FC2ブログ

『The Legend of Hell House』

日本家屋と洋館。
皆さんはどちらが恐怖を感じますか?
私はもちろん日本家屋です。もしかしたら、日本人の殆どがそう答えるかもしれませんね。
けれど、洋館の恐怖だってハンパないですよね。
こういう映画を観た後では・・。

ヘルハウス  原題:The Legend Of Hell House
41YSS8VfTiL.jpg
最近、ちょっと旧めの作品を観ることが増えてきました。
DVD化される作品が増えてきたので、私的には非常に助かってます。
この作品も、大ヒット映画「エクソシスト」の影響を受けて製作された旧い作品。どちらかと言うとゴシック調に仕上がっています。いわく付きの洋館に乗り込む4人の男女の恐怖。
今でもジトーーッとした雰囲気は伝わったのですが・・・。




物理学者ライオネルは、ある金持ちに呼ばれます。
「私が買い取った屋敷で幽霊の存在を確かめて欲しい」
なんとも唐突な依頼ですが、彼は多額の報酬につられ、あっさりと承諾しました。
ヘルハウス:依頼

ライオネルには美しい妻、アンがいました。
洋館での幽霊検証という夫の仕事に、私も一緒に付いて行くわと甘えます。
なんとなく足手まといな感じですが、ライオネルは同伴させることにしました。
ヘルハウス:ライオネル夫婦

冒頭の金持ちは、ライオネル以外にも二人の霊能力者を雇っていました。
フィッシャーという男。実は彼は二回目の参加です。
ヘルハウス:フィッシャー

そして、タナーという女性。
ヘルハウス:タナー

屋敷に到着した4人の前には、巨大な洋館がそびえ立っていました。
この屋敷は「地獄邸(ヘルハウス)」と言われていました。
霊能者のタナーはさっそく何かを感じます。
「窓が・・・ないわ」
そして異様な雰囲気に、早くも不安を隠せません。
ヘルハウス:屋敷前

4人は今回の調査に期限を設けられていましたので、この屋敷で寝食を共にしなくてはいけません。
物理学者のライオネルは、霊能者が参加していることが気に入りません。
もともと霊の存在を認めていないからです。だからこそ、この機会に自分が持ってきた装置を使って、霊というものは、ただのエネルギーということを証明しようと考えています。
タナーはそんなライオネルに真っ向から否定します。
ヘルハウス:団欒

参加者の不仲になんだか、雲行きが不安です。どよーんとした空気です。
空気を変えようと、アンがこの屋敷について質問をします。
答えたのは、前回も調査に参加したフィッシャーでした。
ヘルハウス:ベラスコについて
この屋敷の当主であったベラスコは極度の性異常者でした。
殺人・吸血・屍姦・人食い・・・限りない性癖のため、とうとう27人もの人間を屋敷内で虐殺してしまいました。ベラスコはその後、行方不明となり、残されたこの屋敷では奇妙なことが起きるようになったと言うのです。
前回、調査に来ていたフィッシャーは、ただ一人の生還者でした。
8人もの犠牲者を出した前回の教訓を活かす雰囲気はなく、ただ多額の報酬を受け取るためだけに参加しているようでした。

その夜、タナーの部屋に、何かが訪れました。
姿は見えませんがタナーは話しかけます。
「ダニエル・・・・・ベラスコ?」
ヘルハウス:ダニエル
タナーは見えない霊「ダニエル・ベラスコ」は、ベラスコの息子だと確信しました。

翌朝、タナーはライオネルに昨夜のダニエルの霊について話しました。しかし、ライオネルはまったく相手にしません。ダニエルという息子がいたこと自体、どうしてわかるんだと怒ります。
タナーも負けじと反論し、朝の食卓が不穏になった途端、食器が割れだします。
ヘルハウス:ポルターガイスト
机は大きく揺れ、食器がライオネルを襲い、最後はシャンデリアがライオネルめがけて落下してきます。
間一髪、避けたライオネルですが、このポルターガイストがタナーの仕業だと言い出します。
霊を否定しているのに・・・

感受性の強いタナーは、毎夜ダニエルの霊が自室にやって来るのを感じます。
しかし、それはだんだんと悪意を持ってタナーを傷つけようとしてくるのです。
ダニエルの霊を解放しよう!とタナーは一大決心をし、巨大な洋館をグルグルと捜し回ります。

そんな中、アンの様子もおかしくなっていきます。
何かに憑りつさかれたように、淫靡で妖艶な雰囲気を漂わせて、フィッシャーの前に現れます。
ヘルハウス:エロいアン
フィッシャーに裸体を見せ、誘うアンに、フィッシャーは目覚ましのキツイ平手を浴びせます。
気が付いたアンは、自分の行為に唖然とし、泣いてライオネルの部屋に戻るのです。

たいした活躍のないフィッシャーですが、やはり霊能者ということもあり、人知れず霊障の被害に遭っていました。激しく痙攣して苦しむフィッシャー。
ヘルハウス:フィッシャー苦しむ
ゆっくりですが、屋敷は4人をジワリジワリと追い詰めていくのです。


そしてとうとう、タナーはダニエルを発見しました。
しかし、ダニエルの姿は変わり果てており、その場に呼んだライオネルからは「これがダニエルだという証拠はない」と罵られ、散々な結果になってしまいます。
ヘルハウス:ダニエルのミイラ
それでもタナーはダニエルとおぼしき遺体を、屋敷内の庭に丁重に埋め、除霊したのです。

しかし、その晩、タナーが霊に襲われます。
「そんな・・・除霊してあげたのに・・どうして?」
タナーは金切り声をあげ助けを呼びます。フィッシャーが部屋に飛び込んできました。
意識を失ったタナーはゆっくりと目を開けます。
ヘルハウス:タナー豹変
タナーの様子が変です。
アンが妖艶になったように、タナーもフィッシャーを誘っているようです。
しかし、タナーの意識が必死で戦っているのか、意識が混沌としているようでした。

期日の最終日、ライオネルは満を持して、自信作の巨大装置を発動させることにしました。
発動すれば、屋敷内にある霊的エネルギーが機械のエネルギーと相殺され、屋敷はクリーンな状態になるというのが筋書きのようです。
そこへ、おかしくなったタナーが乱入。機械を壊そうとします。
ライオネルはタナーを殴り機械を発動させます。
ヘルハウス:機械発動

発動時、エネルギー放出のためライオネルたちは外に避難していました。
そして屋敷に戻ると、フィッシャーは霊を感じないと喜びます。
実験が成功したと安心するライオネルですが、タナーが見当たりません。
殴って気絶させてた彼女はどこだと捜します。

タナーは屋敷内の礼拝堂で死んでいました。
ヘルハウス:タナー死亡
巨大な十字架の下敷きになり、見るも無残です。
さすがのライオネルもショックを隠しきれませんが、自分の実験が成功したんだと言い聞かせ、データ整理を始めました。
すると・・・機械の調子がおかしい。
何事かと見ていると、装置が爆発しライオネルは顔を損傷してしまいます。



夫がいない事に不審を感じたアン。
まさかと思い、タナーの死体がある礼拝堂を覗いてみるとそこには、ライオネルの死体が。
ヘルハウス:ライオネル死亡

アンはフィッシャーに「早く屋敷から出よう」と泣いて乞います。
しかし、フィッシャーは何かに気がつきます。
ヘルハウス:最後の戦い
伏せていましたが、死んだタナーは死ぬ間際にダイイングメッセージを残していました。
そのヒントと、ライオネルの死に方を見て、フィッシャーは閃いたのです。
礼拝堂の恐ろしい霊気に立ち向かいながら、フィッシャーは叫びます。
「お前は自分の姿が醜くて、屋敷じゅうの窓を作らなかったのだろう」
「お前は自分の背が低くて、人の目から避けて生きてきた情けない男だ」

礼拝堂のステンドグラスが割れ、その奥には・・。
ヘルハウス:ベラスコの遺体
ベラスコの遺体がありました。
防腐剤を施してあり、まるで生きているような姿。
しかし、その足は両足とも義足であり、100センチもなかった身長をごまかす為、長年ひた隠しにしていたようです。
余談ですが、この時のベラスコの死体。驚くほど呼吸をしています。
役者さんが踏ん張りきれなかったのか、アンが「死んでるの?」と言うまで生きていると信じて疑わなかった私。
芝居は大変ですね。

フィッシャーとアンは、期日の時間を迎え、屋敷を去るのです・・・。
ヘルハウス:生き残った者


私にはとても消化不良の映画でした。
洋館の怪しさはしっかり映像で描かれていたし、登場人物が少ないので混乱を招くようなこともなかったんですが、どうしてもね・・血糊がね・・少ない
だったら借りなきゃいいだろうって思われるかもしれませんが、ホラーの定義は血糊で計るようなモノではございません

<本日の映画教訓>
日本家屋での設定だったら最恐だっただろうなぁ。
スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは(^-^)
お伝えしていたエラーは多少よくなりました。完全に解消した訳ではありませんが(+_+)
ヘルハウス…やはりおどろおどろしさは邦画にはかなわないっぽいですね(笑)
でも、きちんと謎が解明されて一段落なのはよかった(*^-')b

スマホに…

トラキチさん、改善が完全じゃなくて私も不本意です(゚Д゚)
ぜひ、スマホに切り替えましょう(笑)
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR