FC2ブログ

『CABIN FEVER』

記憶に残らない平凡映画
キャビン・フィーバー
最近ホラー映画を撮ってるの?的なイーライ・ロス長編デビュー作品。
19歳の時、監督自身が経験した皮膚病を基に山奥で恐怖を味わう若者の姿を描いてます。彼の作品で期待するのはグロ・グロ・グロ。それ以外に何を望もうか←もっと違うのを望もう!
蓋を開けてみると、グロくないし面白くもない。同じ面白くないのでも『ホステル』のようなドキドキが欲しかった。グロよりドキドキ。実はこれがホラー映画の本質かも。





山奥に住むヘンリーが、愛犬の体が真っ二つになっているのに驚く。
20190804101128aad.jpg
思いっ切り返り血を浴びてしまったヘンリー。

物語は、この飼い主と犬が発端となるのです。



今回の犠牲者たち↓↓


生え際が怪しいジェフと美脚のマーシー。
2019080410112838e.jpg
序盤はラブラブなのですが、一気に冷え込むバカップル。



友達以上恋人未満のポールとカレン。この旅行で結果を出したいポール。
20190804101128ca4.jpg
唯一のシングルであるバートは、お調子者。お調子者の度が過ぎているのでエライ目に遭うことに。




彼らが途中に寄る露店にいた、デニスという子。
201908041011286f2.jpg
いきなり手を噛んでくるんです!変な子やなで終わるかと思いきや、実は終盤にも出てくる。よく見るとドント・タッチ・デニスと書いてあるぜ。芸が細かいな、オイ。



山小屋に到着すると・・・
20190804101128256.jpg
「死霊のはらわた」のまんま!
いいんですよ。死霊のはらわたが大好きだから。てか、このシーンはどう撮ってもそうなるわな。


小屋に着くと、セックスを始める者、湖で遊ぶ者と各々で楽しむ一行。

独り身のバートだけは、銃を片手に山奥を散策です。狩りを楽しむんですね。お目当ての動物を狙って・・・


バキューンッ!
2019080410112877f.jpg
人間を撃っとるがな!
よく見たら、冒頭のヘンリーだった!撃たれたのとは別に、様子がおかしいよね。肌が爛れているように見える。
焦ったバートは「助けを呼ぶ」と嘘をつき逃げ帰っちゃうんですよ。

人を撃ったのを皆に黙っているバート。
夜のお楽しみキャンプファイヤーが始まる。

火を囲んで話すのはこわ~い話
近所のボウリング場で殺人事件があったらしい。犯人は従業員だって。
20190804101312d59.jpg
実はこの描写が一番怖いかもしれんね。




イーライ自身も従業員役で登場。首チョンパされちゃう陽気な店員役だ。
201908041013123c2.jpg




バラバラにした手足でストライク!
201908041013121c1.jpg
は無理やね。

「なにー、作り話でしょー?」
「本当の話だよ!小さい頃に俺が通ってた実在するボウリング場の話!」


すると物音がする!

犬と共に現れたのはグリムという男。こんな山奥にひょっこりはんです。怪しいに決まってる。
20190804101312dd8.jpg
「俺もパーティに混ぜてくれよ」
いきなりである。

さすがの皆も「それは・・・」と丁重に断ろうとしたら「俺、ハッパ持ってるよ」の言葉にウェルカムですよ。本当に馬鹿である。ところが急に雷雨が襲う。
「俺の大量のハッパが濡れちまう。取って来るから小屋で待ってて」とグリムは犬とその場を離れました。ハッパの魅力にイチコロなメンバーは、下品な話を楽しみながら待ってます。


ドンドン


グリムが戻って来たのかとドアを開けると、顔の肉が剝がれ落ちそうな男が立っている。ヘンリーじゃん!お久しぶり、てか死んでなかったのね。
「ヤバイ!」と焦ったのはバートですよ。見殺しにしたつもりが小屋までやって来たとは想定外。
201908041013127f3.jpg
「助けなくちゃ」
「いや、あの顔を見たろう?なんかに感染しててヤバイ!」

仲間内で揉めていると、外で車のエンジン音がする。
ヘンリーが勝手に車に乗り込んだのだ!慌てて全員でヘンリーを捕まえる。と、大量の血を吐いたヘンリー。これはマズイ状況ですよね。しかも運の悪いことに、たいまつで追い払おうとしたのが仇となってヘンリーに引火。


火だるまのヘンリーは、叫びながら森の中へと消えたのです。
結果、池に飛び込んでそのまま死亡。
201908041013129ea.jpg
ポールたちはヘンリーの生死を知らないのですから、顔面真っ青ですよ。
「死んだ?」
「助かった?」←それはねーだろ

とにかく警察を呼ぶしかない。そこは常識人です。


とろこが携帯の電波が届かない。
朝になって小屋周辺の民家で電話を借りようとしたら、生きた豚を殺す婦人に遭遇。
20190804101439857.jpg
「とんでもない豚をつかまされたよ!こんなの売れるわけないじゃないか!」
ポールたちを豚の卸業者と勘違いしてるようです。

「僕たち、ベジタリアンです」
と、謎の説明をしてなんとか電話を借りたのですが、彼女の部屋に見覚えのある写真が・・・。
彼女と写っているの、ヘンリーじゃね?マズイと慌てて小屋に引き返します。


しばらくして保安官が小屋にやって来る。正しくは保安官ではなく、バイトみたいな奴なんですよ。
この血だらけの車を見ても、何の反応もない。致死量の血痕ですよ!?
20190804101439d90.jpg
「けどさ、君も若いからわかるだろうけどパーティは最高だよな」
この保安官(バイト)、大丈夫か?

車も動かないので、保安官(バイト)にレッカーの依頼をしましたが、どんなに急いでも明日になるらしい。全員がモヤモヤしてます。楽しい予定のはずが、もしかしたら殺人に関わったかもしれないもんね。



そんな中、カレンの体調が芳しくない。熱が出て非常に苦しそう。ポールは付きっきりで看病します。好きだもんね。側で寝息を立てるカレンの内股に手を伸ばしてしまうのは仕方ないよな。←いやいや

「ん。。。血?」

指に絡みつく赤い液体。最初は生理かと思いました。
2019080410143968e.jpg
「助けて、ポール・・・」
なんと!ももの皮膚が爛れているじゃないですか!
バートは「隔離しろ!」と言い、ポールは憤慨します。

けど、症状が感染系かもしれないと疑い出した今、バートの言う『隔離』に反対する理由もない。結局、少し離れた物置にカレンを移動させます。驚くことに、カレンもその処遇に抵抗しない。すでに抵抗する力も残ってないのかもしれませんが。

結局、レッカー車も来ないまま、バートが車の修理をやってのけました!
「やった!皆、早く車に乗・・・」

バートの口から血が出ます。
この現状を仲間はまだ知らない。慌てて口を拭うバート。カレンに続いて自分も感染したらしい。
201908041014398bf.jpg
ポールたちが物置にいるカレンを運び出そうとすると、カレンの激しい吐血が始まる。誰よりも驚いたのはバートでした。自分の生末を垣間見たからだな。自分もああなるのかと焦って車で逃走。
バート、最悪だな。


もっと最悪なのがジェフです。
必死で手当をするポールとマーシーに「お前らバカか?素手で触りやがって感染したぞ!俺はひとりで逃げる」と、これまたトンズラ。
20190804101439dd2.jpg
そのうえ愛するマーシーをとことん罵って去っていくのです。

やむなく再度カレンを物置に隔離したポールとマーシー。
男と女が窮地に立たされた時。
201908041014392ac.jpg
セックスがしたくなるようです。




激しいセックスの後・・・
20190804101554ed3.jpg
ポールは念のため、下半身をリステリンで洗浄(笑)


その頃。

1人逃亡を図っていたバートですが、行きに寄った露店まで来ました。
例のデニスがいます。バートが「電話を」と声を掛けたら・・・
20190804101554d2f.jpg
「パンケーキパンケーキパンケーキ」

はい。
非常にヤバイ演出ですね。

デニスはおもむろに立ち上がると・・・



アチョー!!
201908041015543b9.jpg
華麗なカンフーを見せつけます。
なんやこれは!



すると店からデニスの父親が出てくる。この親父も相当ヤバイです。バートと会話が成り立たない。しかもデニスを息子と言う。娘ちゃうんかい!
20190804101554c50.jpg
挙句の果ては銃を持ってバートを追い掛ける始末!!
話が急展開過ぎるんですけど!



小屋でマーシーが泣いている。
ジェフという恋人がいながらポールとセックスしたから自責の念で?
20190804101554d34.jpg
答えはノー。
正解は
全身の皮膚が爛れてきたからです。

これでポール、どっかへ逃げたジェフ以外が感染したことになる。しかし感染原因は?視聴者はわかってるけどねっ♪

ポール、ヘンリーの腐った死体を池で見つける。
枝でツンツクツンと突く。バカなことするから落ちます。
2019080410155433a.jpg
腐乱死体と一緒にスイミング。オゲー!

つまりが感染源でした。正しく言えば、感染したヘンリーの死体が浸かっていた池の水を飲んだため。
原因がわかれば感染を防げる!ジェフに知らせなければと、彼が籠っている洞窟に向かったポール。そこにいたのはジェフではなく、いつのまにか退場していたグリムの死体!体が半分コ!



自分の体に悲観したマーシーは、小屋を飛び出します。そこに待っていたのがグリムの犬。グリムが感染してたら、犬も当然感染してるよな。
2019080410171250e.jpg
画面をわざと赤く染めたのと、シェイキーカムのカメラワークは、死霊のはらわたを彷彿とさせる。

小屋=死霊のはらわた

もうこの図式は試験に出てもおかしくないよね!


ポールが小屋に戻って来た時には、マーシーの肉片しかない。
201908041017120dd.jpg
犬、スゲー食欲やったんやな!見事にバラバラに食われている。



やはり心配なのは物置にいる愛するカレン。忘れてたわけではない。
201908041017123e6.jpg
犬、まだ食っている。
「内臓が柔らかくて美味しいワン!」



私のお肉、美味しい?
2019080410171281c.jpg
カレンの見事までの顔に、ポール絶叫!100年の恋も一気に冷める!恐ろしいのは、犬に内臓を食われながらも生きているカレンの生命力!

犬はもちろん銃殺刑。
こんな姿でも生きているカレンを、ポールは鶴嘴でとどめを刺します。よりによって鶴嘴て。もっと楽な方法あったろうに。

ジェフ捜索は諦めて小屋を脱出しようと準備をしていたら、バートが戻って来たよ!
感染より怖い奴らがやって来るってポールに訴える。

もはや助かる見込みのないバートが最後にポールのために犠牲になったよ。
20190804101712bb4.jpg




そしてポールの素晴らしい殺人アクションは、ものの5秒で3人を瞬殺。
201908041017127df.jpg
感染より致死率高めやわ。




店主の乗って来た車を拝借して町へと逃げるポール。
激しい吐血でフロントガラスが真っ赤に染まる!発症したんだ(涙)そうだよねぇ、ヘンリーの浮かぶ池に落ちたんだもの。
201908041018099f2.jpg
おかげで鹿を轢いてしまい車は大破。仕方なく歩いていると楽しい声と音楽が聞こえる。そこには保安官(バイト)と若者が酒を飲んで騒いでるじゃないですか。

保安官(バイト)は「ああ、ワスレテタ」と悪びれる様子もなくポールに近づく。
そこへ無線が入る。
「悪性の感染が蔓延している。感染者を見つけ次第射殺しろ」

とんでもない無線である。まずもって射殺って言葉が出ることがおかしいだろ。
保安官(バイト)と若者は、明らかにポールを疑っている。


先ほども言いましたが、ポールの殺人技に無駄はない。
20190804101809bef.jpg
あっという間に叩きのめす。なぜか保安官(バイト)は気絶させただけだ。WHY?

しかしポールの体力も限界。
意識が遠のき・・・

目が覚めると病院でした。自分の状況がまだ理解できないポール。
20190804101809cf9.jpg
けど、体は感染を示す皮膚の爛れがハッキリと浮かんでいる。
そんな彼を見つめる医者はいくつか質問をします。ポールは上手に答えられない。とても過酷で辛いことが一度に起きた。何から話せばいいのか。



医者は病室を出ると、保安官(本物)に「うちでは扱えないですね」と匙を投げる。オイオイ。
20190804101809cc3.jpg
保安官(本物)も「うちが預かりましょう」と承諾する。

ん?どういうことでしょうか。


ところで。
例のジェフですが、無事に生き延びていました。水ではなく最初から最後までビールを飲んでいたのが幸いしたのです。運のいい奴ですなぁ。
血だらけの小屋を見て、やはり自分は隔離して正解だったと小屋の前で万歳三唱ですよ。
20190804101809d46.jpg
バンバンバン!!!


ジェフ、射殺される(笑)
おまけに火で燃やされるというオチつき。助かったのに、感染してなかったのに殺されちゃったよ。
201908041018097dc.jpg
このシーンはナイト・オブ・ザ・リヴィングデッドに似てますね。
本当に皮肉です。唯一の生存者を殺すなんて。ま、ジェフはムカつくからいいか。いいのか?




ところで。


ポールはその後どうなったかというと。
川で死んでいました。
201908041019022f9.jpg


つまり、病院のシーンはすべてポールが見ていたなんですよ。実際は、保安官(バイト)によって川へ投げ捨てられたのです。なんてこった!病院のシーン、いらんやん!
まあ、これもジェフの射殺シーンと同様に皮肉を込めた1シーンなのでしょう。

ポールの死体を写すカメラがゆっくりと引いていくと、子供たちが川の水を汲んでいます。

その川の水でレモネードを作って販売してますよ!ヤバイって(笑)
20190804101902843.jpg
しかも最初の客が保安官(本物)ですわ。
美味そうにレモネードを飲む・・・


そして感染は広がっていく。


★★★★★★★
本編と関係のない「ボウリング場」のシーンと「デニス」のシーンは、イーライ・ロスの頭の中を覗きたいほど。何が言いたかった?
ボウリング場は場を盛り上げる布石としても、カンフーデニスのパンケーキはいくらなんでも(笑)
それでも、彼が名作ホラーのオマージュを意識していると思われる場面もあって、嬉しかったのは確かです。

久々にレビューを書いたら仕事以上に疲れました。グッタリ!



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

『Two Thousand Maniacs!』

ヒャッハー!
マニアック2000
相変わらずスタイリッシュなパッケージ。
DVD化された日本では「マニアック2000」として発売されました。私は「2000人の狂人」のイメージだな。
今観ると大したことはないけど、当時は衝撃だったのは間違いない。
グロ映画の始祖らしい、けど軽いテンポの血みどろ映画です。




終始、南部のカントリーミュージックが流れる本作。
血みどろとカントリー・・相反する描写が感覚を麻痺させるんだな。
20190710222948c3e.jpg
北部からの旅行者4人が、誤った道に誘導されるシーン中もカントリー!
途中から観た人は、ただの楽しい旅行ドライブだと勘違いする。




「ヒャッハー!」
20190710222948202.jpg
誘導した南部の人間は大喜び♪

ストーリーは超絶簡単でして、北部から来た人間を南部の人間がある町に誘導するだけ。
誘導してどうする?


楽しい祭が待ってるのさ♪ヒャッハー!



その町の名前はプレザント・ヴァレー!
2019071022294897f.jpg
100年祭が開催中!めでたいね!ヒャッハー!




時を同じくして、別の車も誘導されました。今度は2名です。
201907102229485a5.jpg
実はこの2人は赤の他人。車が壊れてしまった教師のトムがヒッチハイクしたのです。乗せた美女はテリー。
先ほどの車と同じようにプレザント・ヴァレーへと誘導されちゃうんだけど、少しだけ不安感を醸し出します。ここが生死の分かれ道だよね。少しは疑わないとさ。




先客がプレザント・ヴァレーに到着。
20190710222948578.jpg
見て下さい、凄い歓迎ですよ。町長みずからお出迎えだ。南部の旗を振り、北部の旅行者をギラギラした目で見てる。




先客は2組の夫婦。
異様な歓迎ムードだから、怪訝な顔だよ。町長はそんな彼らを「どうぞ2日間楽しんで!」と放そうとしない。
20190710222948aaf.jpg
なんたって北部の方々は主賓なんだから、飲み物も食べ物も宿泊代だってタダ!

ほぉ~となる4人。
そこに遅れてやって来たトムとテリー。

町民はさらにヒートアップで迎え入れる。ヒャッハー!


合わせて6人は改めて町長からの説明を聞く。
「100年祭に相応しい主賓があなた達なのです。どうかこの町で心ゆくまで楽しんでくれ」
20190710223043aac.jpg
半ば強引に近い状態でホテルへと案内される6人です。

皆、各々目的地に向かっているはずだけど、少しくらいならという心の緩みが最悪の結果を招くことに。



静かになったストリート。
南部の人間が6人ゲット出来たことに大喜びです。
20190710223043dc5.jpg
北部の者を「ヤンキー」と呼び、歓迎ムードとは無縁な会話をしています。


今宵はバーベキューパーティがあるとのことで、それまで6人は各々の部屋で過ごす事に。


バーベキューの具材が必要ですね。
南部のマッチョマンに言い寄られた北部女。良い雰囲気の途中でいきなりナイフで指を切られる。
20190710223043afa.jpg
「ちょっとアンタ!なにすんのよ!」




と言い終らぬうちにその指をチョンパされるっ!
20190710223043c95.jpg
南部男はヒャッハー!
北部女は絶叫!


これは治療が必要だと連れていかれたのは町長室。
無理やり台に寝かせられ、治療どころか斧を振り上げる町民!

ヒャッハー!
2019071022304337c.jpg




どうやらバーベキューの具材がゲットできたようです。
20190710223043230.jpg
よかったね!


よもやそんな出来事が起きていようとは思わない他メンバー。

教師のトムはその知識を活かして、町民に探りを入れたみたい。
20190710223154628.jpg
ところが町民は祭の事も、主賓の彼らについての意味も話そうとしないらしい。ちょっとおかしくないか?とテリーに言う。

「100年前に何があったか知ってるだろう?」
「たしか南北戦争があった年ね」
「我々北部に負けた南部の者が、果たして歓迎するだろうか」


その夜。
バーベキューパーティが始まりました。北部メンバーもその場にいますが、ただカントリーを聴かされるだけ(笑)
目の前に焼かれるは明らかに腕なのに、北部メンバーも少しは気が付け!


パーティを抜け出したトムとテリーが見た石碑。
20190710223154c39.jpg
ありゃ!
やっぱりこの町では悲惨な出来事があったようです。北部の奴らを歓迎するなんて嘘じゃないか。

主賓なんかじゃない。

生贄じゃねーか!


殺戮その②
201907102231541d2.jpg
ダービースタリオンの始まりだ!ヒャッハー!
四肢をロープで馬に引っ張って貰うぜ!ヒャッハー!




いやいや、コトが終わったシーンを見せられても(;・∀・)
2019071022315407f.jpg




殺戮その③
2019071022315469b.jpg
樽転がしをするぜ!ヒャッハー!
今時こんなのが面白いのかって?中に人が入るんだよ!釘入りでな!





ある程度、予測はついたぜ!ヒャッハー!
2019071022315427d.jpg




こんな楽しい100年祭に参加できるか!トムとテリーは、町民の見張りをかいくぐり、村外まで逃げます。
途中、底なし沼にハマッたりしますけど、追跡した町民が普通にその底なし沼で溺れるのが不思議。
2019071022325445b.jpg
お前、町民だろが。


逃げてる途中で意味のないお色気シーン。
20190710223254f33.jpg
カントリーミュージックも、ここだけカトちゃん風になる(笑)





殺戮その④
20190710223254e93.jpg
どう見ても不安定な場所に巨大岩が置いてある。
だいたいどうやってそこに持ち上げた?愚問だぜ!ヒャッハー!





想像通り。
201907102232545bf.jpg
腹に落ちたはずなのに、額から血が出るっておかしくね?


そんなこんなで殺戮ショーが開催される町に、なぜか舞い戻って来たトムとテリー。


理由は自分たちの車を取り戻すためってキスする時間ある?
2019071022325467e.jpg
緊張感のなさがこの映画の欠点の1つ。
1つどころかいっぱいあるけど割愛だぜ!ヒャッハー!



無事に車をゲットして町から脱出した2人。
北部のイカした車とは違い、南部野郎どもの車は歴史感溢れ壊れないかヒヤヒヤである。
20190710223254452.jpg




警察に駆け込み、プレザント・ヴァレーについて捲し立てても警察は「は?」って顔です。
20190710223331b39.jpg
毎度おなじみ「そんな町はない」っていうオチかと思ったんですけど。




2人を逃がしたプレザント・ヴァレーの町民たちは、100年祭の片付けの真っ最中です。
20190710223331eae.jpg
4人をヤッただけでも満足そうですね。よかったね!




警察と共にプレザント・ヴァレーに向かうと、予想通り町はなかった。
2019071022333192c.jpg
ところがですね、警察は「実は100年前に町があって」と話し出す!さっき警察署では知らんって言うてたくせに!



そんな彼らとそう離れていない場所で南部メンバーが次の祭りに向けての眠りにつこうとしています。
201907102233319b1.jpg
次は200年祭て・・・気が長いね!

ヒャッハー!




★★★★★★★
何が面白いのか。
こっちが聞きたいくらいである。1964年の映画だからね。節度ある発言に努めます、ハイ。
殺戮シーンは間延び、それ以外のシーンも退屈過ぎ。リメイク版を観ていないがそちらの方がイケてるのかな。

↓カントリーミュージックが頭から離れんのよ(笑)


テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

『Empire of the Ants』

覚悟はしたけどユル過ぎる
巨大蟻の帝国
1977年。
私が生まれた年にくだらない映画が発表されたもんだ。パッケージだけはビデオ屋で印象に残ってたから借りてみた。案の定の仕上がりで腰砕け。特撮に秀でた日本の技術力を再確認できるよ。



オープニング。

蟻は凄いんだぜ!という仰々しいナレーションからスタート。
201906230855376a4.jpg
地球を征服するのは人間ではなく、もしかすると蟻かもしれないだって。




これみよがしに、汚染された廃棄物が海に棄てられるシーンがあり、その一部が島へと流れ着いた。
20190623085537aa7.jpg
皆さん、ご想像どおりのストーリーとなります。


想像どおりとしても、魅力的なキャラ、ストーリーであれば文句は言いません。


ところがこの映画の致命的な欠点である、無駄なシーンがてんこ盛り!
2019062308553770e.jpg
例の島は分譲物件として販売されており、多くの客が船に乗り島に向かうのです。
向かうだけならいいのよ。
無駄な描写が多くて早送りしたい気分やったわ!



島で待ってる従業員も「詐欺だよな」と言っている。不動産ってそういうもんだわな。
201906230855374d2.jpg
なにせ、立地条件が悪く広大な森林が手つかずで残ってるらしい。あ、後ろに廃棄物が映ってたりと暗示だけはしっかりとアピール。



ほらね、廃棄物が漏れて蟻がたかっている。廃棄物にたかっても死なない蟻、強すぎやろ。
201906230855372a7.jpg


そしてここから30分は苦行の時間。

乳繰り合うシーンなんてどうでもいい!
20190623085537a6e.jpg

「金がないから買えるかな」
「無料で飲食できるからやって来た」
「ワインは安物やな!」


こんな奴らのしょーもないシーンを延々と見せられる。少しでもストーリーと関わるのなら重い瞼をこじ開ける事もできよう。しかし、結局なにも参考にならんかった!


そんな奴らを凝視するモノが。
20190623085640a22.jpg
土曜ワイド劇場みたいな丸いやつ。ああ、これはきっと昆虫の目を表したかったんやな。

この表現は、ウザイほど最後まで続きます。


登場人物の9割は死んでもおかしくないメンバーだけど、この2人だけは少し趣が違う。きっと主人公的存在でしょう。
20190623085640fce.jpg
オジさん・オバさんペアなのか。リアルでいいかも。




本当に延々なんです、この不動産営業のシーン。
到着後のパーティが終わったと思うと場所を変えて立食パーティ。
20190623085640c66.jpg
パーティシーンは見飽きた!

早く蟻を出してこい!



出た!
20190623085640fac.jpg
見て下さい、このリアルな蟻!蟻の部分だけ画面がおかしいのは内緒だ!
はめ込みを使った古い手法なんですよ。だから本物の蟻を別で撮影してるから微妙に人間との立ち位置にズレがある。




やっと蟻様が登場したことにより、少しは怖くなるかと思ってたんですが。
2019062308564013d.jpg
私を笑わせたいのか!?



ここに来てようやく状況把握できたメンバー。一組の夫婦が行方不明なのに気にせず営業する不動産屋も凄いけどね。
20190623085640033.jpg
死体がゴロッと。けど足しか映らん。



一方、船を停めていた桟橋にも蟻の大群がやって来る。
2019062308575737b.jpg
いやいや、景色を楽しんでる場合か!


オリャ!
20190623085757895.jpg
この戦いで唯一の脱出手段である船が爆破してしまう。蟻が襲ってきてあっという間の出来事でした。前半のパーティ部分を削っていれば、迫力あるシーンも撮れただろうに。


浜辺でメンバーが意気消沈。
助けを呼ぼうにもこの時代は携帯なんぞない。船の無線は爆破でパー。

蟻が嫌がる火を絶やさないでおこう!
その為には薪をいっぱい取ってこよう!
20190623085757535.jpg





土砂降りの雨。
2019062308575730b.jpg
ギャグかと思ったわ。

森を抜けた先に、従業員用のボートがあると知り、皆で森の中を進むことに。


蟻のCGが荒いモンだから、雨でごまかそうとしているのが見え見え。
201906230857573c7.jpg
見えにくいっつーの。





だから見えにくいっつーの(怒)!
201906230857578f8.jpg




雨はあがっているのに画質の悪さは変わらない。
2019062308585883a.jpg
いったい何人死んだかわからん。(♯`∧´)




生き残ったメンバーは無事にボートで川を下ります。
素敵なアイランドとは裏腹に川はジャングルですよ。
20190623085858ea3.jpg
二手に分かれた川で揉めるメンバー。

俺様野郎が「左だ!」と命令するから左に進むと・・・



アカンやん。
しかし画像が二画面みたいになっとるやん。雑な画像処理が明るいと浮き彫りになるわ。
20190623085858ac5.jpg
だから雨シーンが無駄に長かったんだな!悲し過ぎるやろ!

蟻のぬいぐるみと戦うシーンは、大きく画面が揺れてなにしてるかわからんし。

気が付くと死体が浮かぶとか・・・。
20190623085858e0d.jpg
どななってんの。


・・・ちょっと文句が多くで申し訳ないです。反省。

この巨大蟻たちは彼らを全滅させようとは考えてないのです。

逃がさないように誘導してるんだって。気が付かなかった!
20190623085858aea.jpg
今まで多くの犠牲者が出たけど、殺される人には理由があったん?
じゃあ蟻の誘導理由は?っていうのも今時点で不明。



蟻がいない場所を歩いていると民家発見!
やったー!やっと人間に会えたよ!
2019062308585859d.jpg
「助けてくださーい!」




無言。
2019062309004688b.jpg
実は巨大蟻よりも、この老夫婦の方が怖かったていう。
無事に警察と連絡が取れた。



「巨大蟻?信じられんなぁ!」
20190623090046098.jpg
保安官は寝耳に水な顔で驚いている。疲労困憊なメンバーは別に信じなくていいよといった感じ。




まずはホテルで休憩しなと連れて行かれた。
20190623090046096.jpg
そこで例の老夫婦に「製糖工場には行くな」と言われたメンバーがいた。いきなりの展開やな。製糖工場はホテルに行く途中で見かけたぞ?

一刻も早くこの町から脱出しようにも、レンタカーは借りれないし。


だからって車を盗む??
20190623090046b64.jpg
とっととこの町からおさらばだ!




なんでこ~なるの!
2019062309004609b.jpg
よく水に落っこちるメンバーである。撮影中、キャストが風邪をひいてる可能性大。




先ほどの保安官に連れられた場所は製糖工場だった。
この保安官、怪しいと思ってたけどね。
20190623090046b84.jpg
工場内に連れて行って何をするつもり!?



製糖工場に巨大蟻が入って来た!
20190623090144420.jpg
やはり蟻だから甘いモノに釣られるのか?いや、これは明らかに人間側が誘導してるぜ。蟻のために砂糖を生成してるんだ。




促されて着いた工場内には、町民が山ほどいる。皆の目はうつろ。
20190623090144e49.jpg
その先に待っていたのは・・・




女王蟻だ!
20190623090144168.jpg
女王蟻の前に、町民が行列をなしている。
どういう事やねん。




保安官は胸を張って言います。
「女王蟻のフェロモンを与えられた我々は、蟻のために働くのだ」
20190623090144b2c.jpg


は?



1ヶ月に1回はこのようにフェロモンを嗅ぎに集められるんだって。
20190623090144443.jpg
あ、老夫婦だ!

「お前たちも、蟻のために働くのだ」



やなこったい!
20190623090144553.jpg
発煙筒が女王蟻に引火した!
燃える女王蟻!



製糖工場内の蟻がご乱心だ!
女王蟻の危機で、パニックです!
201906230902272fc.jpg
さあ、逃げ出すなら今がチャンスだ!



さらば、巨大蟻たち!
20190623090227463.jpg


★★★★★★★
どうです。
頑張ってレビューしたけど、結果悪口になってしまったという(汗)
ちゃちい所はカメラをブンブン振り回し、しっかりと撮影した本物の蟻も、はめ込んだら違和感満載でおかしい。
画質に問題があり過ぎて、シュルル~と気持ちが萎えてしまいました。古い映画の悪いとこ、全部出ちゃったパターンですね。
これよりも前に公開された『ジョーズ』の方が100000倍怖くて面白いので、そっちを観るべし!




テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

『Seoul Station 2016』

韓国の闇を見た
ソウルステーションパンデミック
『新感染 ファイナルエクスプレス』の前日譚にあたるアニメです。
監督が同じということもあり、伝えたい主旨は一貫している。弱者をとことんいたぶる韓国の負の部分をネチッこく描いている。差別が根強い韓国において、パンデミックが発生すると、生存率がグッと下がるね。




ソウル駅。
201906060011149d3.jpg
若者たちが現在の社会制度について議論している。そこに通りかかった老人。見るからに体調が悪そう。

若者が声を掛けようと近づくとヒドイ体臭!


どうやらホームレスのようです。
20190606001114bba.jpg
ホームレスでなければ助けていた

これが韓国の現状です。


ホームレスの老人には弟がいました。首から血を流し苦しむ兄をどうすることもできない。弟もホームレスだからです。
201906060011145a1.jpg
住む家がない彼らが棲家にしているソウル駅は、弱者が身を寄せ合う最後の砦。

まるで汚いモノを見るかのように彼らを避ける市民。
序盤はこのホームレス兄弟の不幸をとことん描いています。監督が意図している部分の1つですね。


一方。
本作の主人公、ヘスン。恋人と安宿屋に寝泊まりしている19歳。
2019060600111418b.jpg
宿泊代も払えず、主人にしこたま罵られる。ヘスンは謝り続けます。若い彼女がどうしてこんな場所に身を寄せているのか。




ネットカフェで恋人のキウンを見つけます。宿泊代も払えないくせに、自分はネットカフェに入り浸る。
20190606001114961.jpg
そこで見たモノ・・・



あー、売春斡旋のサイトだ!
20190606001114b77.jpg
キウンはヘスンに客を取らせようとしていたのです。なんちゅう恋人やねん!

「もう体は売らないって言ったでしょ!」

家出したヘスンは風俗店で働くものの、借金だけ膨れて逃げ出した身。そんな境遇を救ってくれたのがキウンだったのです。しかし現代っ子のキウンも、現在の韓国でまっとうな職に就けることもなく、結局は恋人に売春行為をさせる。

先ほどのホームレスと言い、韓国の闇は非常に深い・・・。



キウンが投稿したサイトを見た男。ヘスンのあられもない姿に動揺する。
20190606001218a90.jpg
「これは・・・」
男は急いでキウンに連絡を取ります。


一方、ホームレス兄弟の状況は悪くなるばかり。兄をアスファルトの上で寝かせているわけにもいかず、ボランティアに赴いたり、ソウル駅で助けを求めるも全くダメ。
2019060600121811d.jpg
彼がホームレスだから?なんと不幸なことでしょうか。かれだって立派な市民なのに。
上記の駅構内、少しだけ高松駅に似てるwww



駅員に泣きついて、ようやく現場に来てもらったものの。
20190606001218997.jpg
兄の姿がない!血だまりだけが残されている。普通、血だまりを見れば事件性を疑うでしょうが、ホームレスというだけでしこたま叱られる。かわいそう。しかし兄はどこに行ってしまったのでしょうか。




「客」からの連絡を受けたキウンですが、肝心のヘスンと喧嘩別れしているので困りました。着拒されてるし。

なんとか客に取り繕い、その場を丸めようとしたのですが・・・
20190606001218879.jpg
「ヘスンはどこにいる!?」と詰め寄られる。
「あいつは・・・俺の娘だ!

キウン絶句です・・・。
娘を売春させてたのがバレてしまった。先ほどの男は父親だったんですね。ネットで娘の悲しい姿を見て激高、さらにキウンの行為でもひとつ激高!

「ヘスンは部屋に戻っているはずです」
キウンはなんとかなだめて、父親を安宿屋へと案内することに。マズイことになった~。


ホームレスの弟はソウル駅構内で兄を捜し続けます。そこは自分たちと同じ境遇の者ばかり。その中に兄の姿はありません。

路地に差し掛かった時、見覚えのある姿が!
「兄さん!!」
2019060600121800d.jpg
アレ、腕をかじってるぞΣ(´Д`*)
振り返る兄。その目は真っ赤に血走り、歯を剥き出し襲って来る!どうなってるんだ!?

実は、かなりそばでヘスンが歩いていました。キウンと喧嘩して戻れるに戻れなくなってたんですね。キウンの着信も拒否ってるし、行く場所もなく。その近くで惨状が起きたのです。


そんなことを知らないキウンたちは、安宿屋に到着します。ヘスンの姿はない。当たり前だ。
「彼女、行くところがないから絶対に戻ってきますよ」と簡単に答えたがために、父親のさらなる激高を受ける(笑)
20190606001218a35.jpg
マジでヘスンが帰って来なかったら足をへし折ってやる!
冗談とは思えない迫力です。娘を思う父の気持ちはそれだけ熱いということだ。


「うわっ!!」

隣人が血だらけで廊下に飛び出てきた。「なんだ?」という目で見ていると
201906060013160e9.jpg
女主人が隣人を襲っている!!
何事ですかとキウンも廊下に出て驚く!今朝まで普通だった女主人が狂ったように襲ってきた!

なんとか撃退したものの、2人は部屋に閉じ込められた。
こんな状態ではヘスンも戻ってこれない。まずはこの部屋から脱出しなければならない。


ソウル駅でウロウロしていたヘスンは、大勢のホームレスが逃げ惑う姿を見ます。パンデミック発動の瞬間ですね。
20190606001316384.jpg
ホームレスたちに促されるまま、逃げるヘスン。



ホームレスたちとヘスンが向かった先は交番です。
ところがホームレスというだけで無下に追い返そうとする。警察っていつもこうだよね。見た目だけで判断してはいけないのよ!
おかげでゾンビたちが交番になだれ込み、ヘスンたちが牢屋の中で籠城する始末。
20190606001316ab0.jpg
助けを呼ぼうとスマホを探すと、牢屋の外に落ちていた(笑)
どこまでも運がないヘスンの人生。家出して自分の人生を変えようとしたのに。どこまでいっても転落の道しかないの?



ヘスンを捜すため、父はキウンを連れて脱出です。
まずは嫌がるキウンを囮に使い、車で逃げる作戦だ。これってゾンビ映画で常套手段として飽きられるくらい実行されてるよな。
20190606001316bd9.jpg
足は速いが知能は低いので、作戦は功を奏します。




彼らがゾンビ映画を観ていたなら簡単な作戦でしょうね。私もその時が来たら試してみます。(棒読み)
2019060600131675d.jpg
車でゾンビを轢くシーンもあるあるだよな。
この街並みを見ていると、『AKIRA』の世界に近いんですよね。私がAKIRAや攻殻機動隊が好きなのは、街の雰囲気が好きなんだなって思う。NEOって言葉、ムチャ好きやし。
実際のソウルってこんなん?1回しか渡航してないので忘れました。




ヘスンは相変わらず牢屋に閉じ込められたまま。しかも噛まれた警官と共にいるから、こいつがゾンビ化するのも時間の問題。ホームレスたちもなんとか携帯している銃を奪おうと必死!
20190606001316867.jpg
「近寄るんじゃねぇ!ホームレスの分際が!」
こんな狭いとこで発砲しやがるキレた警官!ヘスンなんて靴を履いてないだけでホームレス扱いされた。途中で脱げただけなのにね。最低な警官である。

やっと応援隊がやって来て、ゾンビを追い払ってくれた。助かった!
最年長のホームレス爺さんと共に、ヘスンは逃げ出します。警官は信用できないからね。


ここに来てようやくヘスンとキウンは連絡が取れました!
20190606001413ef5.jpg
お互いの声を聞いてたら緊張感から解放されてウルッとする。やっぱり私たちは一緒じゃないと駄目だって。キウンから「君のお父さんと行動を共にしてるんだ!」と伝えられると、ヘスンの目から涙がこぼれます。
家を飛び出した時、父は病に伏せていた。そんな父を見捨てて都会にやって来たのに、父は私を捜してくれている。親子ってやっぱり絆で結ばれてる。



合流地点で落ち合う手筈だったんですが・・・
201906060014137b1.jpg
ホームレス爺さんは独断で、予定とは違う場所にヘスンを連れて行く。またすれ違い!
途中、出会ったプッツンおばさんは面白かった。緊迫した場面で登場する意味不明なキャラ。混乱した世界、彼女のような精神に異常をきたす人間は多いでしょう。


ヘスンに指示された場所は病院。
しかし、ヘスンの姿はいない。いるのは医者や患者のゾンビだけ。
20190606001413115.jpg
ヘスンに連絡を取ってみるも、電波が通じない。



そりゃそうだ、地下鉄歩いてるモン・・・
201906060014138ae.jpg
ゾンビを避け、確実に逃亡できる経路と言えば地下鉄のトンネルくらいでしょう。
ホームレスの爺さんと黙々と歩いていると、ヘスンはつい話しかけてしまうんです。自分の状況をポツポツとね。

「家が嫌で飛び出したのに、出会ったのは悪い人たちばかりだった」
「・・・」
「あんなに嫌だった家に帰りたいんです」
「・・・」
「お父さんに会いたい!」
「・・・俺だって家に帰りたい!!」

爺さんが大声で泣き出した(笑)
2人でワンワン泣く。緊張の糸が切れたように。こんなに苦しく怖い思いをしているのに、政府はなにをしているのだろうか。


政府は動いていました。
今は警察のみですが、凄い人数です。
20190606001413833.jpg
高台からその姿を見ていたキウンたち。と、電話が鳴る。やっと地下鉄から出てきたヘスンからだ。
ヘスンたちがいる場所は、ちょうど機動隊がいる場所ですね。重警備だけど大丈夫かな。




ヘスンと爺さんがゾンビに追いかけられながら辿り着いたバリケード。
そこには生き残った人たちがいました。その場から逃げる事も出来ず隔離されているのです。
201906060014136c5.jpg
そうか、キウンたちが上から見ていた場所がここなのね。
感染の疑いがあるので留まることしかできない。背後からはバリケードを越えて今にもゾンビが襲ってくるというのに。これでは袋小路ではないか。



目の前にヘスンがいるのに、警察の強固な態勢でまったく入れない。
へなちょこだったキウンは、それでも人間か!と警官に楯突くのですよ。格好良くなったじゃないか。
201906060015060aa.jpg
市民を助けるのが警察じゃないのか!父もキウンも必死です。愛する娘のため、恋人のため。

すると上官らしき人間が呟く。
「もう、ここからは我々の関知ではない」



そうです。
政府は軍を出動させたのでした。

必死でバリケードを死守していたメンバーも続々と死んでいく。
20190606001506f4d.jpg
ゾンビに食われるくらいなら・・・




爺さん、軍に射殺される。
2019060600150646b.jpg
ヘスンの足元で爺さんは最期の言葉を残します。
「家さえあれば・・・駅になんて住まなかったんだ」

徴兵制度のある韓国。
爺さんだって、昔は国のために戦ってきた。それが今では家がないというだけで、世間からひどい仕打ちを受けている。国は彼らを守る事も感謝の念もない。


ゾンビが襲ってきた!!
ヘスンはゾンビと軍の挟み撃ちを避ける為、ロープを使って逃げる。途中、誘導してくれた人に助けられながらですが。
20190606001506d8a.jpg
その彼、ヘスンを助けたあとに落ちてしまいました。合掌。

次々と襲ってくるゾンビ。

なんとか辿り着いた住宅展示場に逃げ込むヘスン。
キウンに一報を入れ、疲れのために眠ってしまいます。




「ヘスン・・・」
201906060015063c2.jpg
やっと2人は再会できました。
長かった。何故だろう、現状は解決してないのに2人は山を越えたくらいの達成感満ちている。

「君の父さんも来ているよ」
「お父さん、体調はどう?」
「うん、そりゃ元気いっぱいだよ」(確かに)


「ヘスン!心配したぞ!本当に良かった!」
20190606001506020.jpg
やっと3人、めでたく出会えたね。いやー、ヨカッタ×2!!
あとは脱出するだけだよ、うんっ!


ヘスンの顔色が冴えない。
ズズッと後ずさりする。


「お父さんじゃない」
20190606001552144.jpg
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


「ヘスン、やっと会えた。さあ帰ろう」

父親じゃない?(;´д`)マテマテ

「ごめんなさい!逃げ出してごめんなさい!」
「金を踏み倒して逃げようったってそうはいかん。このアバズレが!」

父親って名乗ってたこの男、実は風俗の元締めだった!!!


「アンタ!父親って言ったじゃないか!」
20190606001552395.jpg
一緒に行動し、信じ切っていたのに・・・。首を掻き切られ絶命するキウン。

気が狂ったように泣き叫ぶヘスン。
愛する人が死んだ今、もう抵抗する力も残っていない。


「お前が金を盗んで店を出た後、実家のオヤジに取り立てに行ったよ。『1週間だけ待ってくれ」と言うから律儀に守った俺は、1週間後に見たのはもぬけの殻の家よ。お前もオヤジもクソ人間だ」
2019060600155209d.jpg
涙が止まらないヘスン。

ふとヘスンの様子がおかしいことに気付く。心臓が止まっている!

「ヘスン!死ぬな!」

返事がない。

「死ぬなら金を返してからにしろ!
↑最低発言


ロープ渡りをした際、足に引っ掻き傷を負っていたんです。
2019060600155237e.jpg

絶叫が部屋にこだまする。



ソウルは朝を迎えました。
201906060015522d4.jpg
そして『あの』高速鉄道が動き出すのです。


★★★★★★★
絵のタッチがイマイチなうえ、ストーリーも重いので観ていて疲れる。
しかし、さすが韓国。手抜きのない闇の描き方はさすがだと思います。ゾンビ発生源は本作でもわからないままですが、次作「新感染~」では少しだけ触れていますね。
「新感染~」ではクスッとさせるシーンもあったのに、こちらは徹底して弱者がいたぶられるだけの悲しいお話。
救われない、本当にドヨ~ンとさせられる作品でした。

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

『Selfie from Hell』

地雷映画だ!皆、観るなよ!
セルフィーフロムヘル
スマホやパソコンが媒体のホラー映画は山ほどあります。
それらを介して怖いことが起きる今さら感が満載なうえ、本作は短編youtubeが元ネタって、手抜き感あり過ぎ。
↓元ネタyoutube 2分間のショートムービーです。


元ネタ再生回数2400万回という餌に釣られて本作を観賞した人は本当に気の毒である。


オープニング。
あら、この女性って上記の動画の女性やん。
2019052723463065a.jpg
なになに?
自撮りしたら死ぬ?
いきなになにを言うのよん。



うわっ!
20190527234630b94.jpg
急に顔が変わった!が、少しも怖くない。自撮りが危険を呼ぶってさ。ふーん。
この目のシワがヤバイ女性はジュリア。



従姉のハンナに会いにいく。ストーリーはこのハンナを軸にして進んでいきます。
20190527234630899.jpg
ジュリアは恋人と共にハンナと会う予定でしたが、彼が体調を崩し1人でやって来た。ハンナは疑うこともなく再会を喜びます。

久々の再会なので写真を撮ろう!ってカメラを向けた瞬間、ジュリアが異常なまでに拒否る。
逆にハンナが「ごめんなさい」と謝ります。
youtuberのジュリアがカメラを向けらて嫌がるなんて。そういえば先ほどからジュリアの様子がおかしい。怯えているようだ。


ジュリアはしきりにスマホをいじっている。
スマホの画面にヒビが入っているな。検索画面には『ブラックルームドットオニオン』と出ている。
201905272346300ac.jpg
「聞いたことないURLね、なんのサイト?」
「ねえ、この辺りの地理には詳しい?」

ハンナの問い掛けには答えない。なんじゃこいつ。

妙な雰囲気のままハンナ宅に着くと、ジュリアは2階にあがる。
スマホの待ち受け画面である彼氏を見て涙する。その涙が横に流れていく。えっ!てなりますよね。

スマホで自撮りすると・・・
20190527234630f5a.jpg
後ろに誰かおる!

振り返ると誰もいない。
自撮りすると距離を詰めてくる人影に、ジュリアは恐怖で叫ぶ。録画モードに切り替えた途端、黒影に襲われる。



ハンナが慌てて2階にあがった時には、ジュリアの意識はありませんでした。
201905272346303b7.jpg
診察した医者は「感染症でしょう。このまま薬を投与して様子を見て下さい」とだけ言い残し、去って行きます。感染症?どういうことよ。ハンナは納得して自宅療養させることに。



自宅で仕事中のハンナ。自分のスマホが鳴る。
お、ジュリアからのラインだ。
20190527234732a8e.jpg
3mp13h

なに、この文字。
ハンナはジュリアの意識が戻ったと勘違いして2階に駆け上がる。ところが相変わらず意識がない。あれ?スマホでラインしてきたよね?

先にネタバレすると「3mp13h」は逆から読むと「helpme!」となる。

ためしにジュリアのスマホに掛けてみた。マナーモードの音がする。机の下からだ。
201905272347325ca.jpg
拾い上げるとやはり画面のヒビが目立つ。こんな状態でジュリアはスマホを使ってるのか?先ほどのメッセージは誰が送って来たのよ。


嫌な予感がするので、昨日ジュリアが見ていたサイトを検索してみる。が、ヒットせず。
20190527234732b57.jpg
ダウンロードアプリを使用しても接続できず、途方に暮れます。



その夜、寝ていたハンナにメッセージが届く。またジュリアからだ。
急いで部屋に向かうとジュリアの体が異常に冷たい。これは大変!
20190527234732a25.jpg
普通なら病院に搬送ですが、ハンナは様子を見る。何故??
意識もなく体が冷たいって、命にかかわる状態じゃんか。ハンナ、布団を優しく掛けるだけ。ほんまに心配しとんかいな。




翌朝、ネット友人のトレヴァーに相談してみる。「それは用心がした方がいいよ」と警告される。
201905272347326d7.jpg
超常現象とまではいかない、非常に微妙なラインのことが起きるので「気のせい」かもしれんが。



ハンナはジュリアがyoutuberであったことを思い出し、最近の動画を閲覧してみました。ジュリアは相当やばいネタを追っていたようです。『セルフィー・フロム・ヘル』と名付けられてる。あ、これが冒頭の動画部分か。
20190527234732bab.jpg
「来週も動画アップするから楽しみにしてね!」

が、PART2がない。
ハンナはPART2を検索してみる。

すると「ジュリア・ラング 謎の死」という項目がズラーッと出てきた。
20190527234827a4e.jpg
ご丁寧にもジュリアの白目写真がアップしてある。なんと悪趣味な。ジュリアは死んでいないし(意識ないけど)、誰がこんな情報を流しているのか。



少し考えてハンナはジュリアのPCを調べてみます。アップしていない動画ファイルがあるかもしれないから。なるほどね。
201905272348270fe.jpg
唐突に出てきたジュリアの死体画像!全身血だらけ!
ネットで誤報が流れるのは日常茶飯事だけど、自分のPCに自分の死体画像を保存するか?



ベッドのジュリアに触れてみる。相変わらず体は冷たいけど・・・
20190527234827395.jpg
ぬわっ!血がベットリ!!
けど、これは幻覚でした。
ハンナ、少し頭が混乱してきます。現実とネット内の区別がつかなくなってきている。



勇気を出してトレヴァー宅に行ったハンナ。実際に会うのは初めて。
20190527234827cd5.jpg
自分の手に負えない気がして、ネットユーザーの先輩である彼の知識を借りたいんだな。しかし、開口一番、トレヴァーは「マジでヤバイぞ」と釘を刺す。


ジュリアはダークネットに足を踏み入れたようです。
もともとダークですから検索エンジンに引っ掛からいなのは当たり前。怪しいチャットルームのURLを教えてもらい「個人情報を一切公開するな」と念押しされました。

ダークネットに関わる全てを知りたい。それによってジュリアが助かる糸口が見出せればいいのだけど。


ダークネットのチャットルームは文字通りダーク。
201905272348276ef.jpg
冷やかし、素人お断りで、低俗な質問には一切答えてくれず、強制退室させられる。
長時間、様々なチャットルームを渡り歩いたハンナ。心が折れかけた時、一通のメッセージが届く。

「ジュリアはどうした?」


こいつはジュリアの事を知っている!畳みかけて質問してみると、「このチャットルームは危ないから、個人メールアドレスを教えて」と言われる。

トレヴァーが危惧していたことだ。
迷っている時間は意外と短く、ハンナはアッサリ教え、URL付きの返事が来た。

開けてみると・・・
201905272348273df.jpg
連続した苦悶の表情をした男の写真。
あっという間の出来事でした。一気に写真を見せられたのです。放心状態のハンナ。


そしてPC画面にヒビが入る!
2019052723492510a.jpg
「ハハ、笑える!」
相手からの挑発に怒ったハンナ。騙された!こいつはダークネットについて知らない、私をからかっただけだ!と憤慨する。

個人アドレスから情報漏洩は普通ですよね。
ハンナのスマホが鳴る。アドレスを教えた相手からだ。男のようです。

「13枚の写真を見たろ?どうだ?」
「何言ってんのよ!」
「ジュリアもさ、それを見たんだぜ」

ジュリアと男はチャット内でやり取りをしていた。そしてハンナと同様に13枚の写真を見せられた。だからどうしたというの?男は続けます。
20190527234925979.jpg
「写真を見たら、近いうちに死ぬ」

事実、ジュリアの彼氏は既に死亡しているようです(ジュリアはこの事実を知らないまま意識不明になった)


ジュリアが唐突に起き上がる!!
20190527234925a72.jpg
ところで、この女優さんの目のシワ、凄いんですわ!目元ケア頑張ろうって思うよ。



トレヴァーには「チャットルームで何があったんだ」と言われる。そりゃそうだよね。
20190527234925536.jpg
ネット世界に少し精通しているので、ジュリアが踏み込んだブラックルームについて説明します。拷問・レイプ・児童虐待などを閲覧のみのレッドルームと、それらに参加できるブラックルームの2種類があると。

ジュリアはブラックルームに入ったようですね。

トレヴァーは、ジュリアのPCでアップされていない動画を探し出します。泣いて話し出すジュリアが映っていました。
入ってしまったら戻れない。彼氏と共にそこで出会った「FEAR EATER」(恐怖食い)によってひどい目に遭った。
20190527234925d82.jpg
「13枚の写真を見せられて・・・」

!!!
ハンナの顔が曇ります。私、13枚の写真、見たよな(汗)

「今からFEAR EATERに会いに行く」という言葉を残し、動画は終わりました。

ここでようやくジュリアを病院に搬送したのですが、多臓器不全で朝まで持たないと言われます。遅いわ!ま、医療で解決できる問題ではないけどさ。ハンナはショックを隠せません。トレヴァーに当たり散らす。
20190527234925f5c.jpg
当たり散らされたトレヴァーと言えば、いきなりのカミングアウト。
「実はネット以外で君に会っていた」と。トレヴァーの会社に昔、ハンナが面接に来てたんだって。一目惚れらしい。
だから何?今、ここで告白?とにかく1人にしてよ!ってハンナは家に閉じこもる。

ハンナはすべて自分で解決しようとするんですよ。トレヴァーにも嘘をつくし、混乱してるとはいえ、冷静さが足りない。


それゆえに、自宅にFEAR EATERが来た。個人アドレスから住所の追跡は朝飯前でしょう。スタンガンで気絶させられたハンナ。
201905272350248c1.jpg
FEAR EATERが来る前に見た↑ですが、これはジュリアが恐れていた奴と同じです。とうとうハンナも見えるようになってきたのだ。



気が付いたハンナは吊るされていた。
目の前にはFEAR EATERがいる。
20190527235024d15.jpg
相当ヤバい奴。こいつ、生まれつき恐怖を感じない体質らしく、人を介してでないと恐怖がわからないそうです。面倒くせぇな!ネット上に興味本位でやって来るバカ(ジュリアとかね)をフィッシングしてはこういう事をしてるらしい。



ハンナに13枚の写真撮影を行う模様。そうすることで、セルフィーマンなるものを呼び出すようです。
20190527235024488.jpg
呼び出すとどうなるかって?
セルフィーマンの拷問が始まるって。それは対象者が死ぬまで続けられ、数時間から数日と決まってないみたい。嬉々と話すFEAR EATER。痛みと恐怖に恐れおののく被害者を見るのが大好物らしい。

まさしく変態。


ここで現れたのがトレヴァーでした。ハンナのスマホで追跡してたんだ。助かったよ!都合がいいけど。FEAR EATERを気絶させ、一刻も早くセルフィーマンの正体を探さなくては。
20190527235024c58.jpg
トレヴァーが真剣に取り組むのには理由がある。ハンナを愛しているのもそうですが、それ以上に自分も13枚の写真を見たからだそうです。つまり、ハンナと2人、命の危険が迫っている。



ハンナを追跡したように、セルフィーマンの所在地がGPSで判明するという、ちょっとおかしな展開ではありますが、山奥の施設に発信が認められた。
201905272350244d4.jpg
お互いに時間がないので別行動することに。



ハンナが見つけたビデオカメラと写真。なんだ、これ。
20190527235024b74.jpg
再生すると、エドワード医師がカウンセリングと称して、ある男とインタビューしている。どうやら場所はハンナたちがいるこの施設内らしい。



エドワード医師が問いかける相手、セルフィーマンの顔が判別できない。
20190527235112bee.jpg
今まで反応を示さなかったセルフィーマンが何かに反応する。エドワード医師は喜びます。と、カメラが大きく揺れエドワード医師が絶命する。室内にいた関係者も皆、死亡したようです。

は?
どういうこと?


ハンナとトレヴァーが、施設内を探索していると、突如死体が落っこちてきた!!
201905272351125ee.jpg
「セルフィーマンだわ」

なんでわかる?


ハンナがカメラを向けると・・・
20190527235112931.jpg
なんじゃこいつ!

瞬く間に襲われ気絶したハンナ。
トレヴァーが必死で叩き起こし、命の危険を脱したようです。この辺りから、意味が分からないんですよ。セルフィーマンの死体とは関係のない宇宙人みたいなのが出てきたから。


「自撮してみる・・・」
2019052723511281e.jpg
自分たちが助かったかを確認するためだな。セルフィーマンとツーショットで撮ってみた。

異常なし。


よかった・・・

・・ってセルフィーマンに襲われた2人!
2019052723511223c.jpg
何よ、この展開は!!





目が覚めたハンナ。
横にはジュリアが眠っている。とても気持ちの良い場所。日差しが眩しくて心地よい。
2019052723511246c.jpg
遠くでトレヴァーの姿が見える。
手を振り、やって来たトレヴァーと改めて見つめ合い、初めてのキス。。。

幸せを取り戻したんだ・・・


そんなわけないよね。
20190527235137ce3.jpg


★★★★★★★
観賞時間を返してくれ!
こんな面白くないホラー、久々に観たわ!そんな映画に頭をひねりながらレビューした自分を褒めてあげたいくらいよ。なにせ、何一つ解決していないという、放置プレイなストーリー。
まずはブラックルームのこと。FEAR EATERのこと。セルフィーマンのこと。
表面をサラッと説明されただけで理解できると思うのか?特に一番大事なセルフィーマンが1ミリもわからんままよ。
ハンナ・トレヴァー・ジュリアたちが仲良く揃って拷問死する事実だけが最後にわかってなんになるというのか。

この記事を書くの、相当疲れた。
思い出すことも出来ないくらい、薄っぺらい。




テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

智副教官

Author:智副教官
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR