FC2ブログ

『The Conjuring 2』

最初から怖かったわー(((;゚Д゚)))
ba80927352335e0f.jpg
2018年もホラー映画レビュー頑張ります。よろしくお願いします!
今年最初の1本ですから、自分が好きなパトリック・ウィルソン狙いで本作をチョイスしました。それに最近「アナベル」を観ましたからシリーズ系は制覇したいですしね。死霊館シリーズの2作目です。時系列がややこしいですね。また整理しなくては。それと3作目が本国で公開されてるみたいで、人気なのか必死なのか(両方だろう)、商魂たくましいと思う。
シリーズ系制覇で思い出したけど、「13金」と「ヘルレイザー」が止まっている。てか、これらに関してはもういいかも(-_-;)



関連レビューはこちら↓
死霊館
アナベル


冒頭に出てくるこの有名な家。
「悪魔の棲む家」の舞台となったラッツ家ですよ。
2018010121521517f.jpg
ホラー映画ファンなら感涙モノでしょうね。




この家で起きた惨劇は十分に有名ですから説明は省略するとして、早々に私の愛するパトリック・ウィルソンが登場します♪
20180101215215ad4.jpg
心霊研究家のウォーレン夫妻はこの家で何が起きたかを透視するのです。主に妻のロレインが透視担当です。




ロレインが見た白目の少年。
20180101215215851.jpg
この子も有名ですよね。実際に心霊写真がありますし。←後にねつ造だという情報あり




↓このように、透視中は自分を客観的に見る事が出来ます。ロレインの強力な能力がなせる業。
20180101215215579.jpg
白目少年についていくロレイン。
すると・・・




うわぉっ!
20180101215215c42.jpg
シスターがロレインを襲ってきます!
そこで意識が戻り、夫のエドが「何を見たんだ?」と心配げ。

能力(仕事)とは言え、こんな恐ろしい体験をしなければいかんのですから心霊研究家は大変な職業だ。
ロレインは今後、このシスターに付きまとわれる事となります。



1977年。
イギリス、エンフィールド。
20180101215215830.jpg
本作の被害者である子供たち。特に赤い帽子を被っているジャネットが今回の一番の標的になります。



ジャネットを含む4人の子供を育てるシングルマザー、ペギー。
201801012154485af.jpg
離婚した夫からの養育費はなく、貧しい生活で疲労困憊です。良き母親なのですが貧しさゆえに、つい4人の子供たちに辛く当たってしまう。



その夜、ジャネットは隠し持っていたウィジャボードで姉と遊んでみるものの。
20180101215448d2f.jpg
ジャネットの呼び掛けには反応せず、2人はガッカリして就寝します。この行為が恐怖の始まりでした。




その頃、ウォーレン夫妻は討論番組に出演。わかっていたといえ、懐疑的な出演者にボロクソに反論される始末。
20180101215448913.jpg
エドは憤慨し、ロレインは苦笑します。こればかりは自らが「体験」しなければ、決して理解できません。



平行してジャネットの奇行が始まります。まずは夢遊病。そして誰かと言い争う。
2018010121544814d.jpg
同部屋の姉も気味悪がります。




末っ子のビリーも経験します。ただ母のペギーが確認しても何もない。
2018010121544802e.jpg
外国の家は広いから、家の中でテントが立てられるよねぇ。子供は楽しいだろうなぁ。



ジャネットの夢遊病はエスカレートし、寝室から遠く離れた1階のリビングのソファーまで移動しています。
201801012154482eb.jpg
しかもこの時のジャネットは高熱で、安静の為に翌日は学校を休ませたペギー。




独りぼっちで家にいると、ソファーが気になって仕方がない。
20180101215605f72.jpg
観ていたテレビのチャンネルは勝手に変わるし、怖い・・・






「ここはワシの家じゃ!!!」
20180101215605420.jpg
これは私がビビッたわ!
おどかし系はアカンて!心臓飛び出そうやったやん!!



一方、ウォーレン夫妻も不穏な空気に包まれています。
夫のエドが見る悪夢。
20180101215605cf3.jpg
「絵を描いたら振り払えるかも」
エドの絵にロレインは絶句します。自分が出会ったシスターだからです。どうしてエドの夢に出てくるの?これは良くない前兆だ。

ロレインはエドに「しばらく仕事を控えましょう」と懇願します。何かを感じたエドは承知しました。


遠く離れたエンフィールドでは怪奇現象が続きます。この夜もジャネットは何かに襲われるのですが。
「ああ、こうやって怖い目に遭うのは一部の人間だけで、もどかしい状態で進んでいくのかな」と予測してたんですけどね。


姉も経験しちゃうんです。寝ていたベッドが飛び跳ねまくる!!
201801012156051f7.jpg
必死で母のペギーに訴える姉妹。


「いい加減にしなさい!!」
ペギーは娘たちの言葉にウンザリ。



キャー!!
20180101215605c15.jpg
箪笥が動いた!!
泣き叫ぶ娘たちを抱きしめながら、唖然とするペギー。いったいどういうこと!?



道を挟んだ隣家に助けを求めたペギーたち。この隣家家族がとても良い人でして。警察も呼んでくれた。
20180101215605604.jpg
何故なら心霊現象だと思っていないから。
到着した警察と共に、家の中を捜索していると物音がします。一気に高まる緊張。
すると、警察とペギー、隣家さんの見ている前で椅子がサーッと動いた。





「教会を紹介します」
20180101215727dcc.jpg
警察の手に負えないと判断され、絶望するペギーです。


一方。

ウォーレン家族にも。
20180101215727e67.jpg
一人娘が見たモノ。
(彼女、両親の力を継いでいて幼い頃から霊感がある)




もう、怖いやんか!!
20180101215727103.jpg
何で廊下にシスターがおるん( ;∀;)

エドの仕事部屋に消えたシスターを追いかけたロレイン。



エドの描いた絵に同化したシスターに襲われた!!!
20180101215727da7.jpg
絵から足が生えていてちょっと滑稽やったです・・・。
この時ロレインは、エドが尖った大木に貫かれて死亡する予知夢を見ます。このシスターは明らかにエドを殺そうとしている!




エンフィールドでは、「怪奇現象が起きる家」としてペギーたちのもとへマスコミが押し寄せます。

モーリス博士と取材クルーは、カメラを回して家族に質問を始めるのですが。
2018010121572705c.jpg
ジャネットの様子がおかしい。

明らかに声が低くこもり、目つきもおかしい。モーリス博士に「お前は誰だ」と質問されたジャネットは「ビル・ウィルキンスだよ」と答えます。

「72歳でそのソファーに座って死んだ」

一斉に機材がパンッと鳴り、現場は騒然とします。
意識を取り戻したジャネットは泣きながら二階へ逃げてしまいました。
わらをも掴む思いでマスコミに頼ったけど、娘に一体なにが起きているの?ペギーは悲しみに暮れてしまいます。



心優しい隣家の提案で、隣家で過ごすことにしたのですがっ
20180101215727295.jpg
もはや全員が恐怖体験を味わう羽目に。
2メートルはあろう、デカいモンスターが出てきた!!



このモンスターはジャネットでした。ジャネットの心身は崩壊寸前です。
20180101215848788.jpg
もはや一刻の猶予もありません。




教会は、ペギー家で起きる現象を調査しろとウォーレン夫妻に依頼します。
20180101215848e55.jpg
ロレインは乗る気がしません。エドが心配だからです。しかし、苦しんでいる家族を見過ごすわけにはいかないし、調査だけならとイギリス行きをエドは承諾します。
「僕を守ってくれ」
ロレインを抱きしめます。



イギリスに到着した夫婦を迎えに来たのはモーリス博士でした。ペギー家に起きる現象を引き続き調査していたようでして、ポルターガイスト等を目の当たりにし、証拠もあると興奮気味です。
201801012158480a9.jpg
南京錠で施錠されたジャネットの寝室が一番現象が起きる現場だそうで、ご近所さんから頂いた十字架が壁一面に貼られていました。
「効果は?」
「ないわ」


ご愁傷さまです。

日々怪奇現象に悩まされ、学校では友人に避けられ悲しむジャネットを慰めるロレイン。
ロレイン自身もジャネットと同じ境遇なので理解できるのです。
「でもね、1人でもいい。自分を理解してくれる人が現れたら」
「・・・その人とはどうなったの?」
「結婚したわ」


おのろけですか。いやいや、確かに人生の伴侶が自分の稀な能力を理解してくれるだけで救われますよね。ロレインは幸せだ。




例のソファーにジャネットを座らせ、ビル・ウィルキンスを呼びたすことにしたエド。除霊ではなく調査に来ましたから証拠集めが必要です。エクソシストの判断はとても難しいんですよ。
2018010121584884e.jpg
恥ずかしがって出てこないので、全員がジャネットに背を向けて会話を始めます。恥ずかしがるって(汗)

ビル・ウィルキンスはこの家の住人だと告げます。
「家族を捜しに来たのだ」
「家族はもう他に越していないよ」

このまま調査を続けるため、ウォーレン夫妻は家に泊まる事になりました。
何かあってもすぐに駆け付けれますしね。


その晩、ジャネットは施錠された部屋にテレポートします。恐怖で震える眼前で十字架がすべて逆さまに!
20180101215848db6.jpg
ジャネットの悲鳴で全員が飛び起きます。
施錠されている部屋にどうやって入ったんだ?全員がパニックになっている時、ペギーばドアの隙間からビル・ウィルキンスの霊を見ます。

ようやく鍵を開け、目に飛び込んできたのはカーテンに首を絞められるジャネットの姿。

エドはロレインを見ます。
ロレインは首かしげるばかり。
不可思議な現象が起きているけど「霊的なものを一切感じない」。ビル・ウィルキンスが本当の原因なの?

証拠=霊が存在している

現時点でロレインはこれらの現象がそうなのか決められません。



クリスマス。
ジャネットと別居中の家族を元気づけようと、エドが歌を披露します。
子供たちが大好きなエルビス。
2018010121584803e.jpg
I can't help falling in love with you~♪

↑この時、エドがロレインを見つめながら歌ってるんですよ~。か~、妬けちゃうよっ!!


少しだけ平穏な時間が流れる幸せ。

水道の調子が悪いと言うペギーの依頼で、地下に降りたエドは浸水している惨状に驚きます。腰まで浸かりながら水道管を絞めていると、ペギーが何者かに襲われます。


襲われただけでなく噛まれていて、クッキリと歯形が付いていました。水中で見つけた入れ歯と一致し、噛んだのはビル・ウィルキンスと判断しました。
20180101215954257.jpg
入れ歯が地下に落っこちてるってどういうこと?




ペギーたちが地下にいた頃、子供たちがリビングで襲われ始めます。
キッチンに何かを感じた長男のジョニーが向かうと閉じ込められてします。包丁が飛び、家具がひっくり返り、もうやりたい放題だ。
20180101215954cf4.jpg
大人たちが行方不明になったジャネットを配電管の奥で見つけます。ビル・ウィルキンスの声で何かを訴えているジャネットの姿は異様で「どうやって入り込んだんだ?」と驚きを隠せません。




エドがカトリック教会に報告しようと決めた矢先、衝撃の事実が分かります。
先ほどのキッチンで起きたポルターガイストは、ジャネット自らが破壊活動をしていました。その様子を収めた動画を全員で見て絶句です。ペギーは「子供の力でできる事ではない」と必死に訴えますが
20180101215954594.jpg
た、確かに。
1%でも「ヤラセ」が分かった場合、カトリック教会はエクソシストを実行しません。

モーリス博士と共に、ペギー家を去る決意をしたウォーレン夫妻。
悲しみと怒りに震えるペギーに追い出された形ではありますが。
ロレインは相変わらず霊的なものを感じないままでした。今までの現象(ポルターガイストや、声を変えての演技)をジャネット自身が故意に行っていたのなら、ロレインの反応も間違いではない。


テープレコーダーやその他の資料は持ち帰るとして、列車に乗り込んだウォーレン夫妻。
車内でテープを落としてしまい、エドが拾おうとすると閃くのです。



ビル・ウィルキンスの声を録音したテープを同時に再生すると・・・
20180101215954493.jpg
「助けて アレが 俺を 放して くれない」




意識が飛んだロレイン。
目の前にはビル・ウィルキンスの姿が。彼は話します。
死んだ自分は家族を捜しに家に来ただけだと。
本当の根源ではない。ビル自身も何かに縛られ逃げられないのだ。

ではいったい何に!?



!!!
20180101215954a60.jpg
やはりこのシスターだったのか!シスターの姿をした悪魔の仕業で、ロレインの能力は失われていたようです。

ジャネットが危ない!!
ウォーレン夫妻は急いで戻ります。





「確かに私がキッチンで暴れたわ。けど、そうしないと家族を殺すって」


優しい心を利用されたうえ、とうとう悪魔に乗っ取られてしまったジャネットはどうなるのか。
20180101220024d89.jpg
ウォーレン夫妻は彼女たち一家を救うことはできるのか・・・。


★★★★★★★
冒頭から有名事件を出してくることで掴みはOK。
一気に引き込まれていきます。今回は史上最長の怪奇現象として認知されている「エンフィールド事件」です。ググると衝撃画像がポンポン出てきますよ。時代は1977年だと世間からインチキだと相当叩かれたでしょうが、インチキと呼べる範ちゅうを超えているのがいっぱい証拠として残っているんですよ。映画と同じで警察官も体験してますから。
エドが討論番組で罵られたように、信じる者・そうでない者で変わってくるのです。経験しないと一生わからないのです。
今回もパトリック・ウィルソンは男前でした。あの厚い胸板に抱かれたいモンです。ウッシッシッ。

スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR