FC2ブログ

『ZOMBIE』

ルチオ・フルチという監督は、天才だと思います。
眠気とグロを混ぜた奇跡を生み出したのですから・・。



51BHX5Y47PL__SL500_AA300_.jpg
ルチオ・フルチ。
この名前を聞いてムフフッと思う人は根っからのゾンビ映画ファンでしょう。しかもストーリーよりも残酷描写を好む傾向がある、少しマニアックなファン。悪いとは言っていません。だって私もイタリアゾンビはとっても大好きだからです。その破綻したストーリーと、これでもかと叩きつけるゴアは、エンターテイメントが何たるかを網羅したかのよう。しかし間違ってはいけません。褒めてはいますが、ストーリーとしてはちっとも面白くありません。それも含めて、フルチは凄い人だったんだなぁと改めて思うのであります。



ニューヨーク湾内に無人のクルーザーが漂流しています。
巡回中の警備船がこれを発見。警官たちが中に乗り込むと、腐乱した大男が出てきたではありませんか!
DSC_0502.jpg
警官の一人は喉笛を食い千切られ絶命。この大男は銃弾を浴びても平気ですが、何発も撃たれたせいで海に落っこちてしまいます。


警察の調べで、この船の持ち主の娘アンが事情聴取を受けます。しかしアンは持ち主である父親の所在がわかりません。行方不明なのです。この怪しい事件に新聞記者のピーターが嗅ぎ付け、2人で父親がいたであろうマツール島に向かうことにします。
DSC_0503.jpg


マツール島に向かうため、クルージング予定のカップルに同乗させてくれとお願いします。
DSC_0504.jpg
地元人から忌み嫌われているマツール島に行くのを渋るカップルですが、上陸しなくていいからという理由でOKを貰いました。


その頃、マツール島には、島に蔓延する伝染病治療の為にメナード医師が奮闘中。
しかし特効薬ができず、島人たちは毎日のように死んでいくのです。メナード医師の美人妻も、ほんの少しのバカンス気取りでこの島に来たものの、えらい場所に来てしまったと旦那を責めまくり。
DSC_0505.jpg
島にはなにやら不穏な空気が流れているようで、妻は常に怯えています。


ベッド数が足りないから、ボートに寝かせている患者もいたりして、かなり深刻な状況です。
DSC_0508.jpg



マツール島に向かうピーター一行ですが、こちらはリゾート気分満喫中。
スキューバーダイビング中に鮫に襲われますが、ついでにゾンビも海中から出てきました!
DSC_0507.jpg
そしてサンゲリア迷物「鮫とゾンビの格闘」シーン。
脱力気味なシーンでございます・・。


しかし、この映画の見所はグロ描写です。
メナード医師の妻が、ゾンビに襲われるシーンはゾンビ映画屈指のグロさです。
ゾンビに髪の毛を掴まれたかと思うと・・。
DSC_0509.jpg



木の片が目玉にブスッ!!
DSC_0512.jpg
この一連のシーンは一瞬ではなく、ずっとカメラが回っているのでグロ度高しっ!


哀れ、メナード夫人はゾンビの餌食になってしまうのです・・。
DSC_0511.jpg


妻の窮地など知らぬメナード医師は、死んだ島人たちの頭を次々に銃で撃ち抜きます。
そう、死んだ島人たちの病気は死ぬと蘇ってしまうのです。ゾンビ化してしまうのです。
DSC_0515.jpg


ピーターたちがマツール島に到着し、メナード医師と合流。
アンの父親がメナード医師の恩師であること、そして島に広がる謎の伝染病により命を落としたことをアンに伝えます。アンは父が死んだことに悲しみます。

メナード医師は「島の裏側に自宅があるので、妻に会ってやって欲しい」と告げます。
前回の鮫の格闘の時に船が故障してしまったので、カップル達も上陸していたのですが暇つぶしにとメナード宅に向かいます。


そこには・・。
DSC_0513.jpg
変わり果てたメナード夫人の姿がありました。


ピーター達は、これはやばいとばかりに家を飛び出しますがゾンビに襲われてしまいます。
車で逃走するものの誤ってゾンビをはねてしまい、車も故障・・。不運続きです。


とにかくメナード医師にこの事を伝えなければと、徒歩で診療所に向かいますが、途中、休憩した場所がマズかった。なんと、普通に座っていた場所が墓場だったのです!


土中からゾンビがコンニチワ!
DSC_0516.jpg
ゾンビメイクはグロくて最高なのに、あれ、肩は普通の肌色だぞ!?


そんな事に気でも取られていたのか、アッサリ襲われるメンバー。
DSC_0517.jpg
喉からゴボコボッと血が吹き出る効果音が気持ち悪いのであります。




からくもたどり着いた診療所でメナード医師に理由を説明。
早く何とかしないと・・と思っていた矢先には、もうゾンビが大集合しているのであります。
DSC_0518.jpg



とにかく戦うべし!!
DSC_0520_20130802132904399.jpg

が、気が付けばメナード医師も顔面を食い千切られて死んでしまい、他にも数名いましたがあっという間にゾンビの餌食となってしまいました。

火炎瓶を使い、ゾンビをひるませた後、ピーターらは診療所を脱出。
船まで走ろうとするのですが・・そこに・・。
DSC_0521.jpg
やはりさっきまで行動を共にしていた人がゾンビになってしまうと、行動が鈍ってしまいます。
こういう時はためらわず脳天を吹き飛ばしましょう。



ピーターとアン、そして腕を噛まれたカップルの男の3人が船に乗り込むことができました。
しかし、カップルの男はしばらくして死亡。
ピーターはこの死体をニューヨーク本土に持ち帰ると言い出します。
DSC_0522.jpg
アンは反対しますが・・。どこかでドアを叩く音がします。

そう、男は蘇ったのです。顔面蒼白のピーター達。海の上では逃げ場がありませんから・・。



その頃ニューヨークでは・・。
DSC_0523.jpg
死者の行進が始まっていたのでした・・・。



上映された当時は賛否両論、いや否定的意見が多かったであろうこの作品。
しかしそれでもカリスマ的支持が今でもあるということは、その形勢は逆転した模様。
名(迷)作というのは、こういうものだと考えさせられます。ストーリーだけでもない、残酷描写だけでもない。すべてが不安定に融合してこそ、傑作は生み出されるのですね・・。
本作だって、眠気を誘うような青い海と砂浜のシーンが盛りだくさんで、残酷描写が無ければカス扱いですが、それがうまく調合しているのでしょうね。
ハッキリ言って、ホラー映画ファンでなければストップボタンを押される勢いの映画ですが、フルチの素晴らしさを少しでも感じ取ってくれたら嬉しいですね
資金難で作られたせいか、いろいろとエピソードがあるようです(冒頭の船のシーンと最後のゾンビ行進シーンは無許可撮影)。
ちなみに、最後のゾンビ行進シーンは、冒頭で襲われた警官が伏線になってるんですヨ
あれ、そう思うとストーリーはちゃんとあったのかなぁ



スポンサーサイト



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR