FC2ブログ

読書感想文『乙霧村の七人』

表紙絵で勝手にグロいと勘違い
2019030318043067a.jpg
・読みやすさ
★★★★☆
・恐怖度
★☆☆☆☆
・大どんでん返し度
★★☆☆☆
・感動度
☆☆☆☆☆
・総合評価
★★☆☆☆


<あらすじ>
かつて乙霧村で、戸川稔という男に一家五人が殺されるという凄惨な事件が起きた。
あれから22年──この事件を題材に『乙霧村の惨劇』という作品を書いた泉蓮が顧問を務める大学の文学サークルのメンバー6人がこの村を訪ねる。
事件当時と同じ豪雨の中、彼らは斧を持った大男に襲われる。果たして彼は戸川のような殺人鬼なのか。学生たちは助かるのか?閉鎖された村で起こる恐怖を描くミステリー。

-BOOKデータベースより-




この表紙絵・帯文で勝手にグロホラーだと信じてたらミステリーだった。だって斧を持った大男が追い掛け回すんですよ?思い込みは駄目ですね。
しかも弟切草が出てくるって、懐ゲーを彷彿とさせるよ!
弟切草ゲーム
良いゲームだった。





構成としては前半が大男に追い掛け回され、後半は主人公(女)のインタビュー形式なのが面白い。

前半=布石
後半=ネタばらし


どんでん返しが待っていますが、「十角館の殺人」を経験していれば目新しさはありません。←これでほぼネタバレか


22年前の大量殺人が現在にどうリンクすると思います?簡単です。必然的に大学生6人の誰かが関係者なんですよ。いきなり第三者が出てきたらアカンですからね。
そんな陰惨な現場に大学生たちは、視察という名の観光旅行気分でキャッキャッ♪
追い掛け回されて当然。
これが第一部です。B級ホラー映画と言えば分りやすいか。



ハッキリ言ってネタバレですが、大学生たちは1人も死にません。(反転して下さい)

後半の第二部にあたるインタビューで、各々の素性が暴露されていく。もともと良い奴は少ないから想定の範囲内とはいえ面白い。あいつはこうで、あの女は・・・と出てくる×2暴露話!なにが友達だ、悪口大会じゃねぇか。




ま、主人公の女性も凄い(そうでもない?)ネタばらしが待ってます。
ヒントは他の5人は三年生だけど、彼女だけ四年生ってこと。ここに引っ張られたなー。単純に皆より1歳ほど年上としか考えていなかった。ミスリードされました。
大学生は高校卒業してすぐに進学したとは限らない。固定観念、恐るべし!
大男に追い掛け回されるよりも、この事実の方が私には十分にショッキングだったわ。



22年前の殺戮をなぞり、そして22年前の謎が解き放たれる。フラつきながらもエンディングの着地は好きですね。
心理描写にもう少し深みがあれば・・・、そして前半の追いかけっこも途中でダレない程度の緊張感が持続できれば、印象に残る作品だったかと思います。



どちらにせよ、こういうネタが思いつくこと自体作家さんたちは天才だな。


スポンサーサイト



テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR