FC2ブログ

『Two Thousand Maniacs!』

ヒャッハー!
マニアック2000
相変わらずスタイリッシュなパッケージ。
DVD化された日本では「マニアック2000」として発売されました。私は「2000人の狂人」のイメージだな。
今観ると大したことはないけど、当時は衝撃だったのは間違いない。
グロ映画の始祖らしい、けど軽いテンポの血みどろ映画です。




終始、南部のカントリーミュージックが流れる本作。
血みどろとカントリー・・相反する描写が感覚を麻痺させるんだな。
20190710222948c3e.jpg
北部からの旅行者4人が、誤った道に誘導されるシーン中もカントリー!
途中から観た人は、ただの楽しい旅行ドライブだと勘違いする。




「ヒャッハー!」
20190710222948202.jpg
誘導した南部の人間は大喜び♪

ストーリーは超絶簡単でして、北部から来た人間を南部の人間がある町に誘導するだけ。
誘導してどうする?


楽しい祭が待ってるのさ♪ヒャッハー!



その町の名前はプレザント・ヴァレー!
2019071022294897f.jpg
100年祭が開催中!めでたいね!ヒャッハー!




時を同じくして、別の車も誘導されました。今度は2名です。
201907102229485a5.jpg
実はこの2人は赤の他人。車が壊れてしまった教師のトムがヒッチハイクしたのです。乗せた美女はテリー。
先ほどの車と同じようにプレザント・ヴァレーへと誘導されちゃうんだけど、少しだけ不安感を醸し出します。ここが生死の分かれ道だよね。少しは疑わないとさ。




先客がプレザント・ヴァレーに到着。
20190710222948578.jpg
見て下さい、凄い歓迎ですよ。町長みずからお出迎えだ。南部の旗を振り、北部の旅行者をギラギラした目で見てる。




先客は2組の夫婦。
異様な歓迎ムードだから、怪訝な顔だよ。町長はそんな彼らを「どうぞ2日間楽しんで!」と放そうとしない。
20190710222948aaf.jpg
なんたって北部の方々は主賓なんだから、飲み物も食べ物も宿泊代だってタダ!

ほぉ~となる4人。
そこに遅れてやって来たトムとテリー。

町民はさらにヒートアップで迎え入れる。ヒャッハー!


合わせて6人は改めて町長からの説明を聞く。
「100年祭に相応しい主賓があなた達なのです。どうかこの町で心ゆくまで楽しんでくれ」
20190710223043aac.jpg
半ば強引に近い状態でホテルへと案内される6人です。

皆、各々目的地に向かっているはずだけど、少しくらいならという心の緩みが最悪の結果を招くことに。



静かになったストリート。
南部の人間が6人ゲット出来たことに大喜びです。
20190710223043dc5.jpg
北部の者を「ヤンキー」と呼び、歓迎ムードとは無縁な会話をしています。


今宵はバーベキューパーティがあるとのことで、それまで6人は各々の部屋で過ごす事に。


バーベキューの具材が必要ですね。
南部のマッチョマンに言い寄られた北部女。良い雰囲気の途中でいきなりナイフで指を切られる。
20190710223043afa.jpg
「ちょっとアンタ!なにすんのよ!」




と言い終らぬうちにその指をチョンパされるっ!
20190710223043c95.jpg
南部男はヒャッハー!
北部女は絶叫!


これは治療が必要だと連れていかれたのは町長室。
無理やり台に寝かせられ、治療どころか斧を振り上げる町民!

ヒャッハー!
2019071022304337c.jpg




どうやらバーベキューの具材がゲットできたようです。
20190710223043230.jpg
よかったね!


よもやそんな出来事が起きていようとは思わない他メンバー。

教師のトムはその知識を活かして、町民に探りを入れたみたい。
20190710223154628.jpg
ところが町民は祭の事も、主賓の彼らについての意味も話そうとしないらしい。ちょっとおかしくないか?とテリーに言う。

「100年前に何があったか知ってるだろう?」
「たしか南北戦争があった年ね」
「我々北部に負けた南部の者が、果たして歓迎するだろうか」


その夜。
バーベキューパーティが始まりました。北部メンバーもその場にいますが、ただカントリーを聴かされるだけ(笑)
目の前に焼かれるは明らかに腕なのに、北部メンバーも少しは気が付け!


パーティを抜け出したトムとテリーが見た石碑。
20190710223154c39.jpg
ありゃ!
やっぱりこの町では悲惨な出来事があったようです。北部の奴らを歓迎するなんて嘘じゃないか。

主賓なんかじゃない。

生贄じゃねーか!


殺戮その②
201907102231541d2.jpg
ダービースタリオンの始まりだ!ヒャッハー!
四肢をロープで馬に引っ張って貰うぜ!ヒャッハー!




いやいや、コトが終わったシーンを見せられても(;・∀・)
2019071022315407f.jpg




殺戮その③
2019071022315469b.jpg
樽転がしをするぜ!ヒャッハー!
今時こんなのが面白いのかって?中に人が入るんだよ!釘入りでな!





ある程度、予測はついたぜ!ヒャッハー!
2019071022315427d.jpg




こんな楽しい100年祭に参加できるか!トムとテリーは、町民の見張りをかいくぐり、村外まで逃げます。
途中、底なし沼にハマッたりしますけど、追跡した町民が普通にその底なし沼で溺れるのが不思議。
2019071022325445b.jpg
お前、町民だろが。


逃げてる途中で意味のないお色気シーン。
20190710223254f33.jpg
カントリーミュージックも、ここだけカトちゃん風になる(笑)





殺戮その④
20190710223254e93.jpg
どう見ても不安定な場所に巨大岩が置いてある。
だいたいどうやってそこに持ち上げた?愚問だぜ!ヒャッハー!





想像通り。
201907102232545bf.jpg
腹に落ちたはずなのに、額から血が出るっておかしくね?


そんなこんなで殺戮ショーが開催される町に、なぜか舞い戻って来たトムとテリー。


理由は自分たちの車を取り戻すためってキスする時間ある?
2019071022325467e.jpg
緊張感のなさがこの映画の欠点の1つ。
1つどころかいっぱいあるけど割愛だぜ!ヒャッハー!



無事に車をゲットして町から脱出した2人。
北部のイカした車とは違い、南部野郎どもの車は歴史感溢れ壊れないかヒヤヒヤである。
20190710223254452.jpg




警察に駆け込み、プレザント・ヴァレーについて捲し立てても警察は「は?」って顔です。
20190710223331b39.jpg
毎度おなじみ「そんな町はない」っていうオチかと思ったんですけど。




2人を逃がしたプレザント・ヴァレーの町民たちは、100年祭の片付けの真っ最中です。
20190710223331eae.jpg
4人をヤッただけでも満足そうですね。よかったね!




警察と共にプレザント・ヴァレーに向かうと、予想通り町はなかった。
2019071022333192c.jpg
ところがですね、警察は「実は100年前に町があって」と話し出す!さっき警察署では知らんって言うてたくせに!



そんな彼らとそう離れていない場所で南部メンバーが次の祭りに向けての眠りにつこうとしています。
201907102233319b1.jpg
次は200年祭て・・・気が長いね!

ヒャッハー!




★★★★★★★
何が面白いのか。
こっちが聞きたいくらいである。1964年の映画だからね。節度ある発言に努めます、ハイ。
殺戮シーンは間延び、それ以外のシーンも退屈過ぎ。リメイク版を観ていないがそちらの方がイケてるのかな。

↓カントリーミュージックが頭から離れんのよ(笑)


スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR