FC2ブログ

読書感想文『占星術殺人事件』

トリックはわかりましたよ!

・読みやすさ
★★☆☆☆
・恐怖度
☆☆☆☆☆
・大どんでん返し度
★☆☆☆☆
・感動度
★★☆☆☆
・総合評価
★★☆☆☆


1936年2月26日。二・二六事件が発生したその日、猟奇的で難解を極める事件が起きた。画家の梅沢平吉が自宅の密室状態のアトリエで殺された。そして現場に残された遺書には怪奇な内容が記されていた。
それは若い6人の処女からそれぞれの星座に合わせて体の一部分を切り取り、それらを合成して完璧な肉体を持つ女性「アゾート」を作成するというものだった。
その後、6人の姉妹が全員殺され、それぞれ頭、肩、胸、腰、大腿部、下足部が切り取られた状態で発見された…。はたしてアゾートは作成されたのか? また、アゾートはどこにあるのか? そして犯人は誰なのか? 幾多の謎は解かれることなく、占星術殺人と名づけられたこの事件は、やがて迷宮入りとなった。
それから約40年後の1979年。御手洗潔は、石岡和己からこの事件のあらましを聞き、珍しく興味を示した。すると、文献などから事件を調査する2人のもとへ、思わぬ来訪者が現れた…。

-wikipedia参照-


ミステリーファンご存じの御手洗シリーズです。
これが第一作になるのかな?何せ初めての島壮&御手洗シリーズ。知識皆無で完読したもので(汗)

6人姉妹のバラバラ死体が全国に散らばり、しかも犯人と思わしき父親が、娘たちよりも先に殺されている。さあ、犯人はいったい誰?となった時、私は衝撃を受けました。何故なら「どこかでこういう作品を読んだことがある?」と気が付いたからです。

そう、それは有名探偵漫画「金●一少年の事件簿」です。どの事件かは伏せますけど、まんまでしたね・・・。
どうやらこのトリックについて、いろいろと物議が起きたそうですが、確かにそのトリックがわかれば犯人は自ずとわかってきます。私の場合は、トリックはわかっても犯人はわからなかったですけどね。


しかし、このトリックは、現代では通用しないでしょう。
科学捜査の前では、この完全犯罪と思われる事件も一発で解決です


最初の占星術に関する説明のハードルがとても高く、読むのが億劫ですが、それを読まないと全体像が薄っぺらくなります。占星術と血液型の重要性が、この小説のキーになるんですね。
御手洗先生は天才的なひらめきで、43年前の未解決事件を解き明かすんです。あんまり占星術は考えてなさそうだけどね。

犯人、最後は自殺しちゃったけど、死ぬ理由ってあったのかなぁ。
「誰かが自分のもとに来たら死ぬつもりだった」って、来なかったらどうしてたのかな。
うーん、なんか引っかかります。

読みにくい事はないですけど、心には響かなかったかな。きっとトリックがアッサリとわかったからかも


次回の作品はこちら
201408271007205ef.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR