FC2ブログ

『Child's Play』

名作って色褪せないね
チャイルドプレイ
レビューしてなかったですね、この作品。
当時チャッキーのモノマネ流行ったなぁ。「僕チャッキー、一緒に遊ぼうよ!」って棒を振り回し追い掛けるという節操ないヤツ。危ないっつーの。
シリーズは全7作品発表されていて、2019年にはリメイク版公開と再びチャッキー旋風が吹き荒れるか期待したいところ。30年経ち、チャッキーの復活にファンはどう判断をくだすかな。



ストーリーはベタです。
ゆえに脱線や破綻は皆無、本当に観やすいホラーだと思う。お子様にも安心(と思う)。


絞殺魔のチャールズ・レイが刑事ノリスに追い詰められるシーンから始まります。
20190524234039807.jpg
夜とはいえ、『太陽にほえろ』ばりに銃撃を繰り広げる2人。危ないっつーの。レイが逃げ込んだ先はオモチャ屋でした。


追い詰めたノリスの銃弾に倒れるレイ。
もはや・・・これまで・・・

俺はお前を許さない。途中で俺を見捨てたエディーも含め、絶対に復讐してやる!
201905242340392a5.jpg
致命傷を負っている割に、ペラペラと演説好きなレイが見つけたモノ・・・



出ました。
20190524234039c51.jpg
レイは何やらまじないを唱え始めます。人形に念を送っているのです。空は荒れ、雷鳴が轟くとオモチャ屋に雷が落ちた!衝撃でノリスが吹っ飛ぶ!

気が付いた時には店内は爆風でメチャクチャに。
その中で息絶えたレイの死体が発見されました。これで事件は解決した・・・はずだった。



今や爆発的大人気のグッドガイ人形。
20190524234039ca9.jpg
各々名前が違っていて「君だけのグッドガイ人形を!」とCMでも煽りまくり。
見た目、グッドルッキングガイではないが。



WAO~!
2019052423403926a.jpg
CMを観て感嘆の声を上げたアンディ。
彼はグッドガイの大ファンなのだ。新しく人形が発売されたのを知り、心ときめく。クリスマスプレゼントはこれがいい!



母子家庭で育つアンディは忙しい母、カレンに代わって家事をこなす。小さいのにしっかり者。
20190524234039d08.jpg
母子家庭の貧しさゆえ、カレンはアンディが希望するプレゼントを買ってあげられません。
息子がグッドガイの大ファンなのは知っている。本当に切ないですよね。



ある日、同僚のマギーが情報をくれます。
「行商がグッドガイ人形を売ってるわよ!」
20190524234144317.jpg
品薄状態なこの人形をゲットできるチャンス!

マギーに促されるまま、路地に行くと

浮浪者が立っていた。行商ちゃうやん!手に持っていたのは間違いなくグッドガイ人形だ。けどさ怪しくね!?
20190524234144fc3.jpg
「50ドルだ」
「30ドルにしてくれませんか?」
「ダメだ」
「10ドルよ!」

マギーの法外な価格交渉(笑)
出所の知れないグッドガイ人形だから当たり前か。

無事、グッドガイ人形をアンディに渡せました!
201905242341449dc.jpg
大喜びのアンディの姿を見て、カレンはジ~ンとなる。母親冥利に尽きるね!

そして、グッドガイ人形の第一声は・・・


『ボク チャッキー』
20190524234144cc5.jpg
この有名な名前を、30年後まで記憶されるとは製作者側は予想していただろうか。
世の中、何がヒットするかわからんもんですね。



幼いアンディの子守をかってくれる同僚のマギー。口は悪いが意外と善人。この夜もカレンが帰宅するまでいてくれています。
201905242341441df.jpg
チャッキーとコソコソ話をするアンディはマギーに言います。

「マギー、チャッキーが9時のニュースを観たいって」

子供のままごととしか考えていないマギーは、はいはいとアンディを寝かしつけます。もちろんテレビも消して歯磨きもさせて・・・


え?
201905242341449d9.jpg
ソファーに座ってテレビを観ているチャッキー。
しかもニュースの内容は、レイの仲間エディーが逃走中と伝えるもの。
マギーは憮然としアンディを叱ります。もちろんアンディはなにもしていない。歯磨き中ですからね!



アンディを寝かしつけた後、マギーはアパートから墜落してしまいます。
20190524234247a55.jpg

帰宅したカレンは、友人の死に相当のショックを受けます。
アンディは無事ですが警察とやじ馬で大変な騒ぎです。どうしてこんなことに・・・。

ここで登場したのは刑事ノリス。レイの事件から引き続きやって来ました。
放心状態のカレンに、キッチンに付いた足跡について聞きます。
20190524234247c00.jpg
小さい足跡。
明らかにノリスはアンディを疑っている。激高したカレンですがノリスはフフンッと説明する。

「アンディの持っている靴裏とは合いませんでした」

いやらしい尋問にカレンの限界が来たようです。今すぐ出ていって!と追い返す。

そこにアンディが「足跡の正体がわかったよ」と駆け寄ってくるのです。
201905242342471b6.jpg
「チャッキーだよ!チャッキーの足裏に砂糖が付いてた」
「・・・」
「・・・」


大人を困惑させるアンディの発言。
「これは人形なのよ。動かないのよ!」
20190524234247ab6.jpg
チャッキーといろんな話をしていると息子は真顔で訴えてくる。
「チャッキーはマギーが嫌いだったって」
「そんなこと言わないで!」


夜。
チャッキーとベッドを共にしていたアンディは呟きます。

「チャッキーの言うとおりだよ。大人は信じてくれない」


次の日、チャッキーに促されるままアンディは列車に乗り込みます。傍から見れば仲睦まじい兄弟のよう。
20190524234247858.jpg
目的地はエディーが潜伏している根城です。

もろちん、アンディを使ってエディーを殺すのは簡単でしょう。


しかしチャッキーはエディーを事故死に見せかけ殺害しました。知能犯過ぎる。一緒にいるアンディに疑いを掛けられぬよう余裕もあるという。
20190524234247acb.jpg
これでもうおわかりでしょう。
チャッキーに乗り移っているのはチャールズ・レイの霊です。ダジャレになった。
これでレイの恨みの1つは晴れた。残るはノリス刑事です。

エディーが爆死した現場にアンディがいたモンだから、さすがに警察も怪しみますよね。2つの事件に絡む子供。
20190524234349666.jpg
アンディが説明すればするほど、精神疾患扱いです。
こうしてアンディは、入院させられることになりました。カレン激落ち込みます。友人は死ぬし、息子の行動は読めないし。


チャッキーと共に帰宅したカレン。
もとはと言えば、この人形が我が家にやって来てからおかしくなった。と、何気に電池を見てみる。
20190524234349c48.jpg
入ってない!!




「この薄汚い淫売女が!!」
201905242343492b4.jpg
とうとうチャッキーは正体をあらわします。



もともとアンディを疑っていたカレンは、驚愕!
2019052423434944e.jpg
腕を噛まれてさらに絶叫する!女優魂爆発の表情です。

そのまま逃走したチャッキーを追いかける。が、見失う。
アンディの言っていたことは本当だった。私はあの子を疑っていた。叱りつけた。罵った・・・。

チャッキーを売りつけた浮浪者を捜しに、危険なエリアに足を運ぶカレン。浮浪者は見つかりましたが、あろうことかカレンをレイプしようと襲い掛かる!


絶体絶命のピンチを救ったのはノリス刑事でした。タイミングええな。
浮浪者を問い詰めると「火事跡のオモチャ屋から人形を拾った」と供述し、愕然とするノリス。
20190524234349d85.jpg
自分がレイを追い詰めた場所で拾った人形・・・。
もちろん信じちゃいない。



カレンの必死の願いを聞き入れないノリス。人形が人を襲うはずがない。まだ疑っている。
20190524234349afc.jpg
「ハッキリしないと気が済まないんじゃなかったの!?」
「じゃあ気を付けて、さようなら」

まるで恋人の喧嘩別れみたいなシーンですが、後のシリーズで2人が恋人になったそうな。


カレンと別れたノリス。カレンに責め立てられて妙にこの人形の事が気になる。レイが絡んでいたならなおさらだ。署に戻り資料を集め車を発進させると・・・
201905242344587db.jpg
「ようマイキー!ブッ殺してやる!」

手にしたナイフ(デザインがイカす)で、ブスブス刺されそうになるノリス。股間集中で狙われるのがウケる。

カレン、そしてアンディが言っていたことをようやく信じたノリスは、カレンと合流します。
やはりレイの仕業だ。だが奴は死んでいる。魂は生きて人形に乗り移った方法とは・・・
201905242344580e4.jpg
意外と手短に見つけた気がします(笑)




カレンたちより先に呪術師のもとへやって来たチャッキーは、呪術の『落とし穴』について聞く。
20190524234458efe.jpg
「痛みがないって言ってたのにイテーわ!」
散々文句を言うチャッキー。声の調子で人形がレイだと判断した呪術師は「お前は神を冒涜している!」と反論。


「この人形から俺の魂を抜くにはどうすりゃいい?」
20190524234458628.jpg
口を割らない呪術師を拷問してようやくわかった事実。
やはりキーマンはアンディだった。最初に口を利いた相手に乗り移れるみたい。チャッキーは「ガキに乗り移るのか」と気に食わないが仕方ない。




カレンたちが呪術師のもとに到着した時、チャッキーは退散した後。後手後手。
20190524234458f80.jpg
「坊やが危ない・・・」
息も絶え絶えにアンディの危険を知らせてくれた。そして倒し方もついでに教えてもらう。
「心臓を・・・心臓を狙うのだ」
意外とシンプルなのね。アンディが入院している病院へ急げ!



普通に非常階段をあがってチャッキーが病院にやって来た。逃げるアンディ!
20190524234458bda.jpg
幼子がメスを持って戦うなんて・・・勝ち目がないと思うわ。早くカレンたちが到着しないかなぁ。



担当医を殺害したチャッキー。殺し方が誰にでも出来そうな方法だから、真っ先に疑われたのがアンディなんです。
2019052423455012b.jpg
背格好が似ているのも運が悪い。

半泣きで自宅へと向かうアンディ。
どうか家にママがいて!

残念ながらカレンたちは一歩遅く病院に到着して惨状を知ります。医者を殺害したのはアンディと警察は睨んでいますが、2人はチャッキーの仕業だと断定、自宅に戻ります。

チャッキーの魔の手が忍び寄る。
201905242345505e5.jpg
このシーン、何気に好きよ。
クール。



アンディを気絶させて、例のまじないを始めたチャッキー。冒頭のシーンの逆バージョンだよな。
20190524234550983.jpg
この魔術は相当強力なのか、少し唱えただけで雷鳴が再び轟く。


まてまてまてまてまてぇ~い!


ようやくカレンたちが到着します!遅いよー!
銃で撃っても吹き飛ぶだけ。心臓を狙わなきゃ効果ないよ~。
20190524234550b5e.jpg
チャッキーの姿がシュールだわ。

ノリス刑事を簡単に締め上げる。刑事ってホラー映画ではクソ役に立たんのです。もう定番中の定番。

なんとか暖炉に閉じ込めたカレン。少々乱暴ではありますが、燃やしてしまうのがいいでしょう。
20190524234550f8b.jpg
アンディにマッチで燃やすよう指示します!




「アンディ、友達だろ?」
20190524234550e1d.jpg
ここに来て情に訴える作戦のチャッキー。短い付き合いでしたが、チャッキーとの楽しかった日々が思い出されます。心が動かされるかと思いきや・・・


「終わりだよ」



アンディによる絶縁宣告!!
20190524234638c93.jpg
見事に燃やされるチャッキーでした。
燃料もないのによく燃えますこと。一通り暴れまくった後、チャッキーはぶっ倒れて動かなくなりました。

倒した・・・



んなわけない。タモリ風
20190524234638eef.jpg
魔術師が言っていたように、心臓を破壊しなければ動きは止められません。レイは生き続ている。





「シャイニング」での有名なシーンをここでも見ることが出来る。
20190524234638fb4.jpg
飽くなき執念。生への執念がチャッキー(レイ)をここまで突き動かしているのです。ちっさい人形に早く引導を渡してやりましょう!


ヘタクソながらカレンが銃でチャッキーの頭を吹き飛ばしました。ピタリと動きが止まるチャッキー。あの、心臓を狙っていないのでは?ま、いいか。応援を呼ぼう。
2019052423463831c.jpg
警察がやって来て「人形に襲われた?バカ言っちゃいかんよ」と、まるでこれからのフリを待っているかのような台詞を吐く。




「触るとヤバイぞ」
201905242346382c6.jpg
長い前フリの後・・・



はい襲われたー(棒読み)。
20190524234638284.jpg
しつこいぞ、チャッキー。




今度こそ、ちゃんと心臓を狙って撃った!
20190524234652c0b.jpg
見事命中すれば、血がドバッと吹き出す!なるほどー、チャッキーが生きていた証拠だよね!鑑識はどういう結果を出すんだろう。血を調べたら、やっぱりレイの血と一致するのかな。



なにはともあれ、めでたしめでたし♪

★★★★★★★
長人気ホラーに開花する片鱗は1作目から垣間見れます。
まずはチャッキーの表情が素晴らしい。目は吊り上がり、口を歪めて汚い言葉を吐く姿は、30年前の作品とは思えないほどのクオリティ。マジ怖いです。そしてシンプルな構成でストレス皆無。死ぬ奴は死ぬ。ハラハラドキドキはないけど、期待通りに進むので怒りで画面に物を投げつけることはない。
続編では、チャッキーが伴侶を持ち、大量殺戮を繰り広げるなんてコメディかと思うが、まあいいだろう。観ないから。

リメイク版はアンディが中学生かと思うほど大きくて、心配です(笑)

↓こちら1988年版


↓2019年版


スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR