FC2ブログ

『震える舌』

ホラー映画より滅入る。
51q6ziqRgfL.jpg
何十年も気になっていてようやく観た。
思い返せば幼い頃、レンタルビデオ店で見たパッケージは強烈でした。40歳になってトラウマになる事はなかろうと思った。けど決してハッピーになれない内容だった。
特殊技術を使ったホラー映画でもない。本当に当時の日本であり得る話だから怖いのだ。
特筆すべき点は幼女役の演技か。彼女無しでは成り立たない映画だった。
現在、衛生面・医療技術が進んだ日本に住めて、心から安堵した視聴者は私だけではないだろうな。



この映画の本当の主役といえる『破傷風』について
280px-Clostridium_tetani.jpg
土壌中に生息する嫌気性の破傷風菌が、傷口から体内に侵入することで感染を起こす。
一般的には、前駆症状として、肩が強く凝る、口が開きにくい等、舌がもつれ会話の支障をきたす、顔面の強い引きつりなどから始まる。
最悪の場合背骨が折れることもある。
徐々に、喉が狭まり硬直する、歩行障害や全身の痙攣など重篤な症状が現れ、最悪の場合、激烈な全身性の痙攣発作や、脊椎骨折などを伴いながら、呼吸困難により死に至る。


現在でも年間100例ほど報告されている、決して0ではない症例なのです。

このタイトルロゴを見よ!!
2018012223230971a.jpg
ホラー映画ではないのに既に怖い。



千葉の団地に住む一家の娘。
昌子(若命真裕子)が泥んこ遊びの途中に怪我をします。
20180122232309a32.jpg
ほんの小さなかすり傷。これが一家を地獄に落とす事になろうとは!!


体調がすぐれない娘に最初に気が付いたのは、母の邦江(十朱幸代)でした。
当初、風邪と診断されたけれど一向に良くならない。

食事も摂らなくなり、夫の昭(渡瀬恒彦)は厳しく昌子を叱責します。しつけだと思ってるんですよね。
201801222323096de.jpg
(マンション内の構造が昔住んでた団地によく似ているwww)



父親のしつけに、ストレスなのか、昌子は人形の髪を切る行為を始めます。
20180122232309f6f.jpg
「あなた、もう少し昌子に優しくしてあげてよ」
「しつけは大事なんだよ」

間違ってはないですけどね。


ある日、夫婦は娘の足取りがおかしいのに気が付きます。
20180122232309453.jpg
フラフラとおぼつかない。

そのまま布団に倒れ込む昌子。


「まーちゃん、足どうしたの?」
「・・・言えない」
20180122232309aeb.jpg
様子がおかしいので、明日もう一度病院に連れて行くと邦江は昭と話します。



その夜。
夫婦仲はすこぶる順調でして、お互いイチャイチャしてたら
201801222324265dc.jpg



ギャーーー!!!



昌子の悲鳴が聞こえ、慌てて駆けつけると、身体を強張らせて痙攣しているではありませんか!
20180122232426fc4.jpg
激しい痙攣と、自分の舌を噛み切ろうとしているので



何とか指で口をこじ開けようとするのですが、うまくいかず割り箸を突っ込む事に。
2018012223242600d.jpg
救急車を呼んで病院に駆け付けたものの、医者は診断が下せず。

翌日、大学病院で診察してもらうと「心因性のストレス」だと言われたのですが、脳を検査してみないことにはと、ここでもたらい回しです。

大学病院の小児科部長(宇野重吉)は、昌子の身体を丁寧に診察します。
20180122232426ae5.jpg
「かっけ」ってありますよね。
膝を道具でコンッと叩くと足がビョンッとあがるやつです。その診察をした時の昌子の反応に小児部長は首をかしげます。

精密検査が必要


各科で検査を回り、昭たちも疲労気味ですが、一番かわいそうなのは昌子。
2018012223242681b.jpg
激痛を伴う(たぶん脊髄採取?)検査に「いたい・・・」と泣き出します。

夫婦も見てられません。
もしかして「重病?」と不安がよぎるのは無理はない。

風邪⇒心因性ストレスときて、どういう診断が出るのか。

昭は小児部長に呼ばれます。

「破傷風です」

昭は「脳の病気じゃないのか」と安堵しますが、小児部長は制止します。

「致死率が非常に高く、日本でも事例が少ないんです。山場は2~3日でしょう。新薬が出始めたばかりなので効果に期待しましょう」
小児部長の言葉がまるで念仏に聞こえます。
自分の娘が破傷風!?
嘘だろ。



昌子に担当医が付きます。
能勢(中野良子)は「回復するよう全力を尽くします」と励まします。
20180122232426bc8.jpg

昭たちの生活は一変しました。
昌子の発作は、音・光・振動などちょっとした事が引き金となるので、片時も目を離すことが出来ません。
個室はカーテン以外にも暗幕が張られ、必要最低限の入退室厳守。

小児病棟ですから、子供たちの騒がしい声でさえ昌子には命取りとなるのです。



昭の同僚(蟹江敬三)が見舞に来ました。
「期限はないから、昌子ちゃんの側についてあげろ。しかし、破傷風とはなぁ」
20180122232543961.jpg
昌子は今、必死で戦っています。
昨日までは普通の生活だったのに、どうして破傷風なんかに・・・。


昌子の口をこじ開けた際に、指を負傷した昭。
化膿してきました。
「もしかして自分も破傷風になるんですか?」
2018012223254325c.jpg
治療にあたった能勢は「感染はしませんわ」と笑います。
本当なのか?昌子に次いで自分も破傷風にかかっていれば大変な事になる!



席を外した能勢のデスクにある資料を食い入るように見る昭。
20180122232543077.jpg
昌子は・・・そして自分はこのようになって死んでいくのか!?



寝ずの番をしている2人は、二日目にしてダウン気味。
静かに寝ていればいいのですが、昌子の発作時間は決まっていない。
2018012223254348d.jpg
邦江に「お前は休め」と促しますが、寝れるわけない!と口論に。

少しずつ、仲が良かった2人に亀裂が入ります。



昌子の発作は日に日に悪化しています。
201801222325430b9.jpg
ギーギー!と獣のように叫び、海老沿った身体はガタガタと震える。



夫婦も大変ですが、医者や看護師も必死です。
20180122232543381.jpg




2時間おきに発作だと、休憩中や診察中にも中座しなければならない。
201801222326422e1.jpg
回復の兆しが見えない昌子。

呼吸器系の筋肉が硬直してチューブが通らない為、開胸手術に踏み切るまでに。


しかし医者たちのナイスアイデアで手術は回避できました。
20180122232642542.jpg
つまりは歯を折ってチューブを差し込むのです。

呼吸が出来なければ死んでしまう。


医師の咄嗟の判断が功を奏したのですが、体力は限界の昌子。
20180122232642eb0.jpg
生き永らえているのが不思議なくらい。

小さな体は、小さな菌によって蝕まれている。
そして戦っている。

大人は見守るしかできない。
20180122232642769.jpg
やつれた邦江に、遠方から飛んできた母は「少ないけれど昌子の為に」とお金を渡します。

代われるものなら代わってやりたい。
どうしてうちの娘だけが。
続く発作に家族全員が地獄に落とされたようなのです。


「これ以上娘を苦しめないで!」
201801222326421fe.jpg
医師の治療を昌子への攻撃と思った邦江は限界でした。

昭は邦江を自宅に帰します。

昭も限界に近づいてきました。


そんな中、昌子の様態が急変!
201801222326422b3.jpg



駆け付けた邦江の目の前で・・・
20180122232729324.jpg



昌子の命は尽きようとしています。
20180122232729e1e.jpg




昭も真っ青です!!
201801222327297a0.jpg



能勢たちも蘇生に必死です!
20180122232729665.jpg



昌子は果たして助かるのでしようか。

★★★★★★★
名匠、野村芳太郎の手堅い演出と、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調が相まって、上質な映画に仕上がったと思います。
ウィルスが蔓延するパニック映画はたくさんあれど、1人の少女をここまで痛めつけた作品はあったであろうか。
本当に出演者の心情を見事に描ききってます。素晴らしい!冷たいなと思っていた医師の能勢ですが、最後の笑顔にヤラれた!中野良子の演技、見事。ビデオパッケージに騙されてはいけない!これは名作だ!
約40年前の作品なのですが、ちっとも古く感じないおススメ映画です。


最後が気になるかと思いますが、昭たちの姿↓
2018012223272976e.jpg
満面の笑顔。

伝わるかな??





スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR