FC2ブログ

ホラー映画『歓びの毒牙』

唐突な犯人ネタバレ!デビュー作だから仕方ない。
51ELMbYWynL.jpg
どんな巨匠も、最初から素晴らしい作品が作れるとは限りません。
もし作れるなら本物の天才ですね。
本作はダリオ・アルジェントのデビュー作です。天才の片鱗が見え隠れ。隠れてる部分が多いけど。
彼の真骨頂であるチカチカする色彩と、ガンガンの音楽はまだ登場しなくても、何となく彼らしいのが伝わります。
そして相変わらずの唐突エンディング!端折りすぎ!そこがジャーロだけどね!




冒頭、犯人がいきなり武器の選定をしてますよ。
20161011224316621.jpg
顔はもちろん見えません。全身真っ黒で黒の皮手袋でナイフを選んでます。




本作の主人公、サムです。
2016101122431658d.jpg
作家を生業としていますが、なにぶん最高潮のスランプ状態に陥ってしまい、気分転換にイタリアへ羽を伸ばしていました。

このイタリア旅行が彼に悲劇を招くとは・・・。


仕事からの帰り道、サムは争う男女の姿を見ます。
20161011224316bdd.jpg
ショーウィンドウ越しな上、目線の先が微妙で何が起きているのか見えにくいのですが・・・


何と、黒ずくめの男?に女性がナイフで刺されました!


目の前の惨劇に思わず駆け寄るサム!
20161011224316482.jpg
ところが犯人が防犯用のウィンドウを閉めた事から、サム自体も閉じ込められる始末です。

ここまでのシークエンスは素晴らしかった。


刺された箇所を押さえて苦しむ美女。アイライナーが取れてる(汗)
201610112243162f7.jpg
目の前にいるのに助けられないもどかしさ!サムは外に向かって叫びますが、誰も来てくれません。


絶体絶命のピンチに、都合よくパトカーがやって来ます。

「ああ、良かった」とサムは胸をなでおろしたのですが、警察はこの異様な現場を見てサムが疑わしいと尋問します。
20161011224316ae6.jpg
そりゃそうだわな。
サムが女性を襲い、逃げようとしたが出られなくなったというシチュエーションに見えなくはない・・・。

「俺はアメリカ人で、イタリアには旅行目的なんだ!」
「いや、実は最近、3件もの惨殺事件が発生していましてねぇ」

若い女性が狙われた殺人が起こっているため、警察はピリピリモードだったんですね。
事件現場にいた人物は全て疑わしい!


同じ質問を何度も聞かれ、憔悴し切ったサムが解放されたのは明け方。
パスポートも取り上げられ、クタクタで帰路につくサムに謎の襲撃者が!
デカい斧で襲われましたが、間一髪で通行人に救われます。

恋人ジュリアに、今までの経緯を話します。
20161011224422195.jpg
「ふ~ん、大変だったのね。けど、それより♪♪♪」

ジュリアも、この時点では恐怖に触れていないので能天気です。



サムが救出した女性モニカは助かりました。
退院したという事で、サムは見舞を兼ねて自宅を訪ねます。
対応したのは夫でしたが、頑なに妻に会わせようとしません。ショックが大きいからだそうです。
20161011224422d70.jpg
そりゃそうですね。
ところが、警察から根掘り葉掘り聞いていたサムは(この頃には、警察はトニーが犯人ではないと確信)、犯人が左利きだという事を知っています。
おもむろに煙草ケースを投げたサム。
夫は左手で取りました。

・・・重い沈黙。


パスポートも無事に戻ってきたのに、サムはこの事件に執着します。
きっと職業が作家だからでしょうね。
201610112244226c6.jpg
ジュリアと共に過去の殺人事件の調査をしていくと(新聞を見てるだけやけど)、最初の事件に興味が沸きました。




最初の犠牲者は骨董品店に勤める女性。
店主は嘆きながら、消息を絶った日の事を語りだします。

「そういえば、私が帳簿整理していた時、彼女は表で接客をしていたのです。客は見ていませんが1枚絵を購入していましたよ」

その絵は何とも不気味な絵でした。
20161011224422a26.jpg
少女が襲われている絵。
牧歌的でありながら異常。





警察もお手上げ状態なのに、またもや殺人が!
20161011224422fa0.jpg
犯人は彼女のパンツを剥ぎ取るんですけど(汗)
↑アルジェントの好みだろうな




そして犯人から挑発を受ける警察。
201610112244223b8.jpg
男とも女とも言えない異様な声を録音しました!
いったいどんな犯人なんでしょうか。




犯人に襲われて、唯一生き残っているのはモニカだけ。
サムはやっとモニカと会えたのですが・・・
「あなたに救われたことは感謝しています。けれど何も思い出せません」
201610112245242f0.jpg
そりゃそうだよねぇ。
そんな2人の会話を立ち聞きしていた夫は、無理やりにモニカを呼び寄せます。
この時点では夫が非常に怪しいです。

ま、アルジェントですので、こんな簡単に犯人がわかるような演出はしないと思いますけどね!




そして気が付けば、警察よりも捜査範囲を広げているサム(笑)
20161011224524714.jpg
命も狙われだします。

警察も護衛を付けますが、返り討ちにされる始末。
とんでもない奴を相手にしているのではないか。
さすがに警察もサムに探偵ごっこを止めるように勧めます。




もはや犯人はとめどなく殺人を犯します。
201610112245247f5.jpg
手の打ちようがないのでしょうか。



科学捜査班が必死で声紋検査をした所、意外な事実がわかりました。
20161011224524352.jpg
犯人は2人とのことです!!


マジか?

一連の事件の発端が、実はあの絵ではないかと頭から離れないサムは、とうとう画家宅にまで押しかける。
2016101122452453a.jpg
「あの絵?俺の知り合いの娘が襲われた時の絵だぜ」

なんて不謹慎な男や。

あの不気味な絵は、真実に基づいた絵だという事がわかりました。
だからと言って犯人がわかるはずでもありません。

サムの留守中にジュリアは襲われるし、彼らの捜査も限界が来ていました。


ところが思いもよらない所で事態は急展開を迎えます。
20161011224524ed6.jpg
声紋検査に出していたテープに入っていた、不可思議な音。
それをサムの友人が「正体」を暴いたのです!!

警察は何をしてるんや・・・。




「不可思議ナ音ハ、僕ノ鳴キ声ダヨ。チナミニ『モニカの家』ハ後ロ♪」
20161011224643648.jpg

アパートに乗り込んだサムと警察。

そこにいたのはモニカの夫でした。


暴れて抵抗しましたが、そのままアパートから落下してしまいます。
20161011224643f6a.jpg
「そうさ、俺が犯人だよ・・・」
ガクッ・・・


事件は解決しました。






「そんなわけねーだろ!!」
20161011224643012.jpg

やはり犯人は別にいましたね。



↓犯人は幼少期に酷い目に遭っていました・・・
20161011224643c46.jpg

さて、あなたは犯人が誰かわかりましたか?

★★★★★★★
警察よりも、サムの捜査がメインになったサスペンス。
粗は目立ちますが、火曜サスペンス劇場よりは血が出て面白いです。
引っ張るだけ引っ張った後に、唐突に現れる真犯人。端折り方も相当なモノです。「え?え?」ってなります。もっとゆっくり説明してくれなきゃ頭が整理できないよ!って(汗)
そんな観客の願いを聞き入れるほど、アルジェントは優しくありません。むしろデビュー作品でここまで仕上がった事に驚きです。
また、役者と一悶着あったようですしね。
変人=天才
ここまで来たらアルジェント作品を全部観てみたいと思ってきたかも。


スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR