FC2ブログ

読書感想文『殺戮にいたる病』

強烈なオチ。
20140716085651594.jpg
・読みやすさ
★★★★☆
・恐怖度
★★★★★
・大どんでん返し度
★★★★☆
・感動度
★★☆☆☆
・総合評価
★★★★☆


作者の我孫子武丸氏の名は知らなくても、サウンドノベルの最高峰「かまいたちの夜」を知っている人も多いのではないでしょうか。そのかまいたちの夜のシナリオ担当が我孫子氏なんですね。私も漏れなくプレイしましたよ。面白かったです。よく死にましたが(爆)
人間の猜疑心をうまく利用したゲームでしたが、今回手に取った小説もそういうシーンがいくつもあります。そしてオチにびっくりして、調べてみると「叙述トリックの最高峰」作品だそうです。ここのところ、ずっと叙述作品ばかりを読んでいたので、驚かないつもりでいましたが、今まで読んだ中ではダントツの騙され方をしてしまいました。文章の違和感は感じていたのに、オチで「???」となり、もしかして・・・と読み返すと「えーーー!」ですよ。
勘のいい方は題名で感じ取るかもしれませんが、グロ度も相当なモノです。ホラー映画を観ている私でも、部分的に「オエッ」となる描写がありました。思わず下腹を押さえたほどです。

<あらすじ>
永遠の愛をつかみたいと男は願った――東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔! くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。
-講談社紹介文より-


正直、私がここで語るよりも是非手に取って読んで欲しい1冊です。


次回の作品はこちら
20140802092738af0.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR