FC2ブログ

『Zombie3』

草葉の陰でフルチは泣いている
サンゲリア2
ゾンビ映画を語るうえで、避けては通れない作品だろう。無意識に避けた人は正解である。危機管理能力が長けている。
ロメロのゾンビをパクッた前作「サンゲリア」の反省はなく、今回も節操なくパクッた様子。ゾンビ3って何よ。2はどこよ?「サンゲリア」の思わぬ?ヒットを受け、続編のメガホンを取ったのは再びフルチ先生。
ところが観賞してみるとフルチ先生が得意としているグロにキレがない。完全にギャグ映画になっている!どうしたのだろう!それもそのはず。フルチ先生は体調不良で数テイクしか撮影しておらず、残りは愚策王子マッティによるものだった!
おかげで目も当てられない作品となってしまい、草葉の陰でフルチも泣いているだろう。クレジット名が消されないのはフルチの偉大なる貢献(興業目当て)のため。
世の中、駄作でも後世に残りえる事もあるんだという良い例であります。



神作 サンゲリアのレビューはこちら↓
サンゲリア



どこを切り取っても珍シーンばかりで、失笑するか怒り出すかのどちらかであろう。
とにかく編集が下手過ぎ。良い感じのシーンも間延びすりゃ怖くないってば。
軍から要望のあった極秘ウィルス「デス1」の研究。
20190115222415774.jpg
人間をグチョグチョに変形させて、どこが成功なんでしょう。




やっぱり失敗だったので、科学者たちはデス1を軍に返還することに。
あ!テロ組織にデス1を奪われた!
20190115222415036.jpg
たった2名のテロリストに!

まあテロリストも逃走中にデス1に触るというお膳立てをしてますから。
感染せねば話が進みません。お約束。


テロリストを見失ってしまいましたが、破壊されたデス1は発見された。軍の偉い人(勲章は少ないけど)がやって来て科学者に詰め寄ります。
20190115222415a02.jpg
「空気・血・唾液と感染ルートは多岐にわたるんだ!」と科学者は凄い剣幕で怒っちゃう。軍は簡単に考えているけど、想像以上に危ないウィルスなんですよ、デス1ってヤツは。



感染したテロリストは、食人行為と殺戮を繰り返す。
20190115222415dd3.jpg
ゾンビのくせして、食べない時もあるって主旨がブレッブレである。




あれだけ空気・血・唾液感染に気を付けろと言われてるのに、軍はバカだからヘルメットを外して喋る。
20190115222415b30.jpg
役者に罪はない。
製作者側がアホなだけである。



「面倒だから一帯を殲滅せよ」
20190115222415d26.jpg
映画始まって早々にこの台詞が聞けるとは!
主人公が誰かもわかっていないのに!もうエンドロールですか!?




科学者が止めるのも聞かず、感染者の死体を燃やすから灰が一帯に降り注ぐ。バタリアンと一緒!
20190115222610d30.jpg
バタリアンは無知だったから死体を燃やしたけど、今回は情報を与えられているのに燃やしちゃう。




いい加減、誰が主人公なのよと思っていたらノリのいい軍人たちが出てきた。
こいつらがメインなのか。仕事してないのか。暇なのか。
20190115222610d42.jpg
途中、出会った若者たちと意気投合したのはいいけど、鳥たちに襲われちゃうのです。




そう、鳥はデス1に感染していたのだ。
こうやって死んだフリしてるけど、実際は生きている。
20190115222610ecb.jpg
近寄ってきた人間に狙いを定めてツンツクツン!である。襲われている奴らよ、少しは払いのける動作をしたらどうだ?ただ突っ立って襲われるのはバカだろう。



有名な珍シーンがこちら。
もの凄いスピードでカクカクと襲ってくる「寛平ゾンビ」
20190115222610d91.jpg
早送り編集のせいで、完全にギャグでしかない。
「わしゃ止まると死ぬんじゃ」的な(死んでるけど)、いったいどうしたらこんな編集が可能なのか。



視聴者が怪しみだすと、こういうグロシーンを投入します。
メイク自体は頑張っていると思います。傷口が膿んでうごめく様子なんてなかなかリアル。
201901152226103ac.jpg




休憩先のホテルの地下から銃がわんさか出てきた。
これで安心だね!
20190115222610c51.jpg
・・・どうして地下にあんのよ?ホテルよ?
武器を与える苦肉の策がこれ?なんでもアリだなこりゃ!




先ほども言いましたが、本作のゾンビはゾンビらしくない。
普通、生者に近づいたらガブッと噛みつくでしょ?
20190115222746ccb.jpg
背中を押す。
押すって!!ドッキリじゃないんだから。



怪しいと思ったらグロシーン。
20190115222746005.jpg
これだって、プールから引き上げたら足が無かったっていう設定。どして?ピラニアでもいたか?




↓ほら、手を伸ばせばすぐ捕まえられるのに適度な距離感の逃走劇(笑)
20190115222746117.jpg
生者が躓くとゾンビも止まる。遠慮してんのか?



もうひとつの珍シーンがこちら↓
20190115222746025.jpg
冷蔵庫開けたら生首ゾンビが飛んできた!

笑うしかない・・・


おっと、観客が怪しんだらグロシーンだ!
20190115222746652.jpg
飴と鞭を交互(鞭が多い気がする)に与えられ、少し思考がマヒしてきました。




ゾンビらしくない行動が多い本作ゾンビ。
↓↓↓どうです?ゾンビを殴ってるように見えますか?
20190115222746ab3.jpg
残念!
ゾンビが強烈な右ストレートを人間にブチかましているのです!




ゾンビらしくない行動はまだまだ続く。
とにかく飛ぶ。生者に向かって飛ぶ。屋根から飛ぶ。
20190115222906aa4.jpg
飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで・・・(夢相花)



ロメロ作品を真似るだけで、ゾンビの弱点は真似しない。
20190115222906f8d.jpg
頭部破壊しなくても、銃で倒せちゃう、ひ弱なゾンビたち。けど、タフな奴もいるから要注意だ!面倒くせぇ設定だな!



もぐら叩きじゃないんだから、至る所からゾンビが大量発生。
20190115222906a7e.jpg
天井、壁からワッと出てくる。
観る者を楽しませてくれている?そうか、ありがた迷惑!!




すっかり忘れていたけど、科学者はウィルスの抗体作りに励んでいます。
ん?これは期末テストかなんかですか?
20190115222906f1c.jpg
机上で抗体って作れるんだー、へー。




ゾンビ映画に出てくる妊婦って必ずゾンビに噛まれてるよね。
20190115222906b83.jpg
お腹の子も感染している可能性は高い。

こういうモラルのない映画は、わかっているのに興味があるわ。
下ネタ的なのとか。自分がモラルがないのか(爆)



↓↓↓このシーンだけは、フルチ先生っぽいんだよねぇ。
20190115222906c76.jpg
髪の毛を引っ張るという行為、イタリアゾンビの定番なのか!?私は好きだが。




このシーン、「ブレイン・デッド」に似てるよね。
20190115223004692.jpg
このまま顔を裂かれるのがブレイン・デットだけど・・・




本作は、産まれてきたゾンビベイビーに顔を食わせていた。
201901152230046cb.jpg
悪趣味~、好きだわ~(笑)




ゾンビ映画ラストのお約束、ヘリで逃亡を図るシーン。
ここがね、もう杜撰過ぎて大笑いですよ。
20190115223004a36.jpg
急に足元の草むらからゾンビが大量に飛び出した!草むらなんてなかったのに!
カットが変わったら急に草むらが出現したんですよ!
都合良すぎだろう!




うわー!ってなってるけど、絶対にこんな場所なかったって!
2019011522300493f.jpg
視聴者を完全にナメてる。





この人、悪運で生き残ってたけど、さすがに今回は駄目だなぁと思っていたら。
2019011522300428e.jpg





スクッと立ち上がると、猛然とゾンビに立ち向かう!!
20190115223004fdb.jpg
食われているのに?おいおい!



強過ぎ。
そしてこの景色!ヘリに乗り込んだ場所と全然違うやん!
20190115223034899.jpg
こんな場所、ちゃうかったやんかー!


・・・って映画でした。



★★★★★★★
友人のロマンチック夢子ちゃん(仮名)が、「これ観た事あるのよねぇ、騙されて観せられたの。怖かったぁ!」と言っていたのを思い出しました。なぜこの映画!?騙された?まあ正解だわな。
こんな恥ずかしい映画を世に出していいのか!とさえ思うけど、こういう作品があるからこそゾンビ映画って面白いのです。脚本もしっかりして役者の演技も良いゾンビ映画は他にもたくさんある。けど面白くない時ってあるんですよ。
それなら本作のように突っ込みながら笑える映画の方が精神衛生上よろしくないか?
・・・頑張ってフォローしてみました。もし、フルチ先生が現役バリバリだったら、果たしてどんな仕上がりになってたのかなぁ。間違いなく目玉はくり抜くよね♪




スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR