FC2ブログ

読書感想文『第三の時効』

満点
20190528220407602.jpg
・読みやすさ
★★★★★
・恐怖度
★★☆☆☆
・大どんでん返し度
★★☆☆☆
・感動度
★★★★☆
・総合評価
★★★★★∞
←初めて無限大評価したわ



<あらすじ>
殺人事件の時効成立目前。現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か。刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる表題作ほか、全六篇の連作短篇集。本格ミステリにして警察小説の最高峰との呼び声も高い本作を貫くのは、硬質なエレガンス。圧倒的な破壊力で、あぶり出されるのは、男たちの矜持だ―。大人気、F県警強行犯シリーズ第一弾。
-BOOKデータベースより-


横溝正史『悪魔の手毬唄』以来の、個人的評価満点の小説。いや、それ以上か。

素晴らしい。

この一言に尽きる。

刑事モノ・公安モノを書かせたら随一の横山秀夫作品は、重厚でいて軽やか。
私もF県警強行犯に入班したい!と思うほど痺れるメンバーのキャラ設定。全6編の短編が織りなす相関図のリアルさ。お見事である。

では、魅力あるF県警強行犯のメンバーと6編を簡単に紹介します。

命令系統順でメインを挙げると・・・
刑事部長 尾関
捜査第一課課長 田畑・・・強行犯1班の元班長
1班 朽木班長・・・異名は「青鬼」捜査手法は「理詰め型」
2班 楠見班長・・・異名は「冷血」捜査手法は「搦手型」「謀略型」
3班 村瀬班長・・・異名は「天才」捜査手法は「閃き型」「天才型」

3人の班長が、独特の目線、捜査方法で事件を解決していくんです。
優秀だがアクが強く、上司の田畑は常に頭を悩ませている。優秀過ぎるがゆえに3人を制御できない。個人的にLOVEなのは朽木班長だな。小説でときめくなんて久しぶり。


「沈黙のアリバイ」
(担当班:1班)
個人的LOVEの朽木率いる1班担当の事件。
拘留期間ギリギリまで罪を認めなかった犯人。公判で一転、無罪を主張して混乱に陥る。果たして犯人の意図は。
 かなりのショートストーリーだけど、朽木の洞察力と犯人逮捕への執念、そして朽木が笑わなくなった過去が少しだけ描かれます。


「第三の時効」
(担当班:2班)
 時効切れを狙い、逃亡中の殺人犯を迎え討つ2班。常に班員と行動を共にしない、元公安の楠見班長が下した「第三の時効」のトリックとは。そして明かされる事件の真実。楠見という強烈なキャラの活躍を次回も見てみたい。


「囚人のジレンマ」
(担当班:1~3班)
 3つの班が各々の事件を追う中、班を束ねる田畑目線で進んでいく。
 自分が最前線で捜査していた頃とは違い、部下たちの行動に戸惑うキャラが良い。裏方として班長のご機嫌を取りながら、記者たちの対応にも奔走する、まさしく中間管理職の悩みを描いている。



「密室の抜け穴」
(担当班:3班)
 村瀬が不在時に、班長代行で捜査していた部下が重責に押し潰される。班長の「器」がどれだけのものか、村瀬が天才と称される理由が最後の最後でわかる。
 3人の班長の中で、比較的感情がわかりやすい村瀬だが、他の2人にはない閃きはさすがと思う。


「ペルソナの微笑」
(担当班:1班)
 1班の中で一番の若手刑事がメインで捜査するパート。
 朽木が彼を人選した理由はなぜか。そしてその期待に応える部下。強行犯の名に恥じない展開に「あっ!」となる。


「モノクロームの反転」
(担当班:1・3班)
 田畑が独断で合同捜査に踏み切った事件。
 互いに競い合い、いがみ合う二班。お互いが掴んだ情報を流すはずもなく、事件は暗礁に乗り上げたかに見えた。しかし、朽木がライバル村瀬に情報を流す。それは朽木が過去に犯した罪の贖罪でもあった。


横山氏は続編を執筆中だそうで、早く読みたくてウズウズしている。遅筆(納得しないと原稿をあげないそうだ)な筆者の完成をただ待つのみ!!


今回はF県警シリーズですが、D県警も人気シリーズですね。「動機」は面白かったなぁ。


一読の価値、大いにアリです!!!

スポンサーサイト



テーマ : ハードボイルド
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR