FC2ブログ

ホラー映画『悪魔の棲む家 2005』

人気があるのはわかるけど・・・
51nBxelaeJL.jpg
オリジナルが発表されたのは1979年。
2005年にリメイクされるまで6作もシリーズ化されています。私はオリジナル以外は観ていませんが人気があるんですね。やはり実話だから?そして今でも買い手を待っている「家」が現存しているから?
日本の呪怨と二分する「住んではいけない家」の決定版でしょう。




まずは「デフェオ一家殺害事件」をおさらいしてみましょう。


1974年、オーシャン・アベニュー112番地で起きた長男の犯行による一家殺害事件。

ライフルで両親、弟妹の計6人を殺害したのです。
20170720233356ff8.jpg
長男は当初、犯行を否定していましたが、後に「頭の中にいる何者かの声に『殺せ』と命令された」と自供しています。


これだけ聞くと恐ろしいですね。


幸せと思えた一家ですが内情は違うようで、長男は麻薬中毒者でした。

少なからず精神疾患はあったようですので、事件を起こした時も興奮状態だったのかもしれません。
201707202333568c3.jpg
この独特な「顔」のような家。事件を象徴しています。




長男が書き残した謎の言葉。これはフィクションでしょうかね。
2017072023335651a.jpg
結局のところ、長男が殺害した事は事実ですし、原因は麻薬によるものなのか、彼の言うように「誰かの命令」によってなのか闇の中です。





殺された家族、特に幼い妹や弟たちは気の毒です。
20170720233356925.jpg
愛する兄に殺されるなんて誰が想像したでしょうか。



当時、メディアは大々的にこの事件を取り上げました。本当に恐ろしい事件です。
201707202333567be.jpg
長男は無期懲役の判決を受け、現在も服役中とのことです。



作家のジェイ・アンソンは、この事件をベースにthe amityville horrorという小説を書き上げました。本作「悪魔の棲む家」もデフェオ一家殺害事件を元にして制作されました。


そんな殺人事件があった現場の「家」に、格安で飛びついた夫婦。
20170720233356201.jpg
ラッツ夫妻です。

「事件」があった事も承知の上での購入。

豪邸ですから、家族5人で住むには十分過ぎるほど。一生懸命に働いて得たお金をつぎ込む価値はあると踏んだのです。
20170720233455499.jpg
3:15は事件が起きた時間。
前住人の所有物がそのままだなんて、気持ち悪いですね。


引っ越してからすぐに心霊現象が始まります。


まあ、普通に霊がコンニチワですよ。
201707202334552b6.jpg




まずは幼い娘が霊と会話し始めます。信じない母親。大人になると心がピュアじゃなくなるから?
20170720233455c95.jpg


少しずつ、子供たちは恐怖体験をしていくのですが、そんなにビックリする事はないです。少女の霊が出てくるだけ。これは長男に殺された末っ子だそうです。




本作はケッチャムという名前がキーワードになってきます。
20170720233455a0f.jpg


「家」は家主であるジョージをターゲットにします。


「家」自らが手を下すのではなく、ジョージを操って家族を襲うのです。
201707202334551f4.jpg

デフェオー一家の長男と同じですね。
人が変わってしまったように乱暴に、そして異様に寒がる夫。家を一歩出れば、いつものような優しい表情なのに、自宅に戻ると豹変するのです。子供たちにも暴言を吐き、すっかり萎縮した子供たち。


「家を出ましょう」
妻はそう言うと「お前がここに住みたいと言ったんだろう!俺は絶対にここから出ない!」と突っぱねます。

悲嘆する妻は神父に相談します。

「あの家か・・・」


あまりにも強力な力は、神父様のご祈祷くらいでは歯が立ちませぬ。蝿に襲われた神父は退散せざるをえません。
201707202334551aa.jpg


妻は独自に家の過去を調べます。



彼らが住む土地に住んでいたケッチャムは先住民に布教した聖職者。
ケッチャムは先住民を拷問・虐殺した経緯がありました。
2017072023355914c.jpg




彼がそのケッチャムだそうです。
201707202335597dc.jpg
唖然とする妻。
今まで子供たちが体験した恐怖、夫の豹変はすべてこの男が原因なの?




ラッツ家がこの家に越して28日目


自宅地下でケッチャムの霊と遭遇したジョージ。彼の返り血を浴びた後、ジョージはライフルを手に取り家族のもとへと向かいます。
2017072023355996e.jpg
果たして家族は助かるのでしょうか。





教訓:事故物件に入居する場合は、そうとうの覚悟を持て!
20170720233559f38.jpg



★★★★★★★
本作、ご存じかと思われますが「事実」と違う事で有名です。
それはラッツ家が28日後に家を飛び出したのは、霊的な事ではなく経済面の理由で立ち退かざるをえなかったというのです。
ちょっとトホホな結末ですよね。
現在、1億円で販売されているようですが次の入居者はいつでしょうか。



スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR