FC2ブログ

『Empire of the Ants』

覚悟はしたけどユル過ぎる
巨大蟻の帝国
1977年。
私が生まれた年にくだらない映画が発表されたもんだ。パッケージだけはビデオ屋で印象に残ってたから借りてみた。案の定の仕上がりで腰砕け。特撮に秀でた日本の技術力を再確認できるよ。



オープニング。

蟻は凄いんだぜ!という仰々しいナレーションからスタート。
201906230855376a4.jpg
地球を征服するのは人間ではなく、もしかすると蟻かもしれないだって。




これみよがしに、汚染された廃棄物が海に棄てられるシーンがあり、その一部が島へと流れ着いた。
20190623085537aa7.jpg
皆さん、ご想像どおりのストーリーとなります。


想像どおりとしても、魅力的なキャラ、ストーリーであれば文句は言いません。


ところがこの映画の致命的な欠点である、無駄なシーンがてんこ盛り!
2019062308553770e.jpg
例の島は分譲物件として販売されており、多くの客が船に乗り島に向かうのです。
向かうだけならいいのよ。
無駄な描写が多くて早送りしたい気分やったわ!



島で待ってる従業員も「詐欺だよな」と言っている。不動産ってそういうもんだわな。
201906230855374d2.jpg
なにせ、立地条件が悪く広大な森林が手つかずで残ってるらしい。あ、後ろに廃棄物が映ってたりと暗示だけはしっかりとアピール。



ほらね、廃棄物が漏れて蟻がたかっている。廃棄物にたかっても死なない蟻、強すぎやろ。
201906230855372a7.jpg


そしてここから30分は苦行の時間。

乳繰り合うシーンなんてどうでもいい!
20190623085537a6e.jpg

「金がないから買えるかな」
「無料で飲食できるからやって来た」
「ワインは安物やな!」


こんな奴らのしょーもないシーンを延々と見せられる。少しでもストーリーと関わるのなら重い瞼をこじ開ける事もできよう。しかし、結局なにも参考にならんかった!


そんな奴らを凝視するモノが。
20190623085640a22.jpg
土曜ワイド劇場みたいな丸いやつ。ああ、これはきっと昆虫の目を表したかったんやな。

この表現は、ウザイほど最後まで続きます。


登場人物の9割は死んでもおかしくないメンバーだけど、この2人だけは少し趣が違う。きっと主人公的存在でしょう。
20190623085640fce.jpg
オジさん・オバさんペアなのか。リアルでいいかも。




本当に延々なんです、この不動産営業のシーン。
到着後のパーティが終わったと思うと場所を変えて立食パーティ。
20190623085640c66.jpg
パーティシーンは見飽きた!

早く蟻を出してこい!



出た!
20190623085640fac.jpg
見て下さい、このリアルな蟻!蟻の部分だけ画面がおかしいのは内緒だ!
はめ込みを使った古い手法なんですよ。だから本物の蟻を別で撮影してるから微妙に人間との立ち位置にズレがある。




やっと蟻様が登場したことにより、少しは怖くなるかと思ってたんですが。
2019062308564013d.jpg
私を笑わせたいのか!?



ここに来てようやく状況把握できたメンバー。一組の夫婦が行方不明なのに気にせず営業する不動産屋も凄いけどね。
20190623085640033.jpg
死体がゴロッと。けど足しか映らん。



一方、船を停めていた桟橋にも蟻の大群がやって来る。
2019062308575737b.jpg
いやいや、景色を楽しんでる場合か!


オリャ!
20190623085757895.jpg
この戦いで唯一の脱出手段である船が爆破してしまう。蟻が襲ってきてあっという間の出来事でした。前半のパーティ部分を削っていれば、迫力あるシーンも撮れただろうに。


浜辺でメンバーが意気消沈。
助けを呼ぼうにもこの時代は携帯なんぞない。船の無線は爆破でパー。

蟻が嫌がる火を絶やさないでおこう!
その為には薪をいっぱい取ってこよう!
20190623085757535.jpg





土砂降りの雨。
2019062308575730b.jpg
ギャグかと思ったわ。

森を抜けた先に、従業員用のボートがあると知り、皆で森の中を進むことに。


蟻のCGが荒いモンだから、雨でごまかそうとしているのが見え見え。
201906230857573c7.jpg
見えにくいっつーの。





だから見えにくいっつーの(怒)!
201906230857578f8.jpg




雨はあがっているのに画質の悪さは変わらない。
2019062308585883a.jpg
いったい何人死んだかわからん。(♯`∧´)




生き残ったメンバーは無事にボートで川を下ります。
素敵なアイランドとは裏腹に川はジャングルですよ。
20190623085858ea3.jpg
二手に分かれた川で揉めるメンバー。

俺様野郎が「左だ!」と命令するから左に進むと・・・



アカンやん。
しかし画像が二画面みたいになっとるやん。雑な画像処理が明るいと浮き彫りになるわ。
20190623085858ac5.jpg
だから雨シーンが無駄に長かったんだな!悲し過ぎるやろ!

蟻のぬいぐるみと戦うシーンは、大きく画面が揺れてなにしてるかわからんし。

気が付くと死体が浮かぶとか・・・。
20190623085858e0d.jpg
どななってんの。


・・・ちょっと文句が多くで申し訳ないです。反省。

この巨大蟻たちは彼らを全滅させようとは考えてないのです。

逃がさないように誘導してるんだって。気が付かなかった!
20190623085858aea.jpg
今まで多くの犠牲者が出たけど、殺される人には理由があったん?
じゃあ蟻の誘導理由は?っていうのも今時点で不明。



蟻がいない場所を歩いていると民家発見!
やったー!やっと人間に会えたよ!
2019062308585859d.jpg
「助けてくださーい!」




無言。
2019062309004688b.jpg
実は巨大蟻よりも、この老夫婦の方が怖かったていう。
無事に警察と連絡が取れた。



「巨大蟻?信じられんなぁ!」
20190623090046098.jpg
保安官は寝耳に水な顔で驚いている。疲労困憊なメンバーは別に信じなくていいよといった感じ。




まずはホテルで休憩しなと連れて行かれた。
20190623090046096.jpg
そこで例の老夫婦に「製糖工場には行くな」と言われたメンバーがいた。いきなりの展開やな。製糖工場はホテルに行く途中で見かけたぞ?

一刻も早くこの町から脱出しようにも、レンタカーは借りれないし。


だからって車を盗む??
20190623090046b64.jpg
とっととこの町からおさらばだ!




なんでこ~なるの!
2019062309004609b.jpg
よく水に落っこちるメンバーである。撮影中、キャストが風邪をひいてる可能性大。




先ほどの保安官に連れられた場所は製糖工場だった。
この保安官、怪しいと思ってたけどね。
20190623090046b84.jpg
工場内に連れて行って何をするつもり!?



製糖工場に巨大蟻が入って来た!
20190623090144420.jpg
やはり蟻だから甘いモノに釣られるのか?いや、これは明らかに人間側が誘導してるぜ。蟻のために砂糖を生成してるんだ。




促されて着いた工場内には、町民が山ほどいる。皆の目はうつろ。
20190623090144e49.jpg
その先に待っていたのは・・・




女王蟻だ!
20190623090144168.jpg
女王蟻の前に、町民が行列をなしている。
どういう事やねん。




保安官は胸を張って言います。
「女王蟻のフェロモンを与えられた我々は、蟻のために働くのだ」
20190623090144b2c.jpg


は?



1ヶ月に1回はこのようにフェロモンを嗅ぎに集められるんだって。
20190623090144443.jpg
あ、老夫婦だ!

「お前たちも、蟻のために働くのだ」



やなこったい!
20190623090144553.jpg
発煙筒が女王蟻に引火した!
燃える女王蟻!



製糖工場内の蟻がご乱心だ!
女王蟻の危機で、パニックです!
201906230902272fc.jpg
さあ、逃げ出すなら今がチャンスだ!



さらば、巨大蟻たち!
20190623090227463.jpg


★★★★★★★
どうです。
頑張ってレビューしたけど、結果悪口になってしまったという(汗)
ちゃちい所はカメラをブンブン振り回し、しっかりと撮影した本物の蟻も、はめ込んだら違和感満載でおかしい。
画質に問題があり過ぎて、シュルル~と気持ちが萎えてしまいました。古い映画の悪いとこ、全部出ちゃったパターンですね。
これよりも前に公開された『ジョーズ』の方が100000倍怖くて面白いので、そっちを観るべし!




スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR