FC2ブログ

『Summer Camp』

普通に間違えた(;^ω^)
サマーインフェルノ
レンタルして観賞したら想像と違う。えらく映像が綺麗。これ、最近の映画じゃね?
↓私はこちらを借りたかったん。

サマーキャンプインフェルノ
邦題が似すぎて、フツーに間違えた。ま、ええか。
どうせキャンプしてた男女が殺人鬼に襲われるんだろって思ったら、感染系やったんです!これによく似たのが「キャビン・フィーバー」だね(これもいつかはレビューしたい)。
ネタバレだけど、感染順序によって恐怖度がジェットコースターのようにアップダウンします。グロくはないので怖くはない。ここ、致命的な気がする。
ただ、他視聴者の皆様は好意的に受け止めてらっしゃるようです。また私の頭のネジが飛んでるんやろか(;・∀・)



この映画。
メインの若者が4人しか出てきません。
「キャンプ」「若者」「森」とくれば、もう少し犠牲者の数は欲しいところ。13金を見習って欲しいですよね!

最近、読破した本↓
201905070124223af.jpg
著者も半分は13金を参考にしたそうです。


せっかくですから、この本になぞらえて「こんな行動をとったら死亡」を挙げてみましょう!



今回の犠牲者は4人(他にもいますがここでは割愛)
既に、メディアで彼らが絶望的状況だと放送されています。だから結果はバッドエンド。

場所はスペイン。
アメリカ人が英語圏でない場所で被害に遭うと、助かる見込みは低い。
201905072330334f6.jpg
アントニオ:唯一のスペイン人。かなりの女たらし
ウィル:眼鏡の真面目さは表の顔。やっぱり女たらし

どうです?この時点で2人が死亡確定じゃないですか。


ミシェル:キャンプ経験豊富な美女。家族と確執がある
クリスティ:キャンプにヒールで参加する場違い美女。もちろん空気は読めない
20190507233033813.jpg
女性陣も死亡フラグが立ちそうな感じですね。

キャンプ指導員として前々日から準備をしていた4人。
子供たちが喜びそうなレクリエーションを試してたら、怪しい男が覗いている!
20190507233033e85.jpg
始まってすぐに登場するから(しかも顔がバッチリわかる)、この男は布石でしょうね。実際そうだったが。




巨大ナイフを持っているこの男。
20190507233033e4d.jpg
ここまで我々に披露して活躍の場もないまま死にます←思いっ切りネタバレ!
もの凄い序盤で顔を出す怪しい男は『怪しくない』

ホラー映画の鉄則です。


キャンプ場の近くでは、ヒッピー家族が住んでいる。

アントニオの車に立ちションベンをするイカれたオッサン登場。
20190507233033d63.jpg
しかしまだ序盤ですし、顔もバッチリ公開しているのでこの男も大したことはないかもしれませんね。




キャンプ場の噴水が壊れたのはこいつらのせいかもしれない。
20190507233033958.jpg
若者たちと対立するグループが出てくるというのも面白いです。どう絡んでくるのでしょうか。




お世辞と綺麗ではないキャンプ場。
20190507233147b15.jpg
当然、携帯の電波は不安定ですよ♪



井戸が壊れているので、施設内の上下水道は使えない。修理中なのでいつ直るのか。明日のキャンプ開始に間に合うのか。クリスティに至っては「シャワーが使えないなら帰る」とおっしゃってます。
201905072331475c7.jpg
ワガママは死を早める。



キャンプ場に動物小屋がある。
ウサギや鶏など、無害そうな小動物ばかり。この場所が逃走経路に含まれます。
20190507233147dc4.jpg
自分が置かれた状況は下見すべし。


キャンプ場にいる犬に狂犬病の疑いが!

ウィルは「狂犬病かどうか見極める事ができる」と、いらんことを言いだして犬に近づく。
2019050723314737d.jpg
皆が止めているのに行動を起こす奴は死に近づく。


そして噛まれる。

自業自得。
すぐにワクチンを投与しました。噛まれた手は血で真っ赤ですが大丈夫なのか。ワクチン接種だけで、病院に行かないウィル。明日は子供たちが来るんだぞ?危機管理がなっていない。


タイミングよく噴水が直る!
これで明日は子供たちを迎え入れることが出来ますね!
2019050723314753b.jpg
タイミングのいい事柄は、死の前兆。


今夜は大人たちだけ。
パーティをしようぜ!

パーティは殺して下さいという祭りごと。

クリスティはおめかしして登場。ミシェルは飽きれます。指導員として来てるのにミニスカワンピースを持ってきているのか。やる気ないな、こいつといった目です。男どもは浮き足だつ。
20190507233147952.jpg
男を誘う服は死も誘う。


アントニオ・ウィル組は地下にあるワインセラーへ、ミシェル・クリスティ組は2人をダイニングで待つ状態となります。別々の場所に登場人物が分かれることにより、動きが変わってきます。

ここで第3者が登場します。
下着泥棒です!安心して下さい、こいつは序盤に登場した怪しい男。そうです。序盤の怪しい奴は怪しくない。ただの変態なだけ。
2019050723325108c.jpg
ここで視点が3つになりますね。
果たしてどこに悪夢が待ち構えているのか!


カメラはワインセラーへ向かいます。やはり狂犬病の疑いがある犬に咬まれたウィルが標的か。顔色が悪いのでアントニオに「本当にワクチンを打ったのか?」と心配されるほど。
20190507233251c1d.jpg
下手こいて傷を負った者がファースト犠牲者の可能性が高い。



が。



発症したのはアントニオの方だった!
201905072332511f7.jpg
口から黒い液体を吐き、目は真っ赤に充血している。
突然、ウィルに牙を剥いて襲ってくるではありませんか!怪しいのはウィルではなかった!
ホラー映画は極端に怪しいキャラを作っても別のキャラにシフトチェンジすることはよくある。誰が被害者になるかを予想できるとクソ面白くありません。

『アントニオの襲撃を止めるには殺すしかない』

実行したウィル。正当防衛だよな。
それをクリスティが見てしまった!タイミングが悪い。アントニオの異変部分を知らないので、明らかにウィルが殺害したように映る。説明を聞かないまま、ミシェルと共に車で逃走を図ります。
20190507233251ecf.jpg
聞く耳を持つ余裕を数パーセント残すと今後の展開は変わる。判断は非常に難しいが。

ミシェル:「クリスティ、何があったの?」
クリスティ:「ウィルがアントニオを殺したのよ!」
ミシェル:「え?」

クリスティの日頃の態度が信用度に関わってくる。全部を鵜呑みにするほどミシェルは馬鹿ではないが・・・


ミシェル発症!!なんで!?
20190507233251897.jpg
運転していたのがミシェルなので、車は岩に衝突して止まる。真面目なミシェルはシートベルトをしていたので、クリスティを襲う事ができない。

そこへ、ウィルが到着します。早いな、お前!
クリスティにしてみれば、殺人鬼ウィルと謎の発症が起きたミシェルに挟まれて完全にパニック。ウィルの言葉など聞く耳持たず、キャンプ場に逃げ帰ってしまうのです。

せっかく助けに来たのにウィルはミシェルと戦うハメになる。
意外とこいつが主人公なのか?
20190507233251871.jpg
車から飛び出して気絶したミシェルに近づく。ウィルは気が付いてないけどミシェルは目を開けている。
例え相手が倒れていても不用意に近づいてはならない。
例)死霊のはらわた


よってウィルは襲われる。この辺りは観ててイラッとしたけどね。
辛くもクリスティがいるキャンプ場へ戻ります。やはり冷静さを欠くと死に直結しますね。

キャンプ場に戻ってもクリスティはウィルを警戒中。
「僕は君の味方だ!」と説得してようやく誤解が解ける。けど目は不信。苦労が絶えないウィルです。


そこへ、例の変態男が登場します!
変態男は「大丈夫か?」と普通に心配してるだけなんですが、スペイン語なうえに緊張している2人には通じないばかりか、ビビッて会話にならない。
201905072333586cb.jpg
英語以外に習得すべき言語はスペイン語・フランス語・イタリア語・中国語・・・

モタモタしていたら、ミシェルがやって来た。
変態男がミシェルに殺される。この時、ウィルは助けに行こうとしたのですが、クリスティが止めるんですよ。
2019050723335865e.jpg
手遅れの人間は助けない。

これ、実は意外と鉄則です。クリスティの判断が正解でしょう。下着泥棒の時点で末路は決まっていた。

ミシェルの行動は異常ですので、捕まえるより殺害するのがベター。アントニオのようにね。ウィルはクリスティを囮として使い、ミシェルをおびき出す作戦を提案します。クリスティはイヤイヤながらも承諾。
2019050723335843d.jpg
ところがミシェルの様子がおかしい。ううっとその場で苦しみだしたかと思うと「ここはどこ?」と言う。
ウィルは「元に戻った!」と言い、クリスティは「そんなわけない!」と反論。

さあ、皆さんはどう思いますか?




正解は・・・

ウィルです。
ミシェルの奇行は完全に終焉し、正常となったのです。ところが記憶を失ったタイミングが悪く、ウィルを見ると反撃しようとする。仕方なくミシェルを部屋に閉じ込めた。とにかく、外部と連絡を取らなければ。
ウィルは体調を崩したクリスティを抱えてキャンプ場を去ろうとしますが・・・
201905072333585d5.jpg
急に体調を崩した人間は放置せよ。


クリスティが発症!
ウィルは腹を噛まれる(笑)踏んだり蹴ったりな男だけど、なぜウィルだけが発症しないのでしょうか。ここでミシェルの叫び声が聞こえます。
「クリスティ!今すぐそっちに行くわ!」

クリスティは目の前のウィルを襲わず、声が聞こえた方にダッシュ!普通、危険を回避したら逃げるでしょ?ウィルは躊躇しますが、ミシェルを助ける決意をする。
201905072333583e6.jpg
無駄な正義感はこの際捨てよ。たいてい自分が死ぬ。



おかげでミシェルにも襲われるウィル・・・なにしてんだか。
足にドリルを撃ち込まれ、大怪我を負う。
2019050723335898b.jpg
ミシェル:「クリスティ!大丈夫?」
クリスティ:「ウガーッ!!!!」
ミシェル:「!?」



状況が呑み込めないまま、ミシェルはウィルに促され動物小屋に避難します。そしてこれまでの経緯を聞き、唖然とするミシェル。私もあんなバケモノになってたの?優しいウィルは途中に発見した変態男の死体は自分が殺したと嘘をつきます。
20190507233456204.jpg
これがパッケージに明記してある「シャッフル・ホラー」だとさ。

はあ?
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

まあ、いいでしょう。


「あ~、喉が渇いた」
20190507233456620.jpg
ドアップで長いシーンには意味がある。それは死への第一歩。

喉が潤ったところで、今回の原因を考えるウィル。
20190507233456774.jpg
キャンプ場に散らばっている綿毛が怪しいと踏んだようですが、実際はまったく違います。視聴者をミスリードさせるつもりでしょうが、アッサリ覆す。




正解はだった!
2019050723345626e.jpg
凶暴化する原因は水だったのです。噴水が壊れていたのには理由があるのかな!?ウィル、見事に感染してミシェルを襲います。

咄嗟にミシェルは外でウガウガ言ってるクリスティを呼び寄せる!
互いに戦わせる戦法だ(笑)



「ウガー!」
20190507233456897.jpg
「ウガー!」

見ていてマヌケだが、これが成功し、ミシェルは動物小屋から脱出できた!
とにかく助けを呼ばなくては!

電波の届く場所を彷徨い、森に入り込んだミシェル。電波って森に行くほど無くね?


「えーっと、警察は911と・・・」
20190507233456bf0.jpg
スペインで911は使えない。

自分がいる国のコール番号はしっかり把握しておきましょう。

電波が届く井戸の周りに生えている、かなり色が凄いキノコたち。ビッシリ生えているぞ!
201905072336003e7.jpg
食用キノコ以外は触れてはいけません。



と、ここで・・・
クリスティが元に戻ります。
感染しても、こうやって時間が来ると元に戻るのだ。しかし、さっき感染したばかりのウィルに追いかけられ森に隠れる。
2019050723360068a.jpg
身動きが取れない場合は、ジッと息を潜めておくべし。稀に見つかるがそれは運が悪いだけ。




キャンプ場の管理人さんが助けに来てくれた!
ウィルの状況を見てで立ち向かおうとする無謀さ!
201905072336007ca.jpg
鎖ではまず勝てない。銃かチェーンソーは欲しいところ。


管理人の鎖などウィルには通用せず、逆に殺されてしまった。チーン・・・。


管理人が攻撃されている隙にミシェルがクリスティを発見!元に戻ったとは気が付かず一触即発に!
20190507233600683.jpg
結局、誰が絶賛バケモノ中かがキーポイントなんですよね。

そうこうしているうちに、ウィルが元に戻りました。
これで3人とも正常です。忙しいですね、うん。





満身創痍のウィルと、足をくじいたクリスティを先導しながらミシェルが見つけたのは、例のヒッピー家族の車です。
2019050723360064d.jpg
怪しい車(家)には近づくな。

今さら言うことでもありませんね。
けど3人は電話を借りにキャンピングカーに乗り込む。



あれ、住人(ヒッピー)たちがいませんね?
しかし臭い!!!
20190507233600936.jpg
臭いモノには近寄らない。決して良いモノではないから。

ミシェルはあざとく見つけます。
井戸の側にあった毒々キノコの配合表!!


と、足元から音がする。
うわっ!ヒッピーが出てきた!!若い男性ですね!
20190507233652492.jpg
彼がですね、完全ネタばらし(笑)


家族で毒々キノコを調合した

ドラッグに代わるヤバイのが出来た!

調合には大量の水が必要

井戸の水を拝借しよう


ミシェル、絶句。
20190507233652a4d.jpg
ヒッピーはとんでもないのを井戸(水)に流してしまったのだ。
アントニオ・ミシェル・クリスティの3人は、ごく自然に水を飲んでたんですよ!(巻き戻して観た)
ウィルに至っては長く飲水シーンを映すのが怪しいと思ってたんだよね。


そんな彼らをジッと見ている3つの影。
20190507233652afc.jpg
ヒッピー家族が感染した状態でキャンピングトレーラーを取り囲んでるやん!!袋のネズミとはこのことだ!



上下からの攻撃に、皆は必死に防戦ですよ。けど、感染者の力は相当ですからね。打ち破られるのも時間の問題!
そこで・・・ミシェルは閃きます!
20190507233652029.jpg
配合済のドラッグが3つある。これを3人が同時に飲めば、仲間と思って攻撃しないのでは!?

どういう発想!!!

しかし話し合う余裕はない!

代表でクリスティがドラッグを持ち出し、ウィルに渡す。ウィルは飲む。
次はミシェルに・・・って落とした!!
手に残ったのは1つだけ。
20190507233652879.jpg
「クリスティ、半分に割って!半分でも効果はあるから!」

ミシェルがドアを抑えながら言うけれど・・・クリスティは少し口元を緩めて自分だけ飲んだ。
クリスティ、ここに来て最凶と化す。視聴者の怒りもここがピークでしょうね。


ミシェル、決死の逃亡も叶わずウィルとクリスティに捕まる。
201905072336528d3.jpg
2人に八つ裂きにされたミシェルが不憫でならない。正義感もあり、機転も利く女主人公は本作で必要なしと判断されてしまいました。あの若いボーイも同様に八つ裂きですよ。

悪夢のような夜。



が、明けて・・・ウィルとクリスティが見た惨状。
20190507233737b83.jpg
「これ、私たちがやったの?」

2人はキャンプ場に戻ります。
警察への連絡も済み、ただボーッと佇むだけ。ところがウィルは解せない顔をする。

「どうしてミシェルは発症しなかったんだ?」
「・・・」
「・・・!もしかして!」
201905072337374e7.jpg
「きっと誰てもそうするわ」

クリスティの淡々とした答えに、ウィルの怒りがさく裂・・・する前に歓声が聞こえます。


あれ、すっかり忘れてたけど今日って・・・
子供たちがキャンプにやって来る日だった!!
20190507233737b23.jpg
噴水の水を飲もうとする子供たちを必死で止める2人。血だらけの男女にビックリした子供たちと引率者。

「水から離れるんだ!」
「あっちへ行って!!」

鬼気迫る表情に、子供たちは後ずさりをする。子どもたちを水から遠ざけなくては・・・
201905072337378b0.jpg
そこへスプリンクラーが作動!


嘘だろ??

大量の水に子供たちは大はしゃぎ!

絶望的な顔のウィルを残し、これまたクリスティは1人で逃亡を図る。最後まで嫌な奴だな。

再び森に逃げ込んだ2人。もちろん逃走経路はバラバラです。しばらくして、野獣のような声を耳にする。子どもたちが発症したのだ。

嫌な奴は嫌な死に方をするもの。
20190507233737af5.jpg
クリスティは木の枝で死亡。
前を向いて逃げよう。
ミシェルのように八つ裂きにされた方が視聴者は満足だったかも。


トレードマークである眼鏡を壊してしまったウィル。目の前にはうっすらと子供たちの姿が見える。
20190507233737ef4.jpg
冒頭で『全員死亡』ってテロップが出てるから全員死亡で終わる。


★★★★★★★
しつこいようですが、タイトルを間違えて借りてしまったので、フレッシュな気持ちで観賞できました。怖くなかったけどね(笑)
スペインホラーは、ガーッと襲ってくるのが多い。大好きな「REC」を思い出します。
ということで、もしスペインホラーを観たいなら本作よりも「REC」を観ましょう。あれは本当に怖かった。最高です。

あと、ホラー映画で死なない方法ですが、こればっかりは『運』です。元も子もない締めでゴメンなさい・・・。




スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR