FC2ブログ

ホラー映画『サスペリアPART2』

傑作と言いたい(個人意見)
サスペリア2
イタリアンホラーの巨匠ダリオ・アルジェントのヒット作。
邦題が「サスペリア2」となっているのに「サスペリア」より先に撮影されたというムチャクチャぶり。サスペリアがヒットしたので、アルジェント作品にサスペリアって邦題を付けたんですが、内容はまったく違います。当たり前か。ホラー映画というよりはサスペンスですね。謎解きメインのストーリーに、執拗な残酷描写。今作がホラージャンルになるのはそこが要因かもしれません。


まずは前作
サスペリアレビュー



アルジェント映画の特徴である色彩が派手なオープニング。
20140511172618dd3.jpg




とても綺麗な霊媒師。人の心が読み取れる凄い女性なんです。
2014051117261873c.jpg
ところが講演会場で彼女は命を狙われている事を察知します。強烈な殺意が彼女を取り巻き、観ているこっちが唖然とするほど怖がります。




講演終了後、主催者の教授に「犯人がわかったので原稿にして明日渡す」と自宅に帰った霊媒師は、哀れ斧で惨殺されてしまうのです。
201405111726186c4.jpg
執拗な肉切りシーンもアルジェントらしいです。



主人公のマーク(右)。
20140511172618d65.jpg
アメリカで成功したピアニストです。地元凱旋ではないですがイタリアに戻って旧友マルロとご対面です。成功したマークとは違い、マルロは酒に溺れ、場末のバーでピアノ弾きをしている生活です。
マークを羨み、自分に嫌気がさしているマルロを、マークは優しく慰めるのです。

このマーク、見た目はポール・マッカトニー。イタリア語を話すポールは、なんだか不思議(笑)

この2人が立ち話をしている広場で、偶然にも霊媒師が殺された!時空列がおかしいので混乱しますが、どうも霊媒師の家は2人がいた広場の向かいにあった模様。
20140511172618886.jpg
ややこしいよ・・・。
正義感溢れるマークは、霊媒師の自宅へ普通に侵入。霊媒師を助けようにも、既に事切れた様子。その時、マークはブラウンのコートを着た人物が走り去るのを目撃。警察に届け出るものの、逆に疑われてしまう始末。



そんな事件現場を嗅ぎ付けた新聞記者のジャンナ。
20140511172618cb3.jpg
マークが第一発見者だと知ると、色気で情報を聞き出そうとします。実際、色っぽいのですが、勝気な面がマークの逆鱗に触れ、2人は何かにつけて喧嘩です。




警察の長い尋問が終わり、マークはマルロに言います。
20140511172745e93.jpg
「あの部屋に入った時、あった何かが無くなっているように思える」
部屋に到着した時と、警察と現場検証している時ではなにか違和感を感じたのです。相変わらず酔っぱらっているマルロは、気のせいだと一蹴します。

マークは独自で捜査を開始します。
もちろん新聞記者のジャンナも付きまといます。何だかんだと仲が良い2人です。


講演会での様子を主催者に聞いてみると、霊媒師が指差した観客席の人間が席を立ったと証言します。
20140511172745cc3.jpg
犯人は講演会に来ていたようですが、顔までは見えなかったとのこと。



捜査の合間に、マークとジャンナの掛け合いがあります。この時は腕相撲
20140511172745c5b.jpg
マーク、2回負けます



友人思いのマークは酒浸りのマルロの事も気がかりです。彼の家を訪ねると、「元女優」の母親が出てきました。
20140511172745722.jpg
凄いメイクです。女優だった頃を忘れていないようですね。マルロは留守なのでお話ししましょうと言う母親を振り切り、マルロがいる恋人のもとへ・・・。


恋人は「彼はいるけど病気よ」とマークを招き入れます。
20140511172745884.jpg
凄い綺麗な恋人ですか、実はなのです。マルロはゲイだったのです。



マルロは「酔っぱらいな上に、ゲイで驚いただろう」と情けない声です。しかし冷静に言うのです。
201405111727456ef.jpg
「君が追っている事件から手を引かないと、命を失う事になる」
と。


親友の忠告が見事に当たり、マークは命を狙われることになります。
20140511172926166.jpg
犯人がマークの自宅に忍び込んだ際、子守唄が流れたのです。恐怖で身を縮こみながらも、マークはそのフレーズをしっかりと記憶するのでした。



マークは自力で子守唄のレコードを手に入れます(普通に売ってた)。それを教授に聴いてもらい助言をもらうと・・・。
20140511172926674.jpg
「子守唄にちなんだ幽霊屋敷について書かれた書があり、その著者に会ってみてはどうか」と言われます。



しかし、時すでに遅し!女性作家は惨殺されてしまいます。マークはまた第一発見者ですので、警察に追われるハメに。
201405111729262fe.jpg


マークの執念は凄かった!本に描かれていた屋敷を見つけると、単独調査開始するのであります。
201405111729267f7.jpg


そこで発見したのは、不気味な絵でした・・・。
2014051117292637a.jpg


犯人の魔の手はマーク以外にも及びます。
20140511172926f99.jpg
教授の家に変な人形(デカイ)が襲ってきます。これがかなり怖い!


破壊しても動く様に、トラウマになった視聴者多数!
20140511173045aab.jpg
犯人について調べようとする人間は、ことごとく殺害されてしまいます。マークよ、早く犯人を暴け!!



マークの調査が功を奏し、屋敷内でミイラ化した遺体を発見です!しかしこの時点ではこの遺体が誰かはわかりません。
20140511173045759.jpg
まずは壁に描かれた気持ち悪い絵の調査ですが、これもいとも簡単に出所がわかります。出所先の小学校に向かったマークとジャンナ。
マークはついに、絵を見つけます!!その絵を描いた者の名は・・・。



1人小学校内をうろついていたジャンナが何者かに刺されます!
20140511173045b52.jpg
刺されたジャンナを見て、マークは初めてジャンナを愛していたことに気が付くのです(笑)

マークの後ろに立っていたのはマルロでした。あの壁の絵を描いたのは幼いマルロだったのです。じゃあ、あの家はマルロの生家なのか??
涙ながらに「君の事が好きだったのに、どうしてこの事件について嗅ぎまわるんだ」と銃口をマークに突き付けます。マーク、絶体絶命の大ピンチで警察がやって来ます!


逃げるマルロでしたが・・・。
20140511173045d48.jpg
ドリフみたいな結末で、最後は頭を潰されて死んじゃった!!!

犯人はマルロ・・・。
事件は解決したものの、マークは納得いきません。

最初の事件の時、マルロは自分と一緒だったじゃないか!
20140511173045ab3.jpg
今更ながらに大事な事に気が付いたマークは、最初の殺人があった霊媒師の部屋に行きます。すべてはここから始まったのです。


何かが、何かを見落としていはずなのです。
20140511173147031.jpg



そしてマークは・・・。
201405111731479df.jpg
「そうか・・・そういう事か・・・」


謎が解けたマークの後ろに真犯人が・・・。
2014051117314724a.jpg

★★★★★★★
面白かった~!本当に純粋に楽しめました。
イタリア語は私にとって、陳腐な言い回しに聞こえるので安っぽく思えるのですがこの映画も漏れなくコメディ調です。なのに怖いんですよね。きっとそれは異様な空気と色彩、そしてグロ度の高さだからではないでしょうか。サスペリアよりも面白いです、個人的に。犯人については、えー!っとなる人もいれば、気が付いていたという人もいるかもしれません。私は気が付かなかった!悔しいので最初っから観なおしました(爆)。
見つけた時の嬉しさと言ったら・・感無量。最初っから見つけた人は、凄い洞察力だと思います。そういうのがシーンのあちらこちらに散りばめられているので、飽きさせません。変な音楽も耳に残ります(笑)
ちなみに犯人だけど・・・みなさんもうわかりますよね?


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR