FC2ブログ

『It Stains the Sands Red』

経血はゾンビを呼ぶ
サンズオブザデッド
最初に登場するバカップルが被害者だと思っていたら主人公だった(笑)
この時点で私のゾンビ(ホラー)映画の固定観念を覆したと言っていいでしょう。後半の間延び、そしてラストの尻切れトンボな演出以外は非常に面白かった。過去に視聴したゾンビ映画の中でも異色である事には違いない。良い意味でね。






今、日本で話題のコカインで決めるビッチ!名前はモリー。
20190418231336ef4.jpg
コカイン吸って、テキーラをあおった挙句、気分が悪くなってゲロですよ。このビッチが主人公だなんて誰が想像できようか。

彼氏のニックも相当のバカっていうのもわかる。2人で目指しているのは友人たちが待つ飛行場です。街は既にゾンビで壊滅状態だからメキシコに高跳びするんですわ。


ポルシェが砂にハマッちゃって身動きが取れない。八方塞がりってやつ。
携帯電話は電波が届かず最悪な状態。
20190418231336f5f.jpg
ん?なにか見える。





登場の仕方がこんなに格好いいゾンビがかつていただろうか!
201904182313366c4.jpg
焦ったニックは、持っていた銃で狙う。
モリーの「Shoot the head!!」は、名作ゾンビでも発せられた有名台詞。




クッソ下手なニックの射撃で、ゾンビは崩れた。
201904182313365cd.jpg
やったー!!

揃いも揃ってバカである。

ただ頭を狙ってないから、ゾンビは普通に起き上がるわな。


慌ててポルシェに乗ったけど動かんの忘れとんかい。本当にバカである。固唾を飲んでゾンビを見ていると窓を破る知識はないみたい。
20190418231336b6d.jpg
ただ、解決はしていない。頼みの綱のスマホは車外だし。

そのスマホを取ろうとして車から降りたニックは食われた。ゾンビは隠れて様子を伺っていたのね!


内臓を見事に食われ、THE・ENDだわさ。
201904182313360d6.jpg
恋人の最期を見て、素早く水や食料、そしてコカインと酒は忘れずにバッグに詰めたモリーは暗闇を走る。

車は動かず、ニックは食い殺された。
自分だけでも飛行場に向かわなくては!!




朝。

ようやく電波が届く場所を見つけ、ニックの友人に掛けてみた。
「YO~!俺らもYO~、手間取って遅れてるYO~!」
20190418231431e25.jpg
先方も飛行場に着いていないようです。ラッキーだけどこっちは徒歩ですからね。「ちょーっとだけ遅れるかもしれないけど、絶対に待っててね♡」と伝え、目的地の飛行場を目指します。





が、簡単な道のりではなかった。
201904182314314f2.jpg
この砂漠地帯、日陰になるような場所もなく、降り注ぐ直射日光に耐えながら歩く死のロードです。

命より大事な水を大事に飲み、心が折れそうになるとコカインで一発決キメる。


夜はもっと最悪。昼間の暑さが嘘のように冷え込む。火を焚かないと凍えてしまう。
201904182314311c3.jpg
1人でボーッと焚き火を眺めていて思い出されるのは、幼い息子のこと。息子がいたのね。もちろんバカなニックの子供ではなさそう。モリーも過去にいろいろあったんでしょうね。




コンニチワー!!
20190418231431f1e.jpg
後ろから来たゾンビに襲われるモリー。ニックを食ったゾンビやん!!
まさか付いてきたとは(笑)
格闘の末、高台へと逃げ延びたモリーは、仕方なくそこで一夜を明かします。



朝になってもゾンビは動いていません。
ガーッガーッと手を伸ばしてくる。登って来るほどの知識はやはり持ち合わせていない様子。
201904182314314e1.jpg
モリーは考え、使用済みのタンポンを餌にゾンビを陽動作戦でかく乱することに。




投げたタンポンに食らいつくゾンビ。
ジュワッと染み出た経血を美味そうにススるのが一番オエッとなったよ。
201904182314318e7.jpg
仕事とは言え、ゾンビの役者さんは立派である。ニックの内臓を食らい、今は使用済みタンポンを食ってる。




陽動作戦は成功したものの、なぜかゾンビはモリーを付けてくる。
そうなんです。モリーが生理中のために血の匂いで追いかけてくるんですわ。
20190418231535fe5.jpg
本作のゾンビはノロノロと歩くタイプですので、女のモリーが追い付かれることはまずない。ただ、しつこいよね。休憩ができないんですよ。おまけにモリーが履いている厚底ブーツが歩きにくそう。




自分の股に指を突っ込んで溜息です。
20190418231535791.jpg
こりゃしばらく付いてくるぞ、こいつは。



モリーが戦うべきはゾンビでもあるし、炎天下の砂漠。

とにかく日が当たらない場所はないのか。
廃屋を見つけて、少しは仮眠が取れたものの・・・足音でアイツが来たのを知る。
20190418231535329.jpg
本当にしつこいゾンビである。




廃屋を飛び出し、モリーはゾンビと対面します。やっぱりさ、殺した方がいいよね。
20190418231535aa4.jpg
手頃な岩を見つけて、「このストーカー野郎!」と投げつける。しかし致命傷には至らず逆に距離感を縮めてしまった。危うく掴まれそうになってモリーは退散。
ニックの射撃技術と同様、モリーも命中率が低いのである。


長い道中、喋る相手もおらずモリーはゾンビに話しかけます。
「アンタ、中古車販売のセールスみたいにイケてないわね」
「その冴えないスーツはなに!?」
「男ってさ、みーんな一緒。最悪よ」

ゾンビが喋れないのをいいことに、言いたい放題なモリー。

「ただ、口答えしないだけいいわね」


「そうだ、名前を付けてあげる。スモール・ディック(租チン野郎)よ」
201904182315350db.jpg
なんともヒドイ名前・・・
しかし気が付けばスモール、スモールと話しかけているモリー。何だか可愛いです。



「疲れたらさ、コカインをキメれば最高よ♪」
20190418231535a84.jpg
モリーが気を抜いた途端、スモールとの距離が近づいた。焦ったモリーはコカインをすべて落としてしまう。
「アンタ!なんてことすんのよ!!」

モリーのことを気遣ってコカインを奪おうとした・・・とは思えないかな。長距離の歩行に不可欠だったコカインを失いショックを隠せないモリー。




そんな中。
20190418231629894.jpg
とてつもない砂嵐がモリーを飲み込んだ。本当にあっという間です!
「あ、砂あら・・・」くらい。←わかるか

もちろんスモールも巻き添えですよ。
アメリカの砂嵐、パネェ。


目が覚めたモリー。
生きてたんだね。すっかり砂まみれの彼女の耳に届いたのは車の音。


ガラガラ声で叫ぶとピックアップトラックが停まった!助かったよ~。
20190418231629c7e.jpg
優しそうなイケメン2人に介抱されて、すっかり安心のモリー。
涼しいからと車に乗せられ、エアコンで火照った体を冷ましていると。トラックに写真が挟まっている。黒人親子の微笑ましいもの。アレ、この車の持ち主が黒人なら、あいつらは・・・。




そうなんです。この混とんとした世界で刑務所が機能しているはずもなく、彼らは脱獄囚だった。
201904182316292e9.jpg
久々の女だ♡とパンツを下ろされ、レイプされる。
「ああ、私って本当にバカ。けどそれ以上に男ってバカ!」





あ、スモール!!
2019041823162996b.jpg
レイプしている男の首にかじりついた!ナイス!
モリーは茫然となる。
「スモールが助けてくれた!?」


そんなこたぁない。ただ、人間の肉を食いたいだけ。けどモリーはスモールを見つめる。本当に、本当に助けてくれたのではないの?


さっきまで犯していた男が気持ちいいほど顔を食われる。
2019041823162909f.jpg
普通だとモリーだってその場から急いで逃げなければならないのに、座り込んだままスモールの食事をジッと眺める。
ふと、視線を感じたスモール。必然的に見つめ合う形ですよね。
・・・けどすぐ食事に戻るスモールでしたwww


車には少しの水と食料、そして空気で膨らむボートがあったようです。言い忘れましたが、もう一人の男は車で逃走しました。その時に落っこちたアイテムがこれ。ラッキーですよね。

やっぱりというか、食事が終わったスモールは、再びモリーに付いてきます。

モリーはここまでくると賢い。
見て↓↓
20190418231629afc.jpg
拾ったタイヤを使って、スモールに水や食料を持ってもらってるよ!
少々歩きにくくなったスモール(笑)

「・・・さっきの件ならさ、何も言わなくていいからね!」
レイプから救ってくれたお礼を言いたいんでしょうが、表現がヘタクソね。スモールはもちろん何も言わない(言えない)からさ、ちょっと切ないよね。



この頃からモリーのスモール対する心境が変わってきました。
201904182317311ce.jpg
自分には4歳になる息子がいること、その息子は姉夫婦が育ててること。もう全然会えていないこと・・・。


なんだろう、スモールだから本音がポロポロとこぼれる。


しかし、付いてこられると困るのは事実。
201904182317314ab.jpg
先ほどのタイヤを使って岩場にスモールを固定します。

「マジでさ、うっとーしーのよ!!」


モリーはそう言いながらもスモールが悲しい声を上げたことに心が揺さぶられる。
20190418231731293.jpg
こんなに近くにいても手を伸ばそうとしない。
襲おうとしないのです。モリーの気持ちはさらに揺れます。ゾンビなのよ?意を決してその場から離れるモリー。



しかしロープが絡まってひっくり返ったスモールの声に足が止まる。
20190418231731a03.jpg
「・・・いい、絶対に私の言う事を聞く?」
「・・・」
「わかった、付いてきていい」


いやいや、何も答えてないけど!

もちろん、スモールは答えられないけど襲わないのも事実です。モリーの指示に従っているのは明白。モリーを襲わない理由はわからないけれど、付いていきたいのかな。見えない絆が生まれた瞬間って感じ。


その夜。

もちろん寝場所は高台ですが、モリーは一人息子の身を案じています。そしていつものようにスモールに語り掛ける。
20190418231731c97.jpg
息子のことを想うと涙が止まらない。スモールは黙ってモリーを見ています。



翌朝。

ようやく国道に出てきたモリーたち!砂漠地獄を抜けることが出来ました!
肩を並びあって歩く姿は夫婦ですよ。


そこへ。軍の車両が通りかかります。マジで最悪です。
201904182318560bb.jpg
ゾンビであるスモールが見つかれば殺されてしまう。慌てて土手にスモールを隠していたのですが・・・




出てきちゃうスモール。
軍はビックリして銃口を向けます。どうやらモリーの夫だと信じている模様。必死で射殺するのは止めてと懇願するモリー。
20190418231856846.jpg
わかったと軍は引き上げ・・・





なかった。
20190418231856f03.jpg
軍の奴、マジで最悪だよ。
「ハブアナイスデー♪」とか言って笑いながら撃ったんです!!モリーは絶句ですよ。



「スモール!起きて!もう少しだから!」
20190418231856857.jpg
飛行場まで2キロを切っていたのに、ここに来てこんな・・・。スモールが撃たれたのは膝でした。さすがに膝を撃たれるとスモールも歩けない。軍の野郎、マジで嫌な奴だ。ゾンビ以下だ。

もがくスモールに発破をかけてたらガブッと指を噛まれたモリー。ええ!?


スモールが自分を噛んだ?パニックなる気持ちを必死て抑え思考回路をフルスロットルにし、考え抜いたのは指の切断

岩を使って・・・グシャッと。
201904182318568c5.jpg
ここまできたら、痛みなんてどうでもいい。
私は死ねない。


フラフラとスモールの元に戻ったモリー。
相変わらず動けないスモールはかなりの重傷のよう。明らかに衰弱している。


ふと胸ポケットにあった免許証を見る。
201904182318560f4.jpg
これが・・・スモールの顔。スモールの名前・・・




別の写真。
これがスモールの愛する人・・・
2019041823195571a.jpg
ゾンビにならなければ、素敵な人生を送っていたに違いない、幸せそうなスモールの顔にモリーは涙します。スモールはもう助からない。



「本当に、今までありがとう」
20190418231955dc6.jpg
そうですね、ここまで頑張って歩いてこれたのもスモールのお蔭です。
スモールがいたから、諦めなかった。
感謝しかない。

そして、そんなスモールをこんな場所に置いていくことはできない。
モリーが取った行動は、彼に永遠の死を与えることでした。それが苦しみを解き放つ唯一の方法だから。

「さようなら、スモール」







ようやくモリーは飛行場に到着しました。長かった道のり。
20190418231955997.jpg
待ってた「YO~YO~野郎」は、輪をかけてヤバイ奴だった。仲間の1人が感染しているからって、残りのメンバーと共に隔離しちゃってるの。メンバー、間違いなく襲われてるよね。確実にモリーの気持ちは冷めていく。




あんなに待ち望んでいたメキシコ行きの飛行機に乗らなかった。
20190418231955f9f.jpg
純粋だったスモールとの旅と比べると、あまりに稚拙な最低な野郎だから。人間の方がよっぽど最低だ。



ここでようやく息子に会いたいという気持ちが最高潮に達した。
そんな気持ちにさせてくれたのは間違いなくスモールだ。

姉夫婦宅に電話を掛けるも留守電。何回も何回も何回もコールする。やっぱり、姉たちも・・・
2019041823204161c.jpg
「もしもし、誰?」

待ち望んだ幼い声に、モリーは破顔する!声が上ずる。


「ママなの?」
「・・・そう、ママよ!!今家にいるのね?」
「うん、ベッドの下にいなさいって言われてるの。怖いよ」

モリーの母性本能が復活!!


早く息子に会いたい!

会いたい!!

会いたい!!!


車のキーを持ってんのはお前か!!
2019041823195582c.jpg



私じゃないです。
2019041823195513f.jpg




お前かっ!!
201904182320414be.jpg
そうですっ!


母性本能が復活した女は最強となる。


3日間かけて歩いてきた砂漠を、車を使えばあっという間。


あの場所で死んでいったニックもすぐに出会えた。
2019041823204102c.jpg
ポロポロと涙がこぼれるモリー。





忘れえぬ存在の者・・・
20190418232041b5f.jpg




私は生きる。
愛する者のために。
201904182320410e3.jpg


★★★★★★★
実は、レビューのシーンには続きがあります。
これが私個人として完全に不要と思った箇所なんです。モリーは息子を助けるために姉宅に向かうのですが、ここは本当にいらない。走馬灯のように3日間の出来事が流れて終わりの方が素敵だった。しかも本当のエンディングはマジ中途半端だったし(怒)。あの演出はマジありえん!
しかし、ゾンビ映画なのにゾンビが1体しか出てこないってのも面白いですわな。
いつかは別れが訪れるとは思ってましたが、スモールの大きな存在がモリーをここまで突き動かした。コカイン中毒なうえ、どうしようもない男と付き合い、大事な息子を手放すことになってしまった。そんな彼女を立ち直らせたのは間違いなくスモールだ。

皆様のレビューも概ね高評価ですね。
今年のゾンビ映画視聴はアタリだな♪♪




スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR