FC2ブログ

ホラー映画『REC4』

やはり1作目には勝てなかった。
20150131_1465112.jpg
1作目が「神」すぎて、続編が出されるたびにガッカリなREC。
やっと観れた4作目。原点回帰されるかと期待したPOVは今回も出ず、監視カメラの視点が「ほら、POVでしょ?」と言われているようで悲しい。アンヘラ復活は嬉しいが、ワガママおばさんにしか見えなくて、誰にも感情移入できず終了。
やはり1作目の恐怖は超えられなかった。



RECレビューはこちら
REC

REC2は駄作の為レビューしてないです。3もそれに近いが。

REC3レビューはこちら
REC3





まずは「原点」であるアパートからスタートです。
3は放っておいて、2まではこのアパートを主軸に描いておりました。
201709132335587cf.jpg
例のアパートで唯一の生き残りであるアンヘラを救出に来た特殊部隊。


4人(だったと思う)の特殊部隊は気が付けば2人しか生き残らず(弱っ!)、アパートは焼き払われるのでした。




場面変わって船内の監視カメラ。
20170913233558af5.jpg
船の医務室でアンヘラが縛られています。血液採取された彼女は状況が呑み込めません。医者は「ここは君が一番安全な場所だよ」とだけ告げます。




同じように状況が呑み込めない男、グスマン。
20170913233558446.jpg
彼はアパートに乗り込んだ特殊部隊の1人でして、船内でウロウロしている婆さんに遭遇します。明らかに婆さんがボケてそうでして、グスマンは足手まといと判断し、部屋にいるように促します。
(この婆さんは3の唯一の生き残りだそう)




アンヘラの血液検査をしている医者たち。その中で責任者であろうリカルテが怪訝な顔をします。
201709132338025a4.jpg
「彼女は陰性だ。あのアパートに6時間もいたのに」


陰性。

ゾンビのように人を襲い狂う、謎の奇病の事です。検査では陰性でも映画を観た人は、2のラストでアンヘラに何が起きたかを考えれば「おかしい」と思うでしょうね。
(気になる人は2を観てね)



こんな所にいられるかとアンヘラは逃亡、グスマンは船内捜索で彼女と出会います。
20170913233558aa1.jpg
デッキに出るものの、軍隊か?と思うほど重警備にあえなく御用です。責任者のリカルテが「本土には帰れないよ」と2人を説得。帰れないってどういう事?
本土はどうなってんの?




グスマンは船長のもとへ向かいます。今年定年を迎える船長は大金を積まれてリカルテ達を乗船させましたが失敗だったと嘆いています。怪しげな医療器具の使用で電圧が下がり、しょっちゅう停電が起きるそうです。
20170913233558755.jpg
しかも運が悪い事に大型台風が接近中。
舞台は整いました。



アンヘラたちが持っていてた取材カメラを通信士のニックが復元中。
2017091323355859d.jpg
ニックはアンヘラの大ファンなので、彼女に会わしてもらえればカメラを至急直すと言います。通信士のニックにかかれば、船内の監視カメラをハッキングするのはお手の物。
グスマンはひと際重警備な部屋を見つけます。「なんだろう?」



陰性とわかったアンヘラは拘束を解かれますが、恐怖で夜中に船内をウロウロしてしまいます。そこでグスマンと鉢合わせ。船内調査をしていたんですね。
しかーし!これが伏線になろうとは!!気が付くか!



医者たちは必死に謎の研究をしていますが、警備にあたる者は退屈そのもの。楽しみと言えば食事タイムくらい。
201709132338029a9.jpg
ここでようやくグスマンと行動を共にしていたルーカスが合流します。彼だけ検査が遅かったようで解放に時間がかかったようです。


解放されたとはいえ、監視されているのは違いない。
どうにかしなければ。

例のボケ婆さんが違う料理が食べたいとダダをこねだします。優しいルーカスはコックがいる調理場に向かうのですが。



コックは奇形猿と戦っていた!
2017091323380258f.jpg
鍋で猿を焼き殺したものの、コックは噛まれてしまっています。

猿の状態からすると、キャリア持ち。あえなくコックは感染。調理場の料理や食材もすべて感染。


料理を食った人間は、目が充血し熱っぽい。
2017091323380282e.jpg
1から続く感染者の症状が出ています。


んなこと知らないルーカスがコックを呼びに行くと、変貌したコックに襲われます!何とか冷蔵室に閉じ込めることはできましたが、瞬時に何が起きたかを理解できるルーカスが凄い。


「みな!料理を食べるなー!!」


遅いっちゅう話です。
ほぼ半数以上(しかも屈強な男たちばかり)が感染し、船内は大混乱です。



リカルテたちも、猿が1匹逃亡していたことを知っていて、グスマンたちと合流。
201709132338026d0.jpg
リカルテの手には新解毒剤が。猿を使って作り出したそうですが、それを例のコックに試してみるそうです。グスマンを指名し、いざコックとご対面!!





怖くないわ!!
20170913233802a05.jpg
ひーっとなりながらも解毒剤を打ってみます。
・・・・
・・・・
・・・・



効かねー!



「どんどん変わってきている。やはりオリジナルの血でなければ」



ん?

血液とな!?


ルーカスはアンヘラ救出時、こっそり感染者の血をアパートから持ち出したようです。依頼者は神父たち。
201709132339154a3.jpg
この映画の特徴で神父は医者であり、かなりの権力を持っています。
2も神父が主人公的にウロウロアパートを歩いてましたし。私、そっちの謎が知りたいわ。



どちらにしろ、今更ルーカスを責めても意味がない。

食料も汚染され、船内は感染者だらけ。


狭い通路で感染者と出会おうものなら・・・
20170913233915714.jpg




まともな武器もないのに苦戦必至!
201709132339158e2.jpg
アンヘラは恐怖で動けないし、婆さんは問題外(笑)




いつかはヤラれる・・・
20170913233915492.jpg


気が付くと婆さんがいない。どこ行ったん( ;∀;)
グスマンを騙していた反省も込め、婆さん捜しに出かけるルーカスです。武器もないのに大丈夫かなぁ。

グスマンとアンヘラは船長に会いに向かいます。



一方、オリジナルである屋根裏部屋の少女の血がないため解毒剤が作れないリカルテの落ち込みは相当なモノ。
20170913233915cb7.jpg

ニックがビデオカメラを復元したことで事実を知ります。



アンヘラの体内に潜り込む寄生体!!
2017091323391519a.jpg
これは2のラストシーンですな。

そう、私たち視聴者はアンヘラの体内に「寄生体」がいるものだと信じています。


「アンヘラを捜せ!手術だ!」



その頃、婆さんは感染してて見事な顔に・・・
201709132340292e2.jpg
悲痛な面持ちで手に入れた銃で射殺するルーカス。





うわー、銃声でいっぱい出てきた~!!
20170913234029cde.jpg
とことんツイてないルーカス。




リカルテに捕まったアンヘラ。
グスマンに「私は感染していない!」と助けを求めますが、世界を救うためだと説得されうな垂れます。
2017091323402978e.jpg
ショックを隠し切れないアンヘラに麻酔無し(!)の手術がスタート!





んがっ!邪魔が入りアンヘラが逃亡。
20170913234029a3b.jpg
船内は血だらけ、感染者だらけでアンヘラを捜すのは至難の業でしょう。




おいおい、ここに来てようやく監視カメラの登場か?
201709132340291e5.jpg
遅いっちゅーねん。POVちゃうやーん!


アンヘラの目の代わりになっているニックは、アンヘラに無線を持たせて脱出経路を指示します。大好きなアンヘラだけど、もし感染者やったらどうするん?
それは少しニックも思ってたようで「本当に普通の君かい?」って質問をすることも。



リカルテと再会したアンヘラは、自分が陰性である証拠としてリカルテの手を噛みます。
201709132340298cd.jpg
「自分で調べてごらんなさいよ!私が陰性だと知ることになる。そして政府に私を追跡させるのを止めさせなさい!」


アンヘラの言ってる事がちょっとわからないのですが、政府が動いているとどうしてわかったのかしらん?ま、こんな巨大な船を購入できるのは政府くらいだと思ったのか。

けど、例のごとく神父集団かもしれんしなぁ。


リカルテはアンヘラに言われた通り血液検査を実施。

結果は




陰性。


唖然とするリカルテ。じゃああのビデオ内に映っていた寄生体はどこに?

「私が感染してないってわかったでしょう」
いつのまにかアンヘラが部屋にいます。ビックリするわ、付いてきたんか。

と、そこへグスマン登場。
これにはアンヘラも驚いた様子です。ここにいる理由を問いただしてもハッキリしない。


アパート・・・あの時、あの場所・・・
20170913234136c8e.jpg
私はグスマンと2人しかいなかった。


次のより良い体に乗りうつるため・・・




「バレちゃしょうがないね」
20170913234136bf3.jpg
グスマンに乗り移ってたんか!!



まったく気がつかんかったわー。アンヘラ、実はいろいろとグスマンの行動を疑っていたようです。さすが人気レポーター!洞察力が凡人とは違う。


もっとショックだったのは、この2人の会話を聞いていたリカルテ。


もうおしまいだと船内に設置していた起爆装置を作動させます。
20170913234136fc6.jpg






感染者だらけの狭い通路を逃げるため、ニックとルーカスは武器として
201709132341366dd.jpg







ボートのスクリュー!
20170913234136370.jpg
頭なんか細切れにしてやんよ!




ああ、ルーカスがヤラれたっ!ニックはただ見てるだけ!何とかせーや!
2017091323413696b.jpg

半泣きでその場を離れたニックは、リカルテと遭遇します。積年の恨みじゃ!とスクリューでブン殴ります。
そこだけ強いんかい!




大好きなアンヘラとケーキ入刀の如く、感染者や猿たちをスクリューでメタメタ!
20170913234230def.jpg
このシーン、一瞬「ブレインデッド」っぽい。一瞬ね。


こんな所でニックが活躍するんかよ、ショックやな。私はルーカス推しやったん。




逃亡中、グスマンと最後の戦いがありますが、あっけなくアンヘラの勝利。
201709132342304c1.jpg



爆発前の船外へと脱出できたのでした。
今回の生存者はニックとアンヘラの2名のみ。




おっと、海中に落っこちた寄生体もいたね♪
20170913234230e6f.jpg


★★★★★★★
こんな結末かといったとこです。
舞台が船に移っただけで、進展がない。このレビューのみを読んだ方は、ウィルスや寄生虫が「元」になっているのでは?と思われるかもしれませんが、実は悪魔の仕業なんですね。悪魔かよ!神父が出てくるのは1からですが、まさかゾンビ感染原因が悪魔って。
・・・ま、他の映画との差別化を図ったと思っておきましょう。事実、1は傑作でしたから。1の主人公、アンヘラが再び登場しましたが、引き継いだのは強引な性格のみ。なんならさらに悪化している気がします。シワも気になった(そこ?)
グスマンも乗船時に血液検査をしたけど陰性だったんですよね。・・・陽性でないとおかしいけど、母体だからかな。はは、もうこんなんばっかりが目についた作品でした。残念!



スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR