FC2ブログ

読書感想文『墓地を見おろす家』

マンション買うのも大変だ。
201408271007205ef.jpg
・読みやすさ
★★★★☆
・恐怖度
★★★☆☆
・大どんでん返し度
☆☆☆☆☆
・感動度
★★☆☆☆
・総合評価
★★☆☆☆



あらすじ
新築・格安、都心に位置するという抜群の条件の瀟洒なマンションに移り住んだ哲平一家。問題は何一つないはずだった。ただ一つ、そこが広大な墓地に囲まれていたことを除けば…。やがて、次々と不吉な出来事に襲われ始めた一家がついにむかえた、最悪の事態とは…。復刊が長く待ち望まれた、衝撃と戦慄の名作モダン・ホラー。
-BOOKデータベース参照-


わけのわからないものが、徐々に近づいてくる恐怖。
確かに理由や正体がわからない恐怖と言ったら、下手な怪物を見るよりよっぽど怖いですよね。ある一家が買ったマンションは、とにかく住居人が少ない。墓地が目の前という以外に、何か得体のしれないモノが住居者を襲っているのです。
「幽霊なんていやしない」なんて、楽観的に見ている主人公一家は、本音を言えば金銭的な理由で去れないんですよね。ハッキリとした恐怖を感じた瞬間、後戻りできない結末を迎えるのです。
一家の娘と犬以外は、少しも同情できない登場人物たち。読んだらわかります(笑)

どうして?なんで?という疑問が一切回収されないのも、恐怖の余韻が残っていいのかもしれません。
ハッキリと「それ」が描写されたのは、タクシーの運転手が見たものでしょうか。気持ち悪かった。


「それ」の攻撃は、はっきり言って陳腐です。
そんな攻撃あり?みたいな、一気に空想世界に飛んじゃう内容です。題材が題材だけに、これが精いっぱいだったのか?

期待の怖さは、私にはそんなにでした。
ちょっとエレベーターに乗るのが怖いかなって思いましたけどね。



次回の作品はこちら
201409160805423bd.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR