FC2ブログ

『Selfie from Hell』

地雷映画だ!皆、観るなよ!
セルフィーフロムヘル
スマホやパソコンが媒体のホラー映画は山ほどあります。
それらを介して怖いことが起きる今さら感が満載なうえ、本作は短編youtubeが元ネタって、手抜き感あり過ぎ。
↓元ネタyoutube 2分間のショートムービーです。


元ネタ再生回数2400万回という餌に釣られて本作を観賞した人は本当に気の毒である。


オープニング。
あら、この女性って上記の動画の女性やん。
2019052723463065a.jpg
なになに?
自撮りしたら死ぬ?
いきなになにを言うのよん。



うわっ!
20190527234630b94.jpg
急に顔が変わった!が、少しも怖くない。自撮りが危険を呼ぶってさ。ふーん。
この目のシワがヤバイ女性はジュリア。



従姉のハンナに会いにいく。ストーリーはこのハンナを軸にして進んでいきます。
20190527234630899.jpg
ジュリアは恋人と共にハンナと会う予定でしたが、彼が体調を崩し1人でやって来た。ハンナは疑うこともなく再会を喜びます。

久々の再会なので写真を撮ろう!ってカメラを向けた瞬間、ジュリアが異常なまでに拒否る。
逆にハンナが「ごめんなさい」と謝ります。
youtuberのジュリアがカメラを向けらて嫌がるなんて。そういえば先ほどからジュリアの様子がおかしい。怯えているようだ。


ジュリアはしきりにスマホをいじっている。
スマホの画面にヒビが入っているな。検索画面には『ブラックルームドットオニオン』と出ている。
201905272346300ac.jpg
「聞いたことないURLね、なんのサイト?」
「ねえ、この辺りの地理には詳しい?」

ハンナの問い掛けには答えない。なんじゃこいつ。

妙な雰囲気のままハンナ宅に着くと、ジュリアは2階にあがる。
スマホの待ち受け画面である彼氏を見て涙する。その涙が横に流れていく。えっ!てなりますよね。

スマホで自撮りすると・・・
20190527234630f5a.jpg
後ろに誰かおる!

振り返ると誰もいない。
自撮りすると距離を詰めてくる人影に、ジュリアは恐怖で叫ぶ。録画モードに切り替えた途端、黒影に襲われる。



ハンナが慌てて2階にあがった時には、ジュリアの意識はありませんでした。
201905272346303b7.jpg
診察した医者は「感染症でしょう。このまま薬を投与して様子を見て下さい」とだけ言い残し、去って行きます。感染症?どういうことよ。ハンナは納得して自宅療養させることに。



自宅で仕事中のハンナ。自分のスマホが鳴る。
お、ジュリアからのラインだ。
20190527234732a8e.jpg
3mp13h

なに、この文字。
ハンナはジュリアの意識が戻ったと勘違いして2階に駆け上がる。ところが相変わらず意識がない。あれ?スマホでラインしてきたよね?

先にネタバレすると「3mp13h」は逆から読むと「helpme!」となる。

ためしにジュリアのスマホに掛けてみた。マナーモードの音がする。机の下からだ。
201905272347325ca.jpg
拾い上げるとやはり画面のヒビが目立つ。こんな状態でジュリアはスマホを使ってるのか?先ほどのメッセージは誰が送って来たのよ。


嫌な予感がするので、昨日ジュリアが見ていたサイトを検索してみる。が、ヒットせず。
20190527234732b57.jpg
ダウンロードアプリを使用しても接続できず、途方に暮れます。



その夜、寝ていたハンナにメッセージが届く。またジュリアからだ。
急いで部屋に向かうとジュリアの体が異常に冷たい。これは大変!
20190527234732a25.jpg
普通なら病院に搬送ですが、ハンナは様子を見る。何故??
意識もなく体が冷たいって、命にかかわる状態じゃんか。ハンナ、布団を優しく掛けるだけ。ほんまに心配しとんかいな。




翌朝、ネット友人のトレヴァーに相談してみる。「それは用心がした方がいいよ」と警告される。
201905272347326d7.jpg
超常現象とまではいかない、非常に微妙なラインのことが起きるので「気のせい」かもしれんが。



ハンナはジュリアがyoutuberであったことを思い出し、最近の動画を閲覧してみました。ジュリアは相当やばいネタを追っていたようです。『セルフィー・フロム・ヘル』と名付けられてる。あ、これが冒頭の動画部分か。
20190527234732bab.jpg
「来週も動画アップするから楽しみにしてね!」

が、PART2がない。
ハンナはPART2を検索してみる。

すると「ジュリア・ラング 謎の死」という項目がズラーッと出てきた。
20190527234827a4e.jpg
ご丁寧にもジュリアの白目写真がアップしてある。なんと悪趣味な。ジュリアは死んでいないし(意識ないけど)、誰がこんな情報を流しているのか。



少し考えてハンナはジュリアのPCを調べてみます。アップしていない動画ファイルがあるかもしれないから。なるほどね。
201905272348270fe.jpg
唐突に出てきたジュリアの死体画像!全身血だらけ!
ネットで誤報が流れるのは日常茶飯事だけど、自分のPCに自分の死体画像を保存するか?



ベッドのジュリアに触れてみる。相変わらず体は冷たいけど・・・
20190527234827395.jpg
ぬわっ!血がベットリ!!
けど、これは幻覚でした。
ハンナ、少し頭が混乱してきます。現実とネット内の区別がつかなくなってきている。



勇気を出してトレヴァー宅に行ったハンナ。実際に会うのは初めて。
20190527234827cd5.jpg
自分の手に負えない気がして、ネットユーザーの先輩である彼の知識を借りたいんだな。しかし、開口一番、トレヴァーは「マジでヤバイぞ」と釘を刺す。


ジュリアはダークネットに足を踏み入れたようです。
もともとダークですから検索エンジンに引っ掛からいなのは当たり前。怪しいチャットルームのURLを教えてもらい「個人情報を一切公開するな」と念押しされました。

ダークネットに関わる全てを知りたい。それによってジュリアが助かる糸口が見出せればいいのだけど。


ダークネットのチャットルームは文字通りダーク。
201905272348276ef.jpg
冷やかし、素人お断りで、低俗な質問には一切答えてくれず、強制退室させられる。
長時間、様々なチャットルームを渡り歩いたハンナ。心が折れかけた時、一通のメッセージが届く。

「ジュリアはどうした?」


こいつはジュリアの事を知っている!畳みかけて質問してみると、「このチャットルームは危ないから、個人メールアドレスを教えて」と言われる。

トレヴァーが危惧していたことだ。
迷っている時間は意外と短く、ハンナはアッサリ教え、URL付きの返事が来た。

開けてみると・・・
201905272348273df.jpg
連続した苦悶の表情をした男の写真。
あっという間の出来事でした。一気に写真を見せられたのです。放心状態のハンナ。


そしてPC画面にヒビが入る!
2019052723492510a.jpg
「ハハ、笑える!」
相手からの挑発に怒ったハンナ。騙された!こいつはダークネットについて知らない、私をからかっただけだ!と憤慨する。

個人アドレスから情報漏洩は普通ですよね。
ハンナのスマホが鳴る。アドレスを教えた相手からだ。男のようです。

「13枚の写真を見たろ?どうだ?」
「何言ってんのよ!」
「ジュリアもさ、それを見たんだぜ」

ジュリアと男はチャット内でやり取りをしていた。そしてハンナと同様に13枚の写真を見せられた。だからどうしたというの?男は続けます。
20190527234925979.jpg
「写真を見たら、近いうちに死ぬ」

事実、ジュリアの彼氏は既に死亡しているようです(ジュリアはこの事実を知らないまま意識不明になった)


ジュリアが唐突に起き上がる!!
20190527234925a72.jpg
ところで、この女優さんの目のシワ、凄いんですわ!目元ケア頑張ろうって思うよ。



トレヴァーには「チャットルームで何があったんだ」と言われる。そりゃそうだよね。
20190527234925536.jpg
ネット世界に少し精通しているので、ジュリアが踏み込んだブラックルームについて説明します。拷問・レイプ・児童虐待などを閲覧のみのレッドルームと、それらに参加できるブラックルームの2種類があると。

ジュリアはブラックルームに入ったようですね。

トレヴァーは、ジュリアのPCでアップされていない動画を探し出します。泣いて話し出すジュリアが映っていました。
入ってしまったら戻れない。彼氏と共にそこで出会った「FEAR EATER」(恐怖食い)によってひどい目に遭った。
20190527234925d82.jpg
「13枚の写真を見せられて・・・」

!!!
ハンナの顔が曇ります。私、13枚の写真、見たよな(汗)

「今からFEAR EATERに会いに行く」という言葉を残し、動画は終わりました。

ここでようやくジュリアを病院に搬送したのですが、多臓器不全で朝まで持たないと言われます。遅いわ!ま、医療で解決できる問題ではないけどさ。ハンナはショックを隠せません。トレヴァーに当たり散らす。
20190527234925f5c.jpg
当たり散らされたトレヴァーと言えば、いきなりのカミングアウト。
「実はネット以外で君に会っていた」と。トレヴァーの会社に昔、ハンナが面接に来てたんだって。一目惚れらしい。
だから何?今、ここで告白?とにかく1人にしてよ!ってハンナは家に閉じこもる。

ハンナはすべて自分で解決しようとするんですよ。トレヴァーにも嘘をつくし、混乱してるとはいえ、冷静さが足りない。


それゆえに、自宅にFEAR EATERが来た。個人アドレスから住所の追跡は朝飯前でしょう。スタンガンで気絶させられたハンナ。
201905272350248c1.jpg
FEAR EATERが来る前に見た↑ですが、これはジュリアが恐れていた奴と同じです。とうとうハンナも見えるようになってきたのだ。



気が付いたハンナは吊るされていた。
目の前にはFEAR EATERがいる。
20190527235024d15.jpg
相当ヤバい奴。こいつ、生まれつき恐怖を感じない体質らしく、人を介してでないと恐怖がわからないそうです。面倒くせぇな!ネット上に興味本位でやって来るバカ(ジュリアとかね)をフィッシングしてはこういう事をしてるらしい。



ハンナに13枚の写真撮影を行う模様。そうすることで、セルフィーマンなるものを呼び出すようです。
20190527235024488.jpg
呼び出すとどうなるかって?
セルフィーマンの拷問が始まるって。それは対象者が死ぬまで続けられ、数時間から数日と決まってないみたい。嬉々と話すFEAR EATER。痛みと恐怖に恐れおののく被害者を見るのが大好物らしい。

まさしく変態。


ここで現れたのがトレヴァーでした。ハンナのスマホで追跡してたんだ。助かったよ!都合がいいけど。FEAR EATERを気絶させ、一刻も早くセルフィーマンの正体を探さなくては。
20190527235024c58.jpg
トレヴァーが真剣に取り組むのには理由がある。ハンナを愛しているのもそうですが、それ以上に自分も13枚の写真を見たからだそうです。つまり、ハンナと2人、命の危険が迫っている。



ハンナを追跡したように、セルフィーマンの所在地がGPSで判明するという、ちょっとおかしな展開ではありますが、山奥の施設に発信が認められた。
201905272350244d4.jpg
お互いに時間がないので別行動することに。



ハンナが見つけたビデオカメラと写真。なんだ、これ。
20190527235024b74.jpg
再生すると、エドワード医師がカウンセリングと称して、ある男とインタビューしている。どうやら場所はハンナたちがいるこの施設内らしい。



エドワード医師が問いかける相手、セルフィーマンの顔が判別できない。
20190527235112bee.jpg
今まで反応を示さなかったセルフィーマンが何かに反応する。エドワード医師は喜びます。と、カメラが大きく揺れエドワード医師が絶命する。室内にいた関係者も皆、死亡したようです。

は?
どういうこと?


ハンナとトレヴァーが、施設内を探索していると、突如死体が落っこちてきた!!
201905272351125ee.jpg
「セルフィーマンだわ」

なんでわかる?


ハンナがカメラを向けると・・・
20190527235112931.jpg
なんじゃこいつ!

瞬く間に襲われ気絶したハンナ。
トレヴァーが必死で叩き起こし、命の危険を脱したようです。この辺りから、意味が分からないんですよ。セルフィーマンの死体とは関係のない宇宙人みたいなのが出てきたから。


「自撮してみる・・・」
2019052723511281e.jpg
自分たちが助かったかを確認するためだな。セルフィーマンとツーショットで撮ってみた。

異常なし。


よかった・・・

・・ってセルフィーマンに襲われた2人!
2019052723511223c.jpg
何よ、この展開は!!





目が覚めたハンナ。
横にはジュリアが眠っている。とても気持ちの良い場所。日差しが眩しくて心地よい。
2019052723511246c.jpg
遠くでトレヴァーの姿が見える。
手を振り、やって来たトレヴァーと改めて見つめ合い、初めてのキス。。。

幸せを取り戻したんだ・・・


そんなわけないよね。
20190527235137ce3.jpg


★★★★★★★
観賞時間を返してくれ!
こんな面白くないホラー、久々に観たわ!そんな映画に頭をひねりながらレビューした自分を褒めてあげたいくらいよ。なにせ、何一つ解決していないという、放置プレイなストーリー。
まずはブラックルームのこと。FEAR EATERのこと。セルフィーマンのこと。
表面をサラッと説明されただけで理解できると思うのか?特に一番大事なセルフィーマンが1ミリもわからんままよ。
ハンナ・トレヴァー・ジュリアたちが仲良く揃って拷問死する事実だけが最後にわかってなんになるというのか。

この記事を書くの、相当疲れた。
思い出すことも出来ないくらい、薄っぺらい。




スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR