FC2ブログ

読書感想文『怖い絵』

大塚美術館に行きたくなってきた
20191229155930385.jpg
・読みやすさ
★★★★☆
・恐怖度
★★☆☆☆
・大どんでん返し度
★☆☆☆☆
・感動度
★★☆☆☆
・総合評価
★★★☆☆



中野京子先生の膨大な知識量には感服する。
さらにその情報を、驚くほど分かりやすく文章に起こす才能に、またも感服。
1枚の絵に込められた時代・思い・謎・・・そして恐怖をえぐり出し、読者に提供する手腕は見事というしかない。


僭越ながら、私も絵画は好きだ。
知識も毛が生えたくらいは持ち合わせているつもりではあった。しかし中野先生に比べれは、ノミレベルです。




20点の作品で、個人的に恐怖を感じたのが


エドガー・ドガの「踊り子」です。


ドガの作品にはバレエを扱った主題、ことに楽屋や練習風景、舞台袖といった一般人では出入りできない場所での場面を描いたものが多いのですが、それは当時のバレエというものが現代とはあまりにもかけ離れた社交場だったとは知りませんでした。


舞台上で、細く白い手を伸ばして踊る少女。
それを舞台袖で見ている黒服の男性。

この構図は初見だと、支配人が踊り子を舞台袖で見ていると考えますが実際は違う。




その理由を知ると心底「ゾッ」とします。

時代のドス黒い部分を切り取ったドガの洞察力。そして悲哀。天才の筆は見事に描いています。



1点1点を丁寧に説明してくれる中野ワールドにすっかり魅了されました。
怖い絵シリーズは人気となり、続編も大人気。

こうして・・・


この目で確かめたい!という欲求に駆られるという、オマケが付きました。


大塚美術館に再訪したいわ。


スポンサーサイト



テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR