが手を下すのではなく、ジョージを操って家族を襲うのです。
201707202334551f4.jpg

デフェオー一家の長男と同じですね。
人が変わってしまったように乱暴に、そして異様に寒がる夫。家を一歩出れば、いつものような優しい表情なのに、自宅に戻ると豹変するのです。子供たちにも暴言を吐き、すっかり萎縮した子供たち。


「家を出ましょう」
妻はそう言うと「お前がここに住みたいと言ったんだろう!俺は絶対にここから出ない!」と突っぱねます。

悲嘆する妻は神父に相談します。

「あの家か・・・」


あまりにも強力な力は、神父様のご祈祷くらいでは歯が立ちませぬ。蝿に襲われた神父は退散せざるをえません。
201707202334551aa.jpg


妻は独自に家の過去を調べます。



彼らが住む土地に住んでいたケッチャムは先住民に布教した聖職者。
ケッチャムは先住民を拷問・虐殺した経緯がありました。
2017072023355914c.jpg




彼がそのケッチャムだそうです。
201707202335597dc.jpg
唖然とする妻。
今まで子供たちが体験した恐怖、夫の豹変はすべてこの男が原因なの?




ラッツ家がこの家に越して28日目


自宅地下でケッチャムの霊と遭遇したジョージ。彼の返り血を浴びた後、ジョージはライフルを手に取り家族のもとへと向かいます。
2017072023355996e.jpg
果たして家族は助かるのでしょうか。





教訓:事故物件に入居する場合は、そうとうの覚悟を持て!
20170720233559f38.jpg



★★★★★★★
本作、ご存じかと思われますが「事実」と違う事で有名です。
それはラッツ家が28日後に家を飛び出したのは、霊的な事ではなく経済面の理由で立ち退かざるをえなかったというのです。
ちょっとトホホな結末ですよね。
現在、1億円で販売されているようですが次の入居者はいつでしょうか。



スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

ホラー映画『リンカーンVSゾンビ』

いずれ、トランプVSゾンビも映画化されるか?
515E_qC3LVL.jpg
ゾンビ相手に戦いを挑んだ戦士は数多くいました。
リンカーンをチョイスするとは、ゾンビ映画市場におけるネタ不足は相当なもんでしょう。このまま歴代アメリカ大統領が戦うシリーズにしたらどうだろう。面白いかもね。



その前に、エイブラハム・リンカーンについてミニ情報

<エイブラハム・リンカーンとは>
第16代アメリカ合衆国大統領に就任した。アメリカ合衆国南部における奴隷解放、南北戦争による国家分裂の危機を乗り越えるなどの偉業を達成し、「人民の、人民による、人民のための政治」という世界的に有名な演説を残した。
1865年4月14日に暗殺される。



リンカーンとゾンビの出会いは、幼少時からでした。
201707132347173b6.jpg
鳴り響く銃声!
家から聞こえた銃を撃ったのは父親でした。



妻がゾンビになった事が耐えられず自殺したんだな。子供を残して死んでしまうとは情けない!
20170713234717c59.jpg
涙をこらえてリンカーンは「愛してる」と告げ、母親の頭をバシュッ!!ナイス・ショットです。



どんな幼少時代を過ごしてきたん(汗)(汗)



大統領になったリンカーン。メイクなのか地顔なのか知らないが役作りが忠実過ぎてホラー映画じゃないみたい。
20170713234717c09.jpg
南北戦争の真っ只中、苦戦を強いられている前線にて演説を行う予定の彼は、驚くべき現状を聞かされます。



「プラスキ砦で我が北軍が壊滅し、大尉1名のみが重傷で戻ってきたのですが」


医者の話によると、大尉は支離滅裂な言動を繰り返し暴れるので、拘束中だとの事。
2017071323484620f.jpg
リンカーンは長官と共に大尉に会うのですが・・・



むちゃゾンビやね!
201707132347177fa.jpg
ゾンビ化しているけど、かろうじて自我が残っており話せるようです。

「大勢の人間が我々を襲い、肉を食らった!」

その言葉を聞いて長官たちは呆れます。気でも触れたのだろうと。

しかし、リンカーンは違います。
「あの時と同じ惨劇が再び始まったのか」

リンカーンは長官に、SS(シークレット・サービス)を12名召集させます。

「プラスキ砦へ向かう。指揮は私が取る!」
「この戦争の真っ最中に大統領が不在では困ります!」



「これは未来のアメリカの為の戦いだ!」
20170713234717966.jpg
携帯用のナタを常に常備している大統領っておるん!?




徒歩で砦に向かう大統領と12名のSS。
201707132347172cc.jpg
見てるだけだと格好いいのですが・・・


よっぽど急いで出発したので、歩きながら大統領自らがこの作戦の説明。
プラスキ砦の重要さ・北軍は国民の為に戦っているetc・・・



「あれ、ゾンビの話はしねーの?」



あっという間に砦に到着です。広いけど誰もいない。
20170713234846f0c.jpg

と思ったら、いきなり襲撃されました!
南軍の生き残りがいたのですね!13名はサッと物陰に隠れます。




ああ、不注意なSSの1人がゾンビに噛まれた!
20170713235015a67.jpg
リンカーンは有無も言わさず噛まれたSSの頭をブチ抜きます。

「大統領、どうして!?」
仲間を違った意味で亡くしたメンバーは焦ります。南軍の攻撃と、ゾンビの攻撃で挟み撃ち状態に陥った彼ら。



「頭を狙え!!」
20170713234846bd0.jpg




「とりあえずわかりました!」
20170713234846e48.jpg

SSは「当初と話がちげーじゃねぇか」という顔です。当たり前だ。




南軍のジャクソン将軍とご対面。
20170713234846c47.jpg
「とりあえずさ、ゾンビを倒すために協力して」
「何をおっしゃるか!彼らは病気でござる!」

頭がガチガチに固いジャクソン将軍の説得をあきらめ、自分たちで解決しようとリンカーンはSS数人を砦に残して町を散策です。
銃声などの音は絶対に立ててはならぬと、部下に命令。


散策中に出くわすゾンビは何故か無害。
20170713234846ca4.jpg
徒歩で移動が可能です。



こんな偶然があるのか?

リンカーンの若かりし時に付き合っていた恋人が納屋に隠れていた!愛し合った中だけど、リンカーンは彼女から去って行ったんですね。
20170713235015502.jpg
もしかして、私の父親が大統領!?って恋人の娘もテンション上がっちゃうよね。




そしてセオドア・ルーズベルトと名乗る少年も納屋に隠れていましたよ。
2017071323501562b.jpg
のちの大統領(笑)



元恋人と再会して、興奮したのか「物音をたてるな」と言ってたのにバンバン撃つリンカーン。
20170713235015aa4.jpg

ま、誘導作戦なんですけど強引すぎるわ。
この時点で素人に撃たれて負傷しているSSも抱えてるし、SSが役に立たな過ぎ!




このシーンは『ゾンビ』のシーンに似ていて好き。プエルトリコ人籠城シーンね。
20170713235015bf0.jpg


序盤から「リンカーン劇場」で、SSの活躍がまったくない。
ま、屋根裏から落ちて足を痛めたためにゾンビに食われるSSとか、いてもいなくても同じだ。



行きは静かだったゾンビたちも、帰りはリンカーンのおかげで起きちゃって襲ってくる!
20170713235015f97.jpg
いい迷惑だよ。





もう一度、南軍将軍と交渉するリンカーン。
20170713235115592.jpg
この時期になると、既に南軍の兵士はリンカーンの演説に心を動かされてます。将軍も渋々ゾンビとの戦いに参加することを約束します。

余談ですが、彼の演説は人の心を掴むのがうまいと聞いています。
こういう実話に基づいた人物設定を盛り込むから、つまんなくても見入ってしまうのですね。



武器の調達中、元恋人がゾンビに噛まれてしまいました!

SSは躊躇なく殺すのに彼女だけは殺さない。
20170713235115202.jpg
「愛してる」なんて言っちゃって、完全に浮気じゃねーか!




SSの一部が不平を漏らそうが・・・

我は戦うのだ!!!
20170713235115596.jpg

ここからは無双シーンの連続です。

んが、CGレベルが低すぎて射殺されたゾンビの血は出ないわ、当たってもないのに倒れるゾンビがいるわでグダグダ。


セオドアくんも首チョンパで戦うぜ!
20170713235115314.jpg
さすがのちの大統領!←それが言いたいだけやろ



その頃。

SSメンバーの中に、南軍のスパイが紛れ込んでいました。


ちょいちょいリンカーンに刃向っていたので「何じゃこいつ」と思っていたのですが、わかりやすいほどのスパイだったのね。
201707132351152ef.jpg
しかも、実際にいらっしゃったホンモノの人だそうです。へー。

またまた実話を混ぜる手の込んだフィクション。



南軍将軍の秘密兵器はこのダイナマイト!!!
20170713235115bc4.jpg
せっまい格納庫に詰められたダイナマイトを使って、ゾンビを一網打尽にしようと計画を立てます。

この狭い場所に誰が誘導するのさ?

もちろん我らがリンカーンです!

パンパカパーンッと将軍がラッパを吹いてゾンビを集めます。
2017071323520936d.jpg
ゾロゾロ集まってきたゾンビに「こっちだ!」と自らを囮にして格納庫に誘導するリンカーン。

間一髪なシーンがあるものの、ここぞという時に攻撃しないゾンビが可愛いぞ!



ダイナマイトの導火線がゾンビに踏まれてしまい、不発となってしまいました。

「ここは私の仕事だ!」
20170713235209c3b.jpg
将軍が命を賭して火を付けにゾンビの海へ!

いくらなんでも無理があるだろうけど、見事に爆発!!!



ああ、あの人は無事なの?
20170713235209f41.jpg
既に顔色が灰色の元恋人が不安げに見つめる中・・・




格好いい!!!
20170713235209cac.jpg


こうして、無事に演説を行うことが出来たリンカーン陣営は勝利を掴むことが出来ました。

その後。


やっぱり元恋人の事が忘れられず生かしていたリンカーン。完全なる浮気やね。
2017071323520904a.jpg
医者に大金を渡していますが、未だ特効薬は出来ません。

ベラベラと今の政治状況や自分の近況を恋人に喋っています。もちろん恋人は白目剥いてるだけ。愛した人を見捨てるなんて出来ないんか。だったら若い時に彼女を捨てるなよ。

不注意からリンカーンは彼女に襲われ傷つきます!

躊躇なく元恋人を射殺(笑)

ここはすぐ殺すんかい!!!


自分の死期を悟ったリンカーンは、ある人物に手紙を届けます。
201707132352093a9.jpg
SSメンバーの1人、スパイだった奴ですね。

手紙の内容はなんでしょうか?



1865年4月14日。妻と観劇の準備をしているリンカーンの顔は、どこか清々しい顔でした。
20170713235228015.jpg


★★★★★★★
ほほー、ここで暗殺されて自分の命を断つんだ!
うまくまとまってるなぁ。いやいや、騙されんぞ!なぜなら面白くなかったから!真面目に作り過ぎて、間延びが相当あるんですよ。ドキドキするシーンはない。CGは荒い。
唯一満足したのは、リンカーンの造形が素晴らしかった事かな←ゾンビちゃうやん





テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

ホラー映画『劇場霊』

ホラー版ガラスの仮面かと思ったわ!
劇場霊
中田秀夫監督作品「女優霊」から20年。
再びメガホンを取られたようですが、どうしたことでしょう!
「売れない女優の奮闘記」を描こうとしてたのでしょうか。どちらにしろホラー映画としては大失敗。女優霊の凄さが立証されたわけですね。20年前の恐怖の再現どころか、超える事は難しかったようです。





雨が激しく降る夜。
長野にある豪邸で、男が女性を抱えています。そして台座に寝かせます。
20170628222254511.jpg
よく見ると精巧に作られた美しい女性の人形です。等身大ですから一瞬、人間かと見間違えましたわ。



この人形と一緒にいた彼の娘たちが死亡し(唐突)、男はナタで人形をバラバラにするのです。
2017062822225433a.jpg
首を切断した後、燃やそうとたのですがタイミングよく警察が乗り込んで来まして、何故かこの男が逮捕されてしまうのです。娘殺しの容疑ですね。

「私じゃない!人形がやったんだ!」


普通に聞けば、変人の戯言でしょう。


20年後・・・。


パッとしないけどやる気だけはある女優、沙羅(島崎遙香)。
事務所に勧められて、舞台のオーディションに参加します。
20170628222254304.jpg
主役級じゃない彼女の得意技。

「台詞丸暗記」

設定が北島マヤと一緒ですな。


他人の台詞まで丸暗記出来る才能ですが、果たして合格となるんでしょうか。一緒にオーディションを受けた香織(足立梨花)はその才能に驚き、褒め讃えます。



その頃、舞台小道具担当が「道具」を探し街を散策しています。

衣装係が視線を感じ取り目線を移すと・・・
2017062822225453c.jpg





おお、例の人形の首が!!!
2017062822225448a.jpg

怖っ・・


やっぱりというか、この首を舞台に使用する事になるんですよねぇ。使わなきゃホラー映画にならないですね。



舞台名は『鮮血の叫び声』て・・・
2017062822225488a.jpg
ダサいわ。
ポスターが出来てるけど、主役は沙羅じゃないみたい。




村娘役かぁ。ちょっと可愛さが際立ち過ぎるけど。
20170628222415963.jpg





例の首には新しいボディが出来たようです。
20170628222415a4c.jpg
精巧な首ゆえに、やっぱり気持ち悪いですね。




主役のエリザベートを演じる葵は、高慢チキで嫌な女です。
舞台稽古中、台詞が飛んでしまった際に近くにいた沙羅が助け船を出すんですよね。
20170628222415404.jpg
「完璧に台詞を叩き込んでおかないとダメじゃないの」

演出家の緩い、けど棘のある指摘に葵は焦ります。そして沙羅に対して憎悪の目を向けます。助けてやったのに逆恨みされちゃったよ。



人形の管理をしている和泉(町田啓太)は、沙羅に対して「女優はみな一緒だ。けど人形は作り手によって様々だ」と言います。
2017062822241514b.jpg
ムッとする沙羅ですが、確かにこの人形には何かを感じます。





人形の暴走が始まり、犠牲者が出ました。(衣装係ですね)
20170628222415e1f.jpg
肌は蝋人形のようになっていて、唯一頑張った特殊効果と思います




柳ユーレイが、前作のオマージュなのかチョイ役で出演。
20170628222415a35.jpg
女優霊と同様、自然体な演技やね。「大根」と言われればそれまでだけど。




話を戻しますと、この首は徐々に恐怖の片鱗を見せつけます。
20170628222534793.jpg
舞台上、目がこんな風にギロリと!

これが全員に気が付かれないような現象なんだなぁ。
この目に驚いた主役の葵は台詞が詰まってしまいます。


演出家は「いい加減にして下さいよぉ」と不機嫌顔。
20170628222534314.jpg

「この前も言ったよね、台詞はキッチリと頭に入れてって」
「けど、あの人形が・・・!」
「そうそう、彼女のようにねぇ」


演出家の目線は沙羅に向けられます。
悔しがる葵。戸惑う沙羅。


ひと悶着があった後、葵の怒りはピークに達します。
売れている自分ではなく、端役の沙羅が注目されるなんて許せない。演出家と一晩を過ごしてまで、この舞台に賭けていたのに!

稽古終了後、荒れる葵に現れたのは例の人形!!
どうやって歩いてきたん!?

屋上に追い詰められた葵は・・・




ん!?
2017062822253402c.jpg





葵ちゃん!?
2017062822253466c.jpg
なんと沙羅の目の前に落下したのです(笑)
すげー目力やねん。







見上げるとそこには・・例の首が。
20170628222534b87.jpg



死者1名、重傷者1名を生んだ舞台に、警察は調査協力を演出家に求めます。が、演出家は逆に迷惑だと怪訝顔。呆れる刑事を尻目に、主役のエリザベート役に沙羅を抜擢するのです。

「良かったね!沙羅ちゃん!」
香織も端役ですが、沙羅の天才的記憶力に負けじと努力しているんですね。これがのちに繋がっていくとは・・・


台詞は入っていても、演技に関しては一からのスタート。
マンツーマンで沙羅は徹底的にシゴかれます。観ているこっちがあくびしてしまうほどに。
20170628222534ef1.jpg
同じ台詞を何回も何回も言わされる始末です。


シゴきが終わると、演出家は「もっと芝居について語り合いましょう」と沙羅の腰に手を回すのです。

ガチガチに固まる沙羅に「葵さんも私の誘いに乗ってくれましたけどね」と追い打ちを掛けます。枕営業ってやつですか!

沙羅はドーンッと突き飛ばします。
201706282226420a7.jpg
唖然とする演出家。今まで自分の誘いを断った女優はいなかったからでしょう。

「失礼します!」

足早にその場を去る沙羅。自分の実力で主役を演じきってみせる!
そりそゃそうだね、枕営業はちょっとねぇ。



てか、人形の恐怖シーンとかがないんですけど。
マジで「ガラスの仮面」状態なんですけど?

マヤ・・・もとい沙羅の演技も佳境に入ってきますが、ここにきてやっと人形の呪いが発動します。
20170628222642a6e.jpg
人形に睨まれたせいで、パニックの沙羅は持っていた小道具の剣で人形の顔を傷つけてしまったのです。


「集中しろよ!!」
演出家の怒号が響きます。昨晩の恨みもあってか、アッサリ沙羅は降板させられ、沙羅を見習って努力していてた香織がエリザベートに大抜擢されます。

ここまできたら、この舞台が成功するとはとても思えん・・・。そこまでこの演出家の力が絶大ということ?。


自分がはねてしまった首を和泉が急きょ修復作業にあたるのですが・・・
20170628222642444.jpg
沙羅が一人の時に限って、血が噴き出る現象が!!

そしてフラッシュバック。


沙羅はある場所にいます。棺に入れられているのは例の人形。
201706282226429af.jpg
「ここはどこ?この人形は?」


ハッと意識が戻ると、手を伸ばす人形が目の前に!!

ギャー!
沙羅の悲鳴に全員が駆けつけます。しかし、人形はもといた場所に鎮座したままでした。「沙羅の妄想癖だ」、「主役を降板させられた腹いせだ」と冷たい視線。



エリザベート役の香織が関係者を招いての初披露をする・・・のをテレビで見ている沙羅。
本当に辛い時間です。
201706282226428eb.jpg




和泉に呼び出された沙羅が目にしたもの。
20170628222642a57.jpg
人形作家の娘が不審死。父親が容疑者として逮捕・・・。


証拠不十分で釈放されたようですが、今では人目を避けるように作家活動も休止しているようです。


「あの首の作家、この人だ。一度会いに行ってみないか」

和泉くん、そんな暇あるのかい?



いきなり訪れた2人に最初は警戒していた作家も、後半は滝のように喋る×2!
201706282227433ef.jpg

「あの首は、死んだ私の長女だ」


実在した女性を想って作成されたんですね。ま、そうだろうとは思っていましたが。


母親の代わりに幼い妹たちと多忙な父親の面倒を一手に見ていた長女に訪れた土砂による事故。

しかも発見されたのが遅かったために、長女は家族に死姿を見せていません。とても見れる状態ではなかったのです。
2017062822274304b.jpg
それを哀れんだ父親があの人形を作ったのです。

「どうして妹さんたちを?」
「・・・若さが羨ましかったんだろう」




は?

若さが羨ましいから人を殺す?しかも可愛がっていた妹たちを??

解せぬ。

解せんわー!!


ということは、舞台で使用しているあの人形が香織を襲うに違いない!(そうなん?)
201706282227438d9.jpg
警察に電話をして先回りしてもらうものの(逆によく動いたな)、時すでに遅し。


携帯が使用不能。
現場に駆け付けた沙羅と和泉の訴えが、ようやく実を結ぼうとしていたのですが、舞台上にいた役者・スタッフ・刑事たちは人形の餌食にされてしまいます。


そうそう、こんな風に生気を吸い取るようです
201706282227432de.jpg

一人では足りない。



「ちょーだい・・・ちょーだい・・・」
20170628222743d7b.jpg

生気を吸い取ることで、自分の復活を望む長女の呪いは、瞬く間に舞台を地獄に変えました。



カコカコした動きがコミカルで怖くねーわ。
20170628222743c2c.jpg





こういう時の警察って本当に役立たず。
20170628222822ca3.jpg
若い女性だけでなくオッサンの生気も吸い取る雑食系長女。




香織も漏れなく餌食。死ぬ間際に沙羅に対して謝っていたのが切ないね。
20170628222822f3c.jpg


あ、例の演出家も死にました。←死亡方法がわからんのですよ



「あともうちょっとで顔ができるの」
201706282228223dd.jpg




「そんなん知るか!!」
20170628222822a5d.jpg
小道具で人形の顔に穴を開けた沙羅の覚醒(笑)

恐怖の舞台は幕を閉じたのでした。
(マジか)



★★★★★★★
ハッキリ言わせてもらおう。
退屈過ぎてつまらんかったー!!人間模様に重きを置いて、人形の秘話はサラッと流す。どちらも中途半端すぎてホラー映画として成立してないやん。書くこともないくらいに退屈だったのがホンマ悲しすぎる。
女優霊の方が1000倍怖くて面白い。
ガラスの仮面の方が絶対におススメなので、この映画を観たいと思う方は漫画の一読をプリーズ。





テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR