FC2ブログ

『100 TEARS』

たまにはグロ一辺倒の作品にも触れたいと思い、雰囲気で借りてみた本作。
わかっていたけれどストーリーなんて皆無。「100 TEARS」なんてどっかの曲名みたいな原題に騙されてはいけない。
そこにあるのは、内蔵、血、脳みそ・・・。
延々とそれらを見続けると、不思議なんですが眠たくなるんですよね。やっぱり、ストーリーはきちんと存在しないと駄目みたいです、私の場合。

ブラッディピエロ
ブラッディピエロ
ピエロって、海外では恐怖の対象なんですね。確かにドウランの向こうに見える素顔がまったくわからないのも気持ち悪いし、見た目の陽気さとは裏腹に、ピエロが大殺戮をおこなうなんて想像もしたくない。
グロを観たいだけだったんですが、ピエロというアクセントが必要だったのかは不明。ただ冒頭でも言いましたが、本当にストーリーは無い。100人斬りなんて、とんでもないカウントを提示しているけど、そんなに死んでねーし・・。そりゃ数えてはないし、たくさん人は死ぬけど絶対に100人も死んでません!





タブロイド誌の記者、マークとステファニーです。
BP:記者の2人
いつもしょうもないネタばかりを書いている二人ですが、今度こそ一旗挙げるために、未解決事件の調査に乗り出します。それは「涙の殺人鬼」と呼ばれている犯人が引き起こした事件です。



その頃、ある養護施設では・・。
BD:ピエロ様
場違いのデカイピエロが登場。これまた尋常じゃないくらいデカイ鉈を持っています。
何を始めるかというと。




BD:首チョンパ
首チョンパ!



BD:頭潰し
頭を踏んで粉砕!



BD:内臓ぶちまけ
腹を切り裂いて内臓デローン!



映画冒頭10分で、画面全体が血の海です。
どうしてこの施設を襲ったのかわからないまま、最後の犠牲者を始末するとピエロはトコトコと帰っていきました。




施設での大量殺人の情報をキャッチしたマーク達。
さっそくバカな刑事を相手に中に入らせてとおねだり。バカ刑事はアッサリと通してしまいます。
BD:聞き込み





記事の為ならグロい現場でも張り切って撮影!したいけど、やっぱりオエッとなるマーク。
BD:




現場の聞き込みをしていくうちに、どうやら犯人は「ピエロ」ということがわかりました。唯一生き残った少女の証言では、施設にいた2人の男女が行方不明とのこと。
BD:殺害現場


ちなみにその男女のうちの一人
BD:犠牲者
痛々しく両足切断されています。もちろん殺されてしまいます。何故、この2人が誘拐され殺されたのか、ちーっともわかりませんでした。ピエロさん、何か間違えてしまったのかな?




ピエロといえばサーカスです。
サーカス巡業を調べてみると、巡業先で必ず殺人事件が発生していることを突き止めたマークたち。
「私たち、警察よりも一歩リードね!」などとふざけた事を言っていますが、当たっている。警察はいつもマーク達の後からやって来るという無能ぶり。こんな奴ら死んでしまって当然←その言葉どおり死にますが。





もしピエロがマーク達の追っている「涙の殺人鬼」だとすれば、最初の犠牲者のサーカス団員に関係があるはずです。
当時の被害者のことを知る劇団員に話を聞きだします。ちなみに手前の小さい男です。
BD:サーカス団員
男が言うには自分が所属しているサーカスには確かにピエロがいたようです。ある夜、他の団員から酷いリンチに遭い、その原因となった団員たちを殺害し姿を消したと言うのです。
このピエロには同じ団員で愛し合う彼女がいたようですが・・その女性団員も行方不明です。





この娘の名前はクリスティーン。
隠す必要もないくらいストーリーが無いのでバラしますが、ピエロの娘です。
BD:クリスティーン





酷い殺戮を繰り返してきたピエロ(涙の殺人鬼)は、どうやらこの娘を捜していたようです。
ピエロの格好でいきなり会いに来たもんだから、娘は必死に逃げます。
が・・捕らわれてしまいます。そして自分が父親だという証拠をクリスティーンに見せると・・。
BD:父娘対面




いきなり武器を手に取り・・
BD:娘の乱心
「やっぱりパパの子だったのね~♪」
などと言い出します。




そう、このクリスティーン。父親譲りの変態殺人鬼なんです。




映画の後半はと言うと、ピエロの父親の影は消え、娘のご乱心シーンがてんこ盛り。
BD:娘の乱心2
内臓を引きずり出したり。




BD:内臓で餅つき
内臓を父親と一緒に餅つき!




暴虐の限りを尽くした親子でしたが、急に喧嘩が始まります。もうわけがわかりません。父親が娘に銃口を突きつけますが、娘は「今さら父親ヅラするの!?」って、立場がわかっていないようです。
BD:親子喧嘩



しかしまた仲直り。どんどん人を殺し、とうとうステファニーまで毒牙に!
(ちなみにマークは死亡)
BD:ステファニーのピンチ




娘のクリスティーンのご乱心はピークに達し、とうとう父親であるピエロをも殺害!おいおい、主役?が死んでどーすんの!!

クリスティーン、意気揚々と道路を横断してます。今からいっぱい人を殺しちゃうぞ~って感じですが。
BD:クリスティーン横断




BD:クリスティーン轢死
あっ!






轢いたのは瀕死のステファニーでした。
BD:ステファニーの勝利
格好いいぜ!ステフ!!!



★★★★★★★
という、中身はまったくない、ただグロが最初っから最後まで敷き詰められた映画でした。
今回も吹き替えで鑑賞した方が面白いという意見が多数あった模様。吹き替えでホラー映画を笑わすて、本末転倒やん。

それでも久しぶりにグロいのを観たので満足♪
汚いけどね♪

スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

うわー、グロさてんこ盛り!
そしてそれだけで終わってしまってそうな内容ですね…(;・д・)
最後のあまりにアッサリとした結末がまたお粗末…。
案外この結末が一番アッサリとまとまって良かったのかも…(笑)

Re: タイトルなし

トラキチさん、こんばんわ(≧∀≦)
内容は無いよう…←失礼
悪が滅びなきゃ、切り刻まれた人が浮かばれませんからね~(`Д´)
しかし、ヘンテコな映画でした~(@_@)
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR