FC2ブログ

読書感想文『看守眼』

物足りなさを感じるも良質に変わりはない
20191102134156bb3.jpg
・読みやすさ
★★★★☆
・恐怖度
★★☆☆☆
・大どんでん返し度
★★★☆☆
・感動度
★★☆☆☆
・総合評価
★★★☆☆


<あらすじ>
刑事になるという夢破れ、留置管理係として職業人生を閉じようとしている、近藤。彼が証拠不十分で釈放された男を追う理由とは(表題作)。自叙伝執筆を請け負ったライター。家裁調停委員を務める主婦。県警ホームページを管理する警部。地方紙整理部に身を置く元記者。県知事の知恵袋を自任する秘書。あなたの隣人たちの暮らしに楔のごとく打ち込まれた、謎。渾身のミステリ短篇集。


横山秀夫、お得意の「警察モノ」は少しだけ。
普通の人々が織りなす闇を描いた作品が並ぶ短編集です。
各章、スロースタートなのですが一気に加速して終焉を迎える着地の筆力は流石だなと唸る。



看守眼
表題作だけあって、やはり一番読みごたえがあった。
看守で培った洞察力が、事件の真相を暴く・・・のではないかという終わり方が心憎い!



自伝
怠惰な人生を送る主人公ライターが、一発逆転に賭けた結果は・・・
私の中ではこのオチに納得です。欲は人を滅ぼす。



口癖
重い・・・
重い内容です。そんなことあるか?ってことも横山が書けばリアルになる。口癖は気を付けよう。




午前五時の侵入者
警察モノが再び。
署のHPがハッキングされ、犯人を捜す・・というよりは保身に回る警察署のドロドロがメインかも。




静かな家
これは微妙でしたね。
出版業界の大変さは重々にわかるけど、主人公に共感できなかったのがイタイ。




秘書課の男
男が男を妬む話。
職場においては実は女よりも陰険なのかもしれない。男が仕事に賭けるプライドは女の比ではない。


殺人事件があれば、家庭の主婦の話もありバラエティに富んでいるのは嬉しい。それに読みにくいということもありません。
けれど、横山秀夫の重厚感たっぷりな世界に入り込むなら物足りないです。
同じ短編でも「第三の時効」の後だから、余計にそう感じてしまいました。



私、病院の待合室で看守眼の章を読んでいたのですが、盛り上がってきたところで名前を呼ばれてしまいました。
先生と話中も続きが気になって(笑)
さすが表題作。


スポンサーサイト



テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR