FC2ブログ

読書感想文『生ける屍の死』

ホラー小説と勘違いしてました。
20141209121029312.jpg
・読みやすさ
★★★☆☆
・恐怖度
★☆☆☆☆
・大どんでん返し度
★☆☆☆☆
・感動度
★☆☆☆☆
・総合評価
★☆☆☆☆




<あらすじ>
1900年代末、アメリカ各地で死者が蘇るという奇怪な現象が続発する。ニューイングランドの田舎町・トゥームズヴィル。バーリイコーン一族はここで州内随一のスマイル霊園を経営していた。最近屋敷に滞在するようになった一族のパンク青年・グリン。グリンは一族のお茶会の日、誤って毒を口にして自室でひっそりと死んでしまうが、御多分に洩れず蘇る。グリンは自分が遺産相続をめぐる計画殺人の煽りを食ったのではないかと考え、死者であることを周囲に隠しつつ、自分の死の真相を突き止めることを決意する。しかし事態はさらに進展する。当主スマイリーの通夜の夜、跡を取った長男のジョンが葬儀堂の遺体安置室内において刺殺体で発見されたのだ。さらにスマイル霊園には、夜な夜な行動する謎の殺戮者の存在が。生と死の境界があいまいになった世界で、グリンは一連の事件の真相を突き止めることが出来るのか。リミットは自分の肉体が腐りきってしまうまで。
-wikipedia参照-


600ページを超える長編作品でも、スラスラと読める小説もあります。

が、今回は私が勝手にホラー小説だと勘違いして読んでしまったので、まさかの推理小説とは思わなかった!

思惑と違っていると、なかなか読むスピードがあがらず、面白ければそれなりに集中できるんですけど、海外作家らしい「例え引用」が多くて少しげんなり・・・。


死者が甦り、ゾンビとなってしまうと私はすぐに「食肉」と結びつけるんですが、この作品は生者と同じ感覚なんです。
食欲もなければ睡眠もない。痛みもない。
だけど体は日々腐っていく。

早々に殺されてしまった主人公は、ゾンビとなりながらも自分を殺した犯人を捜していくのです。
すぐに死体とバレそうですが(汗)。


生者と死者が共存する世界で、はっきり言ってムチャな事も可能だと思うんですよね。実際、これが犯人暴露のキーポイントとなるわけで。


なーんかスッキリしない作品でした。


もしかしたら、ゾンビものという固定観念が、作品の視野を広げられなかった要因かもしれません。
期待していただけに残念です。


次回作はこちら
20150120085759c3c.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR